コンスタンツァ襲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コンスタンツァ襲撃
戦争第二次世界大戦黒海の戦い
年月日1941年6月26日
場所ルーマニア王国コンスタンツァ
結果:枢軸国の勝利
交戦勢力
ルーマニア王国の旗 ルーマニア王国
ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
ソビエト連邦 ソビエト連邦
指導者・指揮官
ルーマニア王国の旗 ホリア・マチェラリュ英語版 ソビエト連邦 フィリップ・オクチャーブリスキー
戦力
駆逐艦2隻
機雷敷設艦1隻
水雷艇2隻
対空砲1門
沿岸砲1門
巡洋艦1隻
駆逐艦6隻
戦闘機の数は不明
損害
港口施設の損傷 巡洋艦1隻損傷
駆逐艦1隻沈没、1隻損傷
戦闘機9隻破壊
戦死268以上
捕虜69

コンスタンツァ襲撃(コンスタンツァしゅうげき、英語: Raid on Constanța)は1941年6月26日に行われた、ソビエト連邦黒海艦隊によるルーマニア王国コンスタンツァへの襲撃。第二次世界大戦黒海の戦いにおける唯一の大規模な海戦となった。

背景[編集]

1940年11月にルーマニアが日独伊三国同盟に加入した後、ドイツはルーマニアの時代遅れの沿岸警備を強化するための沿岸砲5門の建造に同意した[1]。この沿岸砲5門にはコンスタンツァの南にある「ティルピッツ」も含まれており、ティルピッツは第一次世界大戦時期の28 cm SK L/45英語版を3門配備したほか、それぞれ75 mmと20 mmの対空砲2門も配備した。ティルピッツは1941年4月に完成、同月に試験運転も終わると、ルーマニアにおける枢軸国の軍勢と同じく名目上ではルーマニアの管理下に置かれたが、実際はドイツ海軍の人員700人による運用だった[2]

1941年6月16日から19日まで、バルバロッサ作戦への準備として、ルーマニアの機雷敷設艦アミラル・ムルヂェスク、レジェーレ・カロル1世(Regele Carol I)、アウローラ(Aurora)3隻はコンスタンツァを守るためにミディア岬とツズラ英語版の間に機雷を1千枚配置した[3]

1941年6月22日、ルーマニアはバルバロッサ作戦の一環としてベッサラビアにあるソビエトの空軍基地に攻撃、地面に留まっている多くのソビエト機を破壊した。ソビエト連邦は報復としてコンスタンツァを空襲したが、ホリャ・アガリチ英語版ルーマニア空軍に撃退された。初期の空襲が失敗したことで、フィリップ・オクチャーブリスキーは海空からコンスタンツァを攻撃することと、海上からドナウ川三角州を攻撃することを計画した[4]

襲撃[編集]

ルーマニアの嚮導駆逐艦マラシュティ

ソビエト連邦の嚮導駆逐艦レニングラード級駆逐艦のモスクワとハリコフ巡洋艦ヴォロシーロフ英語版[3][5][6][7][8]ストロジェヴォイ級駆逐艦ソオブラジーテリヌイとスムィシュリョーヌイ[9]とほかの駆逐艦2隻の支援を受けた。また、攻撃が成功した場合の追撃に戦艦パリジスカヤ・コンムナが海岸から100マイル離れたところで待機しており、ソビエト連邦のまだ残存している爆撃機も攻撃に加わった[4]

1941年6月26日未明、ヴォロシーロフ以下ソビエト軍はコンスタンツァに接近して砲撃を行い、燃料タンクや倉庫を炎上させて[4]港口施設を損傷させた[3][5][6][7][8]。ルーマニアの潜水艦デルフィヌル英語版がソビエト軍が標的であるコンスタンツァに到着する前にヴォロシーロフに気づいたため[4]ルーマニアの守備軍である駆逐艦レジーナ・マリーア、嚮導駆逐艦マラシュティ、機雷敷設艦アミラル・ムルヂェスク、沿岸砲ティルピッツ英語版[3][5][6][7][8]はすぐに反撃に移ってソビエト艦への砲撃を開始した。午前3時58分からの10分間、モスクワとハリコフはその130mm砲から少なくとも砲弾350枚を発射した。ルーマニアの艦艇2隻は4時12分に14マイルの距離から120mm砲で砲撃を行い、20分にハリコフに当たった。ティルピッツ砲台も22分に砲撃を開始した。モスクワはルーマニアの艦艇からの砲撃で損傷、120mm砲の砲弾でメインマストを破られた。一方のハリコフもティルピッツからの砲撃でさらに損傷を受けた[10][11][12]。不意を突かれたソビエト軍は撤退を開始したが、ルーマニアの設置した機雷原に入ってしまい、モスクワは撤退中に沈没、うち268人が死亡、69人がルーマニア軍の捕虜になった[13]。多くの文献では沈没が機雷によるものだったとしたが[14][15][16][17]、レジーナ・マリーアとティルピッツの砲撃[18]、またはソビエト連邦のSC型潜水艦Shch-206の水雷攻撃による同士討ちの可能性も挙げられた[19]。ヴォロシーロフはソオブラジーテリヌイのパラベーン英語版が触発した機雷により損傷した[20]。ルーマニアの水雷艇ヴィフォルルとヴィジェリアもハリコフを攻撃しようとしたが、ほかのソビエト艦に撃退された[21]。ソビエト軍は戦闘中に爆撃機ツポレフ SB9隻を失い[4][5][6][7][8][21]、うち2隻はアミラル・ムルヂェスク、1隻はマラシュティに撃墜されたものだった[21]。残りの6隻はルーマニアの対空砲である102mmアンサルド砲に撃墜された[22]

