コンスタンティン・フォン・エティングスハウゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

コンスタンティン・フォン・エティングスハウゼン(Constantin Freiherr von Ettingshausen、1826年6月16日 - 1897年2月1日)はオーストリアの植物学者、古植物学者である。

略歴[編集]

ウィーンで生まれた。父親は数学者、物理学者のアンドレアス・フォン・エッティングハウゼン(Andreas von Ettingshausen)である。ウィーン大学で医学を学んだ。1871年にグラーツ大学の植物学の教授になり、1881年に学長となった。

アロイス・アウアーが発明した自然物を鉛や軟質材料に押し付けて型をとって、精細な表現を行う"Naturselbstdruck"(ネーチャープリント)の技法を使った図版をつけた多くの著作を行った。

息子のアルベルト・フォン・エティングスハウゼン(Albert von Ettingshausen)は物理学者になり、ヴァルター・ネルンストとともにエッティングスハウゼン-ネルンスト効果を発見した。

著書の図版[編集]

著作[編集]

  • "Physiotypia plantarum austriacarum" (with Alois Pokorny), 1856 –.
  • Physiographie der Medicinal Pflanzen (1862).
  • Die Farnkruter der Jetztwelt zur Untersuchung and Bestimmung der in den Formationen der Erdrinde eingeschiossenen Uberreste von vorweltlichen Arten dieser Ordnung nach dem Flächen-Skelet bearbeitet (1865).
  • "A Monograph of the British Eocene Flora" (with John Starkie Gardner), vol. 1. Filices, 1879-82. -- vol. 2. Gymnospermæ, by J. Gardner. 1883-86.
  • "Contributions to the Tertiary flora of Australia" (translated by Arvid Neilson, 1888).
  • "Contributions to the knowledge of the fossil flora of New Zealand" (translated by C. Juhl, 1890).[5]


参考文献[編集]

  • Constantin von Wurzbach: Ettingshausen, Constantin Ritter von. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. 4. Theil. Verlag der typogr.-literar.-artist. Anstalt (L. C. Zamarski, C. Dittmarsch & Comp.), Wien 1858, S. 111 f.
  • Karl von Zittel: Ettingshausen, Constantin Freiherr von. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 48, Duncker & Humblot, Leipzig 1904, S. 435 f.
  • Ettingshausen Constantin Frh. von. In: Österreichisches Biographisches Lexikon 1815–1950 (ÖBL). Band 1, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 1957, S. 272.