コンスタンティン・チェルネンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
コンスタンティン・チェルネンコ
Константин Черненко
Konstantín Chernenko - Tapa Diario Clarín.jpg
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Coat of arms of the Soviet Union 1.svg 第6代最高指導者
任期
1984年2月13日 – 1985年3月10日
前任者ユーリ・アンドロポフ
後任者ミハイル・ゴルバチョフ
КПСС.svg ソビエト連邦共産党
中央委員会書記長
任期
1984年2月13日 – 1985年3月10日
中央委員会第二書記ミハイル・ゴルバチョフ
前任者ユーリ・アンドロポフ
後任者ミハイル・ゴルバチョフ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Coat of arms of the Soviet Union 1.svg 第9代最高会議幹部会議長
任期
1984年4月11日 – 1985年3月10日
第一副議長ヴァシリー・クズネツォフ
前任者ヴァシリー・クズネツォフ(代行)
後任者ヴァシリー・クズネツォフ(代行)
КПСС.svg ソビエト連邦共産党
中央委員会第二書記
任期
1982年1月25日 – 1982年5月24日(代理)
中央委員会書記長レオニード・ブレジネフ
前任者ミハイル・スースロフ
後任者ユーリ・アンドロポフ
任期
1982年11月10日 – 1984年2月9日
中央委員会書記長ユーリ・アンドロポフ
前任者ユーリ・アンドロポフ
後任者ミハイル・ゴルバチョフ
КПСС.svg ソビエト連邦共産党
中央委員会総務部長
任期
1965年8月30日 – 1982年11月12日
中央委第一書記→書記長レオニード・ブレジネフ
前任者ウラジーミル・マリン
後任者クラウディオス・ボゴリューボフ
КПСС.svg ソビエト連邦共産党
第25-26期書記局員
任期
1976年3月5日 – 1985年3月10日
КПСС.svg ソビエト連邦共産党
第25-26期政治局員
任期
1978年11月27日 – 1985年3月10日
КПСС.svg ソビエト連邦共産党
第25期政治局員候補
任期
1977年10月3日 – 1978年11月27日
個人情報
生誕 (1911-09-24) 1911年9月24日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 ボリシャヤ・テシ村
死没1985年3月10日(1985-03-10)(73歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 モスクワ
墓地ロシアの旗 ロシア連邦 モスクワ クレムリン共同埋葬地
政党КПСС.svg ソビエト連邦共産党
配偶者アンナ・チェルネンコ
子供アルベルト・チェルネンコ
ベラ・チェルネンコ
エレナ・チェルネンコ
ウラジーミル・チェルネンコ
出身校キシニョフ教育大学
署名
兵役経験
所属組織ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
部門Red Army flag.svg 赤軍
軍歴1930年1933年
指揮国境警備隊

コンスタンティン・ウスチーノヴィチ・チェルネンコロシア語: Константи́н Усти́нович Черне́нкоラテン文字表記の例Konstantin Ustinovich Chernenko1911年9月24日[注釈 1] - 1985年3月10日)は、ソビエト連邦の政治家。ソビエト連邦共産党中央委員会書記長最高会議幹部会議長として、1年と約1ヶ月余りに渡って同国の最高指導者であった。チェルネンコの時代はその死によって短命な時代であった。これにより、ブレジネフアンドロポフと続く老人支配の時代の幕引き役を演じ、若いゴルバチョフに政権を委ねることになった。

生い立ちから権力の掌握まで[編集]

生い立ち[編集]

1911年9月24日にロシア帝国シベリアクラスノヤルスクのノヴォショーロヴォ地区ボリシャヤ・テシ村にて誕生する。チェルネンコは貧農の出身であり[1]、父親は鉱山で働き、母親は農作業に従事していた。チェルネンコ自身は、幼少時には富農(クラーク)に雇われて働いた。1929年コムソモールに入り、同年、ノヴォショーロヴォ地区宣伝・煽動部長となる。翌1930年に軍に志願し、ソ連中華民国の間の国境警備隊に配属される。

共産党[編集]

1931年ソビエト連邦共産党に入党し、軍を除隊した後はクラスノヤルスク地方党宣伝部副部長となる。第二次世界大戦中はクラスノヤルスク地方党書記を務めた。モルダビア(現在のモルドバ)のキシニョフ教育大学を卒業し、第二次世界大戦終結後の1945年ペンザ州党委員会書記を経て、1948年にモルダビア共和国共産党中央委員会宣伝扇動部長となる。この時のモルダビア共産党第一書記が、後に最高指導者になるレオニード・ブレジネフであった。