その後[編集]

コンスタンツァ襲撃の失敗、およびそれに伴う黒海艦隊の損害により、ソビエト連邦のフィリップ・オクチャーブリスキーは軍艦の利用にさらに慎重になり[23]、ソビエト海軍とルーマニア海軍が次に戦闘を行うのはオデッサの戦いの最中の8月18日のことだった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jürgen Rohwer, Chronology of the War at Sea, 1939–1945: The Naval History of World War Two. Naval Institute Press, Annapolis, 2005, p. 83.
  2. ^ Robert Kirchubel, Howard Gerrard, Operation Barbarossa 1941: Army Group South, p. 41.
  3. ^ a b c d Antony Preston, Warship 2001-2002, pp. 70–71.
  4. ^ a b c d e Jonathan Trigg, Death on the Don: The Destruction of Germany's Allies on the Eastern Front. The History Press, 2013, pp. 81–82, ISBN 9780750951890.
  5. ^ a b c d Robert Forczyk, Where the Iron Crosses Grow: The Crimea 1941–44. Bloomsbury Publishing, 2014, p. 39, ISBN 9781782009764.
  6. ^ a b c d David T. Zabecki, World War II in Europe: An Encyclopedia, p. 1468.
  7. ^ a b c d Richard L. DiNardo, Germany and the Axis Powers from Coalition to Collapse, p. 109.
  8. ^ a b c d John Jordan, Stephen Dent, Warship 2008, p. 112.
  9. ^ John Jordan, Stephen Dent, Warship 2009. Anova Books, London, p. 92, ISBN 9781844860890.
  10. ^ Nicolae Koslinski, Raymond Stănescu, Marina română in al doilea război mondial: 1941-1942.(ルーマニア語)
  11. ^ Antony Preston, Warship 2001-2002, p. 71.
  12. ^ Lawrence Paterson, Steel and Ice: The U-boat Battle in the Arctic and Black Sea 1941-45.
  13. ^ Robert Forczyk, Where the Iron Crosses Grow: The Crimea 1941–44.
  14. ^ Robert Forczyk, Where the Iron Crosses Grow: The Crimea 1941–44, p. 39.
  15. ^ David T. Zabecki, World War II in Europe: An Encyclopedia, p. 1468.
  16. ^ Richard L. DiNardo, Germany and the Axis Powers from Coalition to Collapse, p. 109.
  17. ^ John Jordan, Stephen Dent, Warship 2008, p. 112.
  18. ^ Feri Predescu (2015年6月26日). “26 iunie 1941- Primul atac al Flotei Sovietice, respins de Forţele Navale Române. Viceamiralul Petre Zamfir, participant la scufundarea distrugătorului „Moskva”” [June 26th 1941 – The First Attack of the Soviet Navy, repelled by the Romanian Navy. Rear Admiral Peter Zamfir, Participant in the Sinking of the Destroyer "Moskva"] (ルーマニア語). Evz.ro. 2016年7月11日閲覧。
  19. ^ Лидер "Москва"” [Leader "Moskva"] (ロシア語). Sevastopol Fleet Information Resource. 2016年7月11日閲覧。
  20. ^ Jürgen Rohwer, Chronology of the War at Sea, 1939–1945: The Naval History of World War Two, Third Revised Edition. Naval Institute Press, Annapolis, 2005, pp. 82–83, 101, ISBN 1-59114-119-2.
  21. ^ a b c Nicolae Koslinski, Raymond Stănescu, Marina română in al doilea război mondial: 1941-1942.(ルーマニア語)
  22. ^ Adrian Storea, Gheorghe Băjenaru, Artileria română în date și imagini (Romanian artillery in data and pictures), p. 110.(ルーマニア語)
  23. ^ Robert Forczyk, Where the Iron Crosses Grow: The Crimea 1941–44