コンラート・ファイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コンラート・ファイト
Conrad Veidt
コンラート・ファイト Conrad Veidt
本名 Hans Walter Konrad Veidt
生年月日 (1893-01-22) 1893年1月22日
没年月日 (1943-04-03) 1943年4月3日(50歳没)
出生地 ベルリン
死没地 カリフォルニア州ハリウッド
国籍 ドイツの旗 ドイツ

コンラート・ファイト (Conrad Veidt、本名Hans Walter Konrad Veidt1893年1月22日 - 1943年4月3日) はドイツ出身の俳優。主な出演作は、『カリガリ博士』(1919)、『バグダッドの盗賊』(1940)、『カサブランカ』(1942)。また、『笑う男』(1928)で演じたグウィンプレイン役が『バットマン』のジョーカーのモデルになった。[1]

略歴[編集]

若年期[編集]

1893年、彼はベルリンの労働者階級が住む地域で、Hans Walter Conrad Weidt として生まれた。(彼の初期の主張によって、ポツダム生まれと誤記された資料もある。) 彼は、1916年から亡くなるまで、100作以上の映画に出演した。彼のサイレント映画時代の最も有名な2つの作品は、残忍な夢遊病者を演じた『カリガリ博士』(1919)と、醜いサーカス芸人を演じた『笑う男』(1928)である。ロサンゼルス・タイムズは、次のように評した。「コンラート・ファイトはヴィクトル・ユーゴーの小説を基にしたセミ・サイレント映画で主役を演じた。領主の息子である彼は、彼の父親が王に無礼を働いたため、その顔に永遠の笑みを刻まれた」。

また、ファイトはマグヌス・ヒルシュフェルト脚本の、同性愛者の権利を描いた先駆的映画『他の人々とは異なって』(1919)に出演し、おそらく映画史上初の同性愛者の人物を演じた。ドイツ初のトーキー『六十八番の花嫁』(1929)にも主演した。

イギリス滞在期[編集]

ファイトはナチス政権に激しく反対し、それは1933年ユダヤ人女性 Illona Prager と結婚した一週間後にイギリスへ移住する動機になった。彼はイギリスに定住し、1938年には市民権を得た。

彼はイギリスでも映画出演を続けた。マイケル・パウエル監督の3つの作品、『スパイ』(1939)、『Contraband』(1940)、『バグダッドの盗賊』(1940)などがある。

晩年期[編集]

1940年代、彼はハリウッドへ移住し、ナチス党員とその兄弟の二役を演じた『Nazi Agent』(1942)などの数作に主演した。この時代、彼の最も有名な役は『カサブランカ』(1942)で演じたハインリッヒ・シュトラッサー少佐だった。

しかしその翌年、ロサンゼルスゴルフをしていた時に心臓発作で倒れ、亡くなった。

私生活[編集]

結婚歴は3回。最初の妻である女優のガッシ―・ホール(en:Gussy Holl)は後にエミール・ヤニングス夫人となった。二番目の妻との間に娘が一人いる。

文化への影響[編集]

ファイトのスチール写真はジョーカーを閃くきっかけとなった。その製作者たち(ボブ・ケイン、ビル・フィンガー、ジェリー・ロビンソン)は、「実際は誰がジョーカーを思いついたのか」について長い論争を続けた。[2]

ファイトはイギリス映画『F.P.1』(1933)[3]の主題歌『Where the Lighthouse Shines Across the Bay』を歌った。この曲は当時は失敗に終わったが、1980年代のイギリスで、DJw:Terry Woganが彼の番組でリクエスト曲として流したあとに、ヒット曲になった。その後は、リクエストのリピートが殺到した。


主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1919 他の人々とは異なって
Anders als die Andern
Paul Körner
怪談五種
Unheimliche Geschichten
Nocturno der Liebe フレデリック・ショパン
1920 王城鬼バルサモ
Der Graf von Cagliostro
大臣
サタン
Satanas
サタン 他
カリガリ博士
Das Cabinet des Dr. Caligari
チェザーレ
ジキル博士とハイド氏
Der Januskopf
ウォレン博士/オコナー氏
世界の黎明
Weltbrand
クリスチャン・ヴァーンシャッフェ
1921 孟買の一夜
Das Geheimnis von Bombay
トッシ
憐れみの心
Christian Wahnschaffe, 2. Teil - Die Flucht aus dem goldenen Kerker
クリスチャン
恋のネルスン
Lady Hamilton
ネルソン卿
1922 Lucrezia Borgia チェザーレ・ボルジア
1923 Paganini ニコロ・パガニーニ
ウイリアム・テル
Wilhelm Tell
ヘルマン・ゲスラー
Bride of Vengeance チェザーレ・ボルジア
1924 芸術家気質
Künstlerlaunen
アルパッド
芸術と手術
Orlacs Hände
ポール・オルラック
裏町の怪老窟
Das Wachsfigurenkabinett
イワン雷帝
ニュウ
Nju - Eine unverstandene Frau
1926 恋は盲目
Liebe macht blind
ラマール
亡国病患者
Dürfen wir schweigen?
ポール・ハーディング
プラーグの大学生
Der Student von Prag
Balduin, ein Student
生ける仮面
Die Flucht in die Nacht
ハインリヒ4世
1927 我れ若し王者なりせば
The Beloved Rogue
ルイ11世
ある男の過去
A Man's Past
ポール・ラロシュ
最後の演技
The Last Performance
エリック
1928 笑ふ男
The Man Who Laughs
ギンプレーン
1929 六十八番目の花嫁
Das Land ohne Frauen
ディック・アシュトン
1930 最後の中隊
Die letzte Kompagnie
バーク
1931 旅愁
Der Mann, der den Mord beging
セヴィニ卿
會議は踊る
Der Kongreß tanzt
メッテルニヒ
1932 Rasputin, Dämon der Frauen ラスプーチン
黒騎士
Der schwarze Husar
ハンスゲオルク
南欧横断列車510
Rome Express
ザータ
1933 私と女王様
Ich und die Kaiserin
Marquis de Pontignac
空襲と毒瓦斯
I Was a Spy
Commandant Oberaertz
声なき凱歌
The Wandering Jew
マタシァス
1934 ウイリアム・テル
Wilhelm Tell
ヘルマン・ゲスラー
武器なき戦ひ
Jew Süss
ジュス
1937 間諜
Dark Journey
マルイッツ男爵
1939 スパイ
The Spy in Black
ハルト艦長
1940 バグダッドの盗賊
The Thief of Bagdad
ジャファー
1941 女の顔
A Woman's Face
トリステン・バーリング
嘆きの白薔薇
The Men in Her Life
スタニスラフ
1942 カサブランカ
Casablanca'

注記[編集]

  1. ^ Entertainment Weekly writer Frank Lovece official site: Web Exclusives — Bob Kane interview "[The Joker] looks like Conrad Veidt — you know, the actor in The Man Who Laughs [...] Bill Finger had a book with a photograph of Conrad Veidt and showed it to me and said, 'Here's the Joker'."
  2. ^ A brief history of the Joker - Los Angeles Times
  3. ^ 1932年のドイツ映画「F.P.1 antwortet nicht」の英語版。日本ではドイツ版のみ公開された。邦題は「F・P一号応答なし」
    http://www.imdb.com/title/tt0023996/