コート (衣服)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バーバリーのトレンチーコート

コート: coat)とは、屋外で着用する外衣の種類[1]。またはオーバーコート: overcoat)の略語

コートは沢山の種類があり、その形状によって様々な呼び分けがされる。

コートの分類[編集]

ショートコート(: short coat
丈程度の長さのコート。
ハーフコート(: half coat
丈程度の長さのコート。
ロングコート(: long coat
丈程度の長さのコート。
ミディコート(: midi coat
膝下丈程度の長さのコート。主に婦人服で使用される。
マキシコート(: maxi coat
くるぶし丈程度の長さのコート。主に婦人服で使用される。

膝丈より短かいコートはジャケットと呼ばれることがある。

相対的な長さによる呼び分けとして、ショート丈ミドル丈ロング丈がある。例を挙げると、ステンカラーコートは膝丈程度がごく一般的な丈で、それをミドル丈と呼ぶ。その丈より長いものをロング丈、短かいものをショート丈と呼ぶ、といった具合である。

スプリングコート(: spring coat
薄手のコート。和製英語で、英語のtopcoatとほぼ同義。
オーバーコート: overcoat
厚手のコート。外套(がいとう)。
スリーシーズンコート(: three season coat
断熱材が脱着式になっているコート。

それぞれ狭義にはもっと細かな条件が存在するが、そこまで厳密に呼び分けされることは稀である。例えばオーバーコートは、寒い季節に着用していた昔のインナーウェアが膝丈程度あったため、それをしっかり覆えるよう膝下丈程度が一般的であった。そのため狭義には膝下丈という条件がある。

アウターコート(: outer coat
外衣として着用するコート。
アンダーコート(: under coat
中衣(ちゅうい)として着用するコート。

日本ではコートというとアウターコートを指し、アンダーコート相当の衣服はジャケットなどと呼ばれるため、一般にこの呼び分けは使われない。

コートの種類[編集]

  • ベストコート(: vest coat) - ノースリーブのコート。
  • アノラック: anorak) - フードのついたコート。パーカ: parka)。
  • レインコート: raincoat) - 耐水性あるいは防水性のある素材でつくられたコート。
  • リバーシブルコート(: reversible coat) - 表地裏地がなく、どちらの面でも着られるようにつくられたコート。
  • ポケッタブルコート(: pocketable coat) - 畳んだときに嵩張らないよう工夫されているコート。パッカブルコート: packable coat)。
  • マント: manto) - 袖ぐりのないコート。クローク: cloak)。
  • ポンチョ西: poncho) - プルオーバーのコート。

脚注[編集]

[ヘルプ]