コンスタンティン・ガルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コンスタンティン・ガルカ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Constantin Gâlcă
基本情報
国籍  ルーマニア
生年月日 (1972-03-08) 1972年3月8日(45歳)
出身地 ブカレスト
身長 175cm
体重 74kg
選手情報
ポジション DF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1989 ルーマニアの旗 FC Progresul Bucureşti
1989–1991 ルーマニアの旗 FCアルジェシュ・ピテシュティ 35 (2)
1991–1996 ルーマニアの旗 FCステアウア・ブカレスト 148 (24)
1996–1997 スペインの旗 RCDマジョルカ 34 (13)
1997–2001 スペインの旗 RCDエスパニョール 123 (16)
2001-2003 スペインの旗 ビジャレアルCF 38 (1)
2003 スペインの旗 レアル・サラゴサ (loan) 24 (0)
2003-2006 スペインの旗 UDアルメリア 98 (4)
通算 500 (60)
代表歴
1993-2005 ルーマニアの旗 ルーマニア [1] 68 (4)
監督歴
2009-2010 スペインの旗 UDアルメリア B
2013-2014 ルーマニアの旗 ルーマニア U-17
2014-2015 ルーマニアの旗 FCステアウア・ブカレスト
2015-2016 スペインの旗 RCDエスパニョール
2016- サウジアラビアの旗 アル・タアーウンFC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

コンスタンティン・ガルカConstantin Gâlcă1972年3月8日 - )は、ルーマニアブカレスト出身の元ルーマニア代表サッカー選手。サッカー指導者。ポジションはDFMF。守備的MFが本職だが、中盤ならどこでもこなす。高精度のミドルシュートで知られる。

経歴[編集]

クラブ

FCアルジェシュ・ピテシュティでプロ生活をスタートさせた彼は18歳でU-21ルーマニア代表に選ばれ、1991年にはルーマニアのステアウア・ブカレストに移籍した。ステアウアでは148試合24得点の成績を残し、1996年にはスペインへと飛び立った。RCDマジョルカでは13得点を挙げ、1997年にはRCDエスパニョールに移籍した。ビジャレアルCFレアル・サラゴサを渡り歩いた後、2007年に引退した。

代表

1993年、W杯アメリカ大会予選でルーマニア代表に初選出され、イスラエル戦でデビューした。W杯本大会では3試合に出場し、彼の評判を高めた。1998年W杯フランス大会ではイングランドと同居したグループを首位通過したが、決勝トーナメント1回戦で、3位に入ったクロアチアに敗れた。2000年の欧州選手権ではドイツポルトガル・イングランドなど強豪が揃うグループを抜ける快挙を果たすが、準々決勝でイタリアに敗れた。

指導者

2009年よりUDアルメリアBの監督を務めている。

エピソード[編集]

タイトル[編集]

FCステアウア・ブカレスト
エスパニョール

出典[編集]