コンスタンチン・ロスチスラヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コンスタンチン・ロスチスラヴィチ
Константин Ростиславич

配偶者 エヴドキヤ・アレクサンドロヴナ
家名 リューリク家
父親 キエフ大公ロスチスラフ3世
テンプレートを表示

コンスタンチン・ロスチスラヴィチロシア語: Константин Ростиславич)は、スモレンスク公ロスチスラフの子である。スモレンスク公国分領公

概略[編集]

1262年、アレクサンドル・ネフスキーの子ドミトリーと共に、リヴォニア騎士団領への遠征を行い、共にタルトゥを占領した。1268年にはラクヴェレの戦い(ru)に参加した。

妻はアレクサンドル・ネフスキーの娘エヴドキヤ。子に関する情報は残されていないが、コンスタンチンはロシアの貴族の家系であるドミトリエフ家(ドミトリエフ・マモノフ家(ru)の女系の祖)の祖となった。

参考文献[編集]