1956年にブレジネフの知遇を得たチェルネンコは、ソ連共産党宣伝部大衆煽動活動課長に登用される。以後ブレジネフの側近として昇進を続け、1960年にブレジネフが憲法上の国家元首ポストである最高会議幹部会議長に就任すると同時に、彼の首席補佐官に就任した。1964年フルシチョフが失脚し、ブレジネフが第一書記(後に書記長)に就任すると、翌1965年にチェルネンコは「書記長官房」の異名を取るソ連共産党中央委員会総務部長に指名された。その中で、政治局の議題の設定や、中央委員会が策定した多数の法案と決議案を準備するという任務や、さまざまな党幹部の電話を盗聴し、行動を監視するという任務を司った。また、毎日何百もの党文書に署名する仕事が与えられ、総務部長就任以来20年間に渡って、書記長に就任してなおも総務部から提出された文書に署名し続けた。また、中央委員会に投書部を設け、下僚の意見を積極的に吸い上げようとした。

1971年、中央委員会委員に昇進。1976年3月、中央委員会書記に抜擢された。さらに、1977年政治局員候補に、1978年11月には政治局員へと昇進した。

ブレジネフ政権末期の頃には、党のイデオロギー担当の仕事に従事した。外国訪問の際にはソ連代表を率いた他、重要な会議にはブレジネフに同伴して出席した。1977年には憲法改正委員会の委員として新憲法の制定に尽力した。

1979年にテヘランのアメリカ大使館が作成したドキュメント

アンドロポフとの権力闘争[編集]

1982年1月にブレジネフ政権を支え続けた実力者のミハイル・スースロフが死去すると、一時的に中央委員会第二書記の職務を代行し、実質的なソ連ナンバー2となった。同年11月10日にブレジネフが死去すると、後継をめぐる権力闘争が本格化した。一部にはチェルネンコが後継書記長に選出されるとの観測があったが、党内で十分な支持を得ることができず、政敵であり共に後継候補の1人と見られていた、改革派のユーリ・アンドロポフに軍配が上がった。自らの不利を悟ったチェルネンコは、集団指導制の必要性を強調し、第二書記としての処遇を受けることと引き換えにアンドロポフの後継選出支持に回ったとの説もある。その後の党中央委員会臨時総会でアンドロポフは慣習に則り全会一致で書記長に選出された。権力闘争に敗れたチェルネンコには失脚の危機もあったと考えられるが(現に1983年5月1日赤の広場で行われたメーデーのパレードに姿を表さなかった際にはNHKが「チェルネンコ氏失脚-次はチーホノフ氏か」と報道している[2])、アンドロポフの健康状態の悪化と長年の総務部長勤めで築いた党官僚人脈を背景に勢力を維持した。アンドロポフが公の席から姿を消して以降は、党・国家の重要行事を主宰し、名実ともにナンバー2としての地位を固めた。

最高指導者として[編集]

書記長に就任[編集]

1984年2月9日にアンドロポフが死去すると葬儀委員長に就任し、急激な変化を嫌う既成勢力を背景とするチェルネンコが2月13日の党中央委員会臨時総会において書記長に選出された。同年4月からは、国家元首である最高会議幹部会議長を兼務することになった。しかし就任当初から健康状態がすぐれず、赤の広場で執り行われたアンドロポフの国葬の中では、レーニン廟上の講壇で追悼演説を行う際に階段の登り降りをすることもままならず、新設されたエスカレーターを介し、2人のボディガードの助けを借りて登降した。また、ソ連国歌が演奏され、アンドロポフの遺体が埋葬される際にも、他の政治局員が居並んで敬礼する中、チェルネンコは満足に敬礼することもできず、途中で手を下ろしてしまう場面が見受けられた。同葬儀に参列したイギリス社民党党首で医師でもあったデイヴィッド・オーウェンは、「チェルネンコ氏は肺気腫を患っていると思われる」との見解を示した。皮肉にも1年後のチェルネンコの死によって、オーウェンの「診断」の正しさが証明される格好になった。

上記の病状に加え、アンドロポフによるゴルバチョフ後継指名があったにもかかわらずチェルネンコが書記長に選出された背景には、保守派のニコライ・チーホノフ首相と「クレムリンキングメーカー」として影響力を保持していたドミトリー・ウスチノフ国防相の力添えがあった。

こうした最高指導者の就任当初からの病状も相まって1984年10月には退陣説も浮上したが、あくまでも本人は健在ぶりをアピールした。

チェルネンコの政治[編集]

内政・党運営[編集]

