コンパクト化 (物理学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

物理学では、コンパクト化(compactification)は、時空の次元の観点より理論を変更することを意味する。無限次元であるような次元も含む次元に替わりに、有限の次元を持つような理論に変更して、周期的な理論することを言う。

時間をコンパクト化する熱場の量子論では、コンパクト化が重要な部分を担い、理論の余剰次元をコンパクト化し、2次元もしくは 1次元の固体物理学では、3次元の普通の空間次元の極限である系を考える。

コンパクト化される次元の大きさが 0 となる極限で、この余剰次元に依存する場は存在せず、理論は次元簡約英語版(Dimensional reduction)される。

空間 上でコンパクト化することができ、カルツァ=クラインの分解により、M 上の有効場の理論を得る。

フラックスコンパクト化[編集]

フラックスコンパクト化(flux compactification)は、弦理論で要求される追加された次元を扱う特別な方法である。フラックスコンパクト化では、内部多様体の形は、0 ではない値を持つフラックスを持つカラビ・ヤウ多様体一般カラビ・ヤウ多様体である。フラックスとは、電磁場の概念を一般化した微分形式を参照)である(p-形式電磁気学)。

弦理論の人間原理のランドスケープ(anthropic landscape)[1]は、非常に大きな数の可能性から帰結する。その中でフラックスを特徴付ける整数は弦理論のルールを破ることなしに選択される。フラックスコンパクト化はF-理論英語版(F-theory)の真空、あるいは、D-ブレーンがあるときないときのタイプIIB超弦理論の真空として記述することができる。

弦理論におけるコンパクト化[編集]

弦理論では、コンパクト化はカルツァ=クライン理論の一般化である。この理論は、4次元として観測される時限に基づく我々の宇宙の概念と、10、11、あるいは 26 という宇宙が作られている次元は理論的な式から導出された次元とのギャップを埋め合わせようとする理論である。このために、この理論では、余剰次元は、自分自身に「巻きついたり」、カラビ・ヤウ空間軌道体英語版(orbifold)に巻きついたりしていることを前提とする。コンパクト化される方法が指し示しているフラックス(flux)のモデルは、フラックスコンパクト化として知られている。弦の分裂と結合を確率を決定する弦理論結合定数は、ディラトンと呼ばれるにより記述することができる。このことは、余剰次元(11次元目)のサイズはコンパクトであるとして記述することを意味する。このようにして、10次元のタイプIIA超弦理論は、11次元のM-理論のコンパクト化として記述できる。さらに弦理論の様々なバージョンは、T-双対として知られる過程を通して、異なるコンパクト化により関連付いている。

この脈絡でのコンパクト化の意味のさらに詳細な定式化は、ミステリアスな双対性のような発見により、推進されている。

脚注[編集]

  1. ^ この部分は英文の原文は、anthropic landscape であり、これがstring theory landscapeにリンクされています。弦理論のランドスケープがすべて、人間原理anthropic から見通せるとする主張のみが弦理論のランドスケープではない。anthoropic か entorpic がというような議論が、このリンクが単独の記事として作成された2005年当時にあった。ここでは、人間原理のランドスケープと訳す。

参照項目[編集]

参考文献[編集]

  • Chapter 16 of Michael Green, John H. Schwarz and Edward Witten (1987) Superstring theory. Cambridge University Press. Vol. 2: Loop amplitudes, anomalies and phenomenology. ISBN 0-521-35753-5.
  • Brian R. Greene, "String Theory on Calabi–Yau Manifolds". arXiv:hep-th/9702155.
  • Mariana Graña, "Flux compactifications in string theory: A comprehensive review", Physics Reports 423, 91–158 (2006). arXiv:hep-th/0509003.
  • Michael R. Douglas and Shamit Kachru "Flux compactification", Rev. Mod. Phys. 79, 733 (2007). arXiv:hep-th/0610102.
  • Ralph Blumenhagen, Boris Körs, Dieter Lüst, Stephan Stieberger, "Four-dimensional string compactifications with D-branes, orientifolds and fluxes", Physics Reports 445, 1–193 (2007). arXiv:hep-th/0610327.