コ・ウ・カ・イ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コ・ウ・カ・イ
石井竜也シングル
初出アルバム『THEATER
B面 炎のたからもの
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル Sony Records
チャート最高順位
石井竜也 シングル 年表
MOON DANCER
(MOONSTONES名義)(2002年
コ・ウ・カ・イ
2002年
君をつれて
2002年
テンプレートを表示

コ・ウ・カ・イ」は、2002年9月4日に発売された石井竜也の11枚目のシングル。

解説[編集]

アルバム『THEATER』の先行で発売された石井竜也のシングル。音源はすべて参加ミュージシャンによる生音源[1]によるもの。初回盤は映画の予告編を模したショートムービー『炎の航海』[2]などが入ったDVD付き。また、初回盤と通常盤ではジャケットが異なっている。

収録曲[編集]

DISC 1(CD)[編集]

  1. コ・ウ・カ・イ
    作詞・作曲:石井竜也 編曲:金子隆博
    セブン-イレブン2002年夏のキャンペーンCMソング。
    昭和の日活映画をモチーフにした[3]昭和歌謡風楽曲。曲自体は米米CLUBが解散した直後ぐらいに作っていたものだが、「歌謡曲過ぎる」という理由でお蔵入りになっていた[4]
    ビデオクリップは『石井脚本、主演[5]の映画の予告版』[6]という設定で、ヒロイン役で戸田菜穂[7]、秘密結社のボス役で壤晴彦[8]、豪華客船の船長役でジェームス小野田[9]、殺し屋役でUME[10]、謎の踊り子役でMINAKO[11]等が出演している。撮影は氷川丸で行われた。
    余談だが、TBS系うたばん」でこの曲を披露した際、演出がとんでもないことになっていた[12]
  2. 炎のたからもの
    作詞:橋本淳 作曲:大野雄二 編曲:金子隆博
    ルパン三世 カリオストロの城』の主題歌である同曲のカヴァー。
    たまたま家で同映画のLDを見ていた際に歌いたくなったのと2002年当時、まだ誰もこの曲のカヴァーをやっていなかったことが今回のカヴァーのきっかけとのこと[13]

DISC 2 (初回盤DVD)[編集]

  1. 炎の航海
    前述のとおり、ビデオクリップとは若干異なるショートムービー『炎の航海』[14]が収録されている。
  2. 出演者衝撃の告白
    ショートムービー出演者のコメント映像。前述6人のコメントを見ることができる。全体的に古ぼけた加工が施されている。
  3. 制作記録映像
    往年のワイドショーを模したメイキング映像。こちらも全体的に古ぼけた加工が施されており、加工音声によるナレーションが入れられている。また、ナレーターがうっかり笠木健一のことを「石…」と言いかける場面もある[15]
  4. 後悔の三姉妹 Beauty's Angels 「コ・ウ・カ・イ」振り付け
    MINAKO扮する「後悔の3姉妹・ビューティーエンジェル」[16]による振り付けレッスン映像。

収録アルバム、PV集[編集]

曲名 収録アルバム/PV集 発売日 備考
コ・ウ・カ・イ THEATER 2002年9月19日 5thオリジナルアルバム
石 〜Best of Best〜 2005年10月12日 1stベストアルバム
LOVE 2012年9月5日 18thオリジナルアルバム 初回限定盤の付属DVDにPVとして収録

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これはこのシングルに限らず、『THEATER』に収録されている音源すべてに言えることである。
  2. ^ ビデオクリップとは若干異なる。
  3. ^ 石井竜也『詞解文書』(廣済堂出版)【コ・ウ・カ・イ SATURDAY】より。
  4. ^ 『PATi▽PATi』2002年10月号より。
  5. ^ 石井の設定は『薔薇拳のジョー』こと愛原ジョー役のハードボイルド俳優・笠木健一、ということになっている。
  6. ^ 配給は『男宝』(東宝のパロディ)。
  7. ^ リリーこと神妙寺ゆりえ役の青空ひかり、という設定。
  8. ^ サドルバス・アシャーン役の林田幸栄、という設定。
  9. ^ 三船亀之介、という設定。告白映像では映画について全く語っておらず、逃げた妻へのビデオレターとなっている。
  10. ^ 殺し屋サム役の豊島祐一郎、という設定。制作記録映像によると「殺し屋」歴は10年とのこと。
  11. ^ インドを代表する女優・オターリ・ペ・ミ・ナーコという設定。DVDに収録されている『出演者衝撃の告白』では「飛行機で7時間、8時間、9時間、10時間かけて来たのに出たのたった5秒だし、ギャラもかなり安いです!」とクレームを言っていた。また、笠木に何か言いたいことがあるらしいがその部分の音声が途切れ途切れで非常に聞き辛い状態になっている。
  12. ^ 2002年9月19日放送分より。「曲披露の時間になると途端に視聴率が下がる」という昨今の音楽番組が抱える問題を解消すべく、1分ごとに何かアッと驚く演出をしようといった趣旨で繰り広げられたトークにて、番組MCの中居正広石橋貴明と「モザイクを入れる」「CGを使う」「白熊や自衛隊と格闘」「TIMの『命』をする」といったアイデアを出し合い、それらのほぼすべてを実際の曲披露に詰め込んだ結果である。
  13. ^ 主婦と生活社『Hyper Popbeat Deluxe』より。
  14. ^ タイトルはシングル収録曲である「炎のたからもの」と「コ・ウ・カ・イ」からとっている。
  15. ^ 楽屋の貼り紙にも『笠木健一』の『笠』の字の上にバツ印で消された『石』の字が映し出されている。
  16. ^ 名前はそれぞれミミ、ナナ、ココ。