チェルネンコは就任後、ブレジネフ時代後期の政策への回帰を表明した。しかし彼は同時に、技術・専門教育を重視する教育改革やプロパガンダの改革に着手したほか、アンドロポフ政権で導入された企業の自主性拡大の実験も対象を拡大させて継続した[3]。更にチェルネンコが自らの政策として努力した形跡が窺われるのは、イデオロギー政策であり、規律強化・愛国心高揚・ブルジョア文化の排撃等のキャンペーンが展開され、また次の第27回党大会を目ざして、党綱領及び党規約の改正にも自らのイニシアティブを発揮した。

人事面では、アンドロポフが後継指名していたゴルバチョフを党ナンバー2たる第二書記に任命するなど、改革派への配慮も見せた。ゴルバチョフはチェルネンコの下でイデオロギー、農業、党組織及び経済計画の広範かつ重要な分野を管掌した。加えて、重要人事を断行する力はないと思われていたが、1984年9月6日にソ連軍の制服組トップで、党に対し批判がましい言動を繰り返していた参謀総長ソ連邦元帥ニコライ・オガルコフを電撃的に解任し、オガルコフの後任の参謀総長にセルゲイ・アフロメーエフを任命し世界を驚かせた。ただしオガルコフの解任については、チェルネンコの夏期休暇明け翌日の政治局会議で尚且つグリゴリー・ロマノフの海外出張中に決定されたという状況から、ミハイル・ゴルバチョフなどの非チェルネンコ派によるチェルネンコ人脈の切り崩しだという見方も存在する。

このほか、アンドロポフ政権による綱紀粛正路線の継承を明らかにするため、汚職の廉で内相・党中央委員から解任されていたニコライ・シチョーロコフの軍階級剥奪に踏み切った[4]

外交政策[編集]

チェルネンコ政権はデタントの再構築という課題を引き継いだ。この課題に対し、ソ連は初め軍備管理問題について強硬な姿勢をとることによりアメリカ合衆国及び西ヨーロッパなどの自由民主主義国に圧力をかけ、米欧分断や西側各国の政府と世論の分断を生じさせることを通じ、アメリカの譲歩を求めていくとの方針をとった。しかし、この戦術は奏功しないことが1984年夏には明らかになった。そのこともあり、同年9月にアンドレイ・グロムイコ外相がアメリカを訪問した後、ソ連は「対話」路線に転換することとなった。そして、1984年晩秋には軍備管理協議を1985年初頭に再開することで合意した。

中国[編集]

中国に対しては、チェルネンコ時代においても、1982年3月のブレジネフ・タシケント演説に端を発する関係改善路線を踏襲し、1984年3月と10月に外務次官級の政治協議が実施された。延期されていたアルヒポフ第一副首相の訪中が同年12月に実現したことや、貿易協定の締結交渉が開始されたこと、1985年3月の中国全人代代表団のソ連訪問に見られたごとく、貿易と人的交流は引き続き拡大傾向にあった。

北朝鮮[編集]

北朝鮮との間では、1984年6月に金日成主席のソ連訪問が23年振りに実現した。更にカーピッツァ外務次官が11月に北朝鮮を訪問し、ソ連と北朝鮮との間の国境条約に調印するなど、両国関係に一定の進展が見られた。

中東[編集]

中東については、基本的にはアラブ首脳会議のフェズ提案と大差の無い国際会議方式による中東和平提案を打ち出した。また、エジプトとの大使交換の再開、クウェートヨルダンに対する軍事援助などにより、所謂いわゆる穏健派アラブ諸国への接近に意を用いた。

中南米[編集]

中南米では、1984年10月にキューバにおいて初のコメコン総会を開催し、また同国との間で新しい経済協力協定を結ぶなど関係強化に努めた。

アフリカ[編集]

アフリカ諸国との関係は一般に低調であり、エチオピアとの友好協力関係の強化に力を注ぎ、党レベルにおいても交流を深めるなどの努力が目立つ程度であった。

ロサンゼルス五輪への不参加[編集]

1984年5月8日にチェルネンコの下でロサンゼルスオリンピックへの不参加が決定された。これは1980年モスクワオリンピックへの西側諸国の不参加を受けてのものである。このボイコットにはキューバなど14の東側諸国も加わった。同年夏、ボイコット国は独自の「フレンドシップ・ゲームズ(友情ゲーム)」を開催した。

「只今よりアメリカ軍及び日本軍と交戦状態に入る」[編集]

1984年、「只今より極東地域でアメリカ軍及び日本軍と交戦状態に入る」という電文を極東ソ連軍からモスクワに向けて発信させた。これは日米両政府を大いに慌てさせた。だが、しばらくして極東ソ連軍は動員体制に入っていないことが確認された。

