コンテンポラリー・R&B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コンテンポラリーR&B
様式的起源 リズム・アンド・ブルースポップソウルヒップホップエレクトロニック
文化的起源 1980年代初頭(アメリカ)
使用楽器 キーボードシンセサイザードラムマシンヴォーカル
サブジャンル
クワイエット・ストーム
融合ジャンル
ニュージャックスウィングヒップホップ・ソウルネオ・ソウル2ステップグライム、クランク&B、スナップ

コンテンポラリー・R&B(単にR&Bとしても知られている、: Contemporary R&B)は、リズム・アンド・ブルースポップソウルファンクヒップホップの要素を組み合わせた音楽ジャンルである。

略称“R&B”は、伝統的なリズム・アンド・ブルースに由来するが、現代ではコンテンポラリー・R&Bを指す事が多い。マイケル・ジャクソンスティービー・ワンダー[1]ホイットニー・ヒューストン[1][2]マライア・キャリーらによって普及した。

その成り立ちから、音楽的特徴は多岐に渡るが、2000年代以降のメインストリームは、ヒップホップと同じようなビートのループを用い、シンガーは比較的自由な即興的な旋律を歌う。ソウルや伝統的な黒人音楽と同じように、サビにあたるコーラスは通常コーラス隊が担当し、メインシンガーはソロを担当する。その音楽的親和性から、ラッパーとの共演や1人二役こなすものも多い。EDMの興盛以降はダンスミュージックの要素を取り入れたものや、最新のトレンドを取り込み、21世紀以降現在、主流の商業的音楽となっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b R&B(2010年7月3日時点のアーカイブ) Kustom Beats
  2. ^ Whitney Houston Syndrome Sound Tracks: A Musical ABC