コンタクト (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コンタクト
作曲 多数
作詞 多数
脚本 ジョン・ウェイドマン
上演 1999年 オフ・ブロードウェイ
2000年 ブロードウェイ
2002年 ウェスト・エンド
2003年 全米ツアー
受賞 トニー賞ミュージカル作品賞
テンプレートを表示

コンタクト』は、スーザン・ストローマン演出・振り付け、脚本ジョン・ワイドマンによる「ダンス・プレイ」ミュージカルバレエに分類する人もある)である。

1999年のワークショップでショーの一部が制作された後、9月にリンカーン・センター内のミッチー・E・ニューハウス劇場で開幕、次いで2000年3月30日には同センター内のヴィヴィアン・ボーモント劇場に移動してブロードウェイ進出を果たし、1,010回の公演を果たした。

『コンタクト』は非常に好評を得て[1]、2000年のトニー賞ミュージカル作品賞を受賞した(他は下を参照)。

しかし『コンタクト』はアメリカの演劇世界に、ミュージカルを構成する要素とは何かという論争を巻き起こした。 『コンタクト』では、オリジナルの音楽の代わりに既成の音楽と歌を使い、俳優は歌わず、最小限のセリフしか言わないからである。 論争の結果トニー賞に、劇場イベント賞という新たなカテゴリが作られた[2]

2001年3月6日、オリジナル・キャストによるアルバムが発売された。 オリジナルの楽譜がまったくないショーのキャスト・アルバムという考え方自体が、異論の多い所であった。 PBSは2002年9月1日、リンカーン・センターからのライブ放送として、ショーの千秋楽を放送した。 『コンタクト』は全国公演へと移った。

ウェスト・エンド公演が2002年10月にクィーンズ劇場で開演、2003年5月10日に閉幕した[3]

構成、音楽、物語[編集]

『コンタクト』は最初、ストローマンの夫マイク・オクレントの部下が制作、調査、台本を担当していた。 オクレントは短期間ワーナー・ブラザース社と取引があった。 当時ニューヨークで流行中のスウィング・リバイバルに基づき、ミュージカル映画を撮る予定であった。 ワーナー・ブラザースは、『コンタクト』の企画と、オクレントの部下が考えた『嘆きのテレーズ』のミュージカル映画を撮る企画とについて検討した。 のちに『嘆きのテレーズ』案もまたストローマンにより、『ザウ・シャルト・ノット』として実現された。 オクレントの映画の契約が解消されたのち、そのアイディアはストローマンに引き継がれた。

『コンタクト』は3つの独立したダンス・シーンで構成され、それぞれチャイコフスキーステファン・グラッペリ、スクイーレル・ナット・ジッパーズ、ロイヤル・クラウン・リビュー、ビーチ・ボーイズなど既成の音楽が使われている。

  • Part 1 - Swinging
観客が入場、着席すると、舞台には、フラゴナールの『ぶらんこ』の絵がイーゼルに架けられている。Part 1はこの絵をモチーフにしており、舞台は18世紀フランスの森の空き地という設定である。Swingingの筋立てはセックスと秘密の身元とが関連した享楽的なもので、召使とその主人の両方が、互いに若い女性の愛情を得ようとするのである。事件のほとんどは、揺れるぶらんこの上で起こる。
  • Part 2 - Did You Move?
Part 2の舞台は、1950年代のニューヨークの、とあるイタリアン・レストラン。三流どころのギャングとその妻の、虚しい結婚生活に焦点があてられる。暴力的な言葉を吐く夫から逃れる夢想にふける場面で、妻はところ狭しと踊りまわる。この時の音楽は、チャイコフスキーグリーグの既成のオーケストラ曲である。
  • Part 3 - Contact
Part 3の舞台は現代である。マンハッタンのアパートメントに住む男性の、充実したキャリアと、他人と「コンタクト」が取れない私生活の虚しさを取り上げている[1]。アクロバティックなロックンロールのスウィングダンスが話題になった。

それぞれの物語で中心人物たちは、他者とつながりを持ちたいという願いを表現している[2]

受賞歴[編集]

ミュージカル作品賞と振付賞の受賞に加え、『コンタクト』の中心的俳優カレン・ジエンバ(Part2)とボイド・ゲインズ(Part3)がそれぞれミュージカル助演女優賞、助演男優賞を獲得した。 『コンタクト』はまたドラマ・デスク・ミュージカル賞(Drama Desk Award for Outstanding Musical)、助演女優賞(Drama Desk Award for Outstanding Featured Actress in a Musical)、振付賞(Drama Desk Award for Outstanding Choreography)、照明賞(Drama Desk Award for Outstanding Lighting Design)も受賞した。

Part3で「黄色いドレスの女」役ですばらしいダンスを披露したデボラ・イェイツもカレン・ジエンバ同様、その年のトニー賞ミュージカル助演女優賞にノミネートされた。

キャスティング[編集]

音楽[編集]

日本における公演[編集]

日本では、2002年から劇団四季が上演を行っていた。 Part1の内容について、ブロードウェイの観客からは何度も笑い声が起こったが、国民性の違いか日本ではあまり反応がなかったようである。

脚注[編集]