コント55号 人類の大弱点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
コント55号 人類の大弱点
監督 福田純
脚本 江古武郎
平戸延介
製作 寺本忠弘、安達円三朗
出演者 萩本欽一
坂上二郎
音楽 小野崎孝輔
撮影 宇野晋作
編集 大橋富美子
配給 東宝
公開 日本の旗 1969年8月13日
製作国 日本
言語 日本語
配給収入 1億6000万円[1]
前作 コント55号 世紀の大弱点
次作 コント55号 俺は忍者の孫の孫
テンプレートを表示

コント55号 人類の大弱点』(コント55ごう じんるいのだいじゃくてん)は、1969年8月13日に公開された、東宝の喜劇映画。同時上映作品は『日本海大海戦』。

解説など[編集]

競輪で全財産をスッってしまった大垂欽一(萩本欽一)が、持ち前の口八丁で詐欺師に転身。最初にカモった刑事(坂上二郎)から執拗に追われることになる。何度改心しても結局は詐欺師の道に逆戻りしてしまうが、それでも憎めないキャラクターなのは欽ちゃんならでは。ギャグとアクションてんこもりの喜劇映画の決定版!

コント55号 世紀の大弱点』に続く、東宝版コント55号映画の第2作で、1964年公開の『天才詐欺師物語 狸の花道』(後に『天才詐欺師物語 たぬきの中の狸』と改題)をリメイクした作品。『狸の休日』の監督である山本嘉次郎が、平戸延介名義で脚本の一部を手掛けている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)260頁