コンパクト符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

コンパクト符号(コンパクトふごう)とは、一意に復号可能な符号のうち、同じ符号アルファベットを用いる他の任意の符号よりも、平均符号長が大きくない符号のこと。ハフマン符号が知られている。

関連項目[編集]