日米両政府はこれを当初「誤報か演習だったと見られる」と判断したが、のちにゴルバチョフのグラスノスチによって、ロナルド・レーガン大統領による「我々は5分後に爆撃を開始する」というジョーク・アナウンスに対する“報復”だったことが判明した。

晩年[編集]

当時在モスクワ日本大使館政務専門調査員だった秋野豊によると、書記長就任直後からチェルネンコが何を話すかより、1分間に何回呼吸をしているのかによって健康状態を知ろうとしていたという。また、病院へ入院しているチェルネンコの病室をあたかも執務室に見せかけ、テレビや新聞などで報道された。この時、背広を着たチェルネンコの体を支える随行員の手が写真などに写っていた[1]

1985年2月、チェルネンコは重体であると報じられたが、その数日後にはテレビ演説を行い、亡くなる2週間前にも公の場に姿を現していた。[5]

同年3月10日19時20分、チェルネンコは息を引き取った。医師団によると、チェルネンコは長年患っていた肺気腫の悪化による心肺機能不全による心拍動の停止が死因と発表された。

服喪期間の後、3月13日13時から赤の広場で国葬が執り行われ、後継者となったミハイル・ゴルバチョフが葬儀委員長を務めた。ソ連国歌の演奏の中、チェルネンコの遺体がレーニン廟裏の革命元勲墓のセミョーン・ブジョーンヌイの隣に埋葬される際には、5分間の弔砲の一斉射撃がモスクワや各ソビエト連邦構成共和国の首都などの都市で鳴り響いた。その間、ソ連全土の企業や組織は活動を停止した。葬儀には日本の中曽根康弘首相や安倍晋太郎外務大臣も参列した。

赤の広場・革命元勲墓にあるチェルネンコの墓

チェルネンコの死を以って「壮大な葬儀の時代」(ブレジネフ時代の政治局幹部の大多数が亡くなった1980年からの5年間をロシアではこのように表現する)は終わりを告げた。

就任から1年余りの死であり、国民には不人気な書記長であったが、一家の家長としてはかけがえのない人物であった。妻のアンナは葬儀の際、溢れ出る涙を流しながら亡夫にキスをし続けたという。

ソ連時代の秘密主義によって、前任のアンドロポフ同様妻帯している事実が葬儀の席上で初めて対外的に判明した[6]

なお、2021年現在、チェルネンコが赤の広場の元勲墓に埋葬された最後の人物である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ユリウス暦では9月11日となる。

出典[編集]

  1. ^ Jessup, John E. (1998). An Encyclopedic Dictionary of Conflict and Conflict Resolution, 1945-1996. Westport, CT: Greenwood Press. p. 121. https://www.questia.com/read/106899354/an-encyclopedic-dictionary-of-conflict-and-conflict  (Paid subscription required要購読契約)
  2. ^ ニュースセンター9時 | 番組表検索結果詳細 | NHKクロニクル https://www2.nhk.or.jp/archives/chronicle/pg/page010-01-01.cgi?recId=0001000000000000@0000000000000000000000-5B19-5D00000000000000000000
  3. ^ 木村明生「クレムリン 権力のドラマ」朝日選書、1985年、p374-375
  4. ^ 木村明生「クレムリン 権力のドラマ」朝日選書、1985年、p395-396
  5. ^ NHKニュースワイド ニュース・天気予報・スポーツ・海外情報 | 番組表検索結果詳細 | NHKクロニクル https://www2.nhk.or.jp/archives/chronicle/pg/page010-01-01.cgi?recId=0001000000000000@0000000000000000000000-5A-324B00000000000000000000
  6. ^ 木村汎, 皆川修吾, 西村可明 ほか 共著 「ソビエト研究 ソ連を知りたい人のために」教育社 1985年11月15日、p.6

関連項目[編集]

先代:
ユーリ・アンドロポフ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦最高指導者
第6代:1984年2月13日 – 1985年3月10日
次代:
ミハイル・ゴルバチョフ
先代:
ユーリ・アンドロポフ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦最高会議幹部会議長
第9代:1984年4月11日 – 1985年3月10日
次代:
アンドレイ・グロムイコ
先代:
ユーリ・アンドロポフ
КПСС.svg ソビエト連邦共産党書記長
1984年2月13日 – 1985年3月10日
次代:
ミハイル・ゴルバチョフ
先代:
ユーリ・アンドロポフ
КПСС.svg ソビエト連邦共産党第二書記
1982年11月10日 – 1984年2月9日
次代:
ミハイル・ゴルバチョフ
先代:
ミハイル・スースロフ
КПСС.svg ソビエト連邦共産党第二書記(代理)
1982年1月25日 – 1982年5月24日
次代:
ユーリ・アンドロポフ