コール オブ デューティ ブラックオプス・ゾンビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索


Call of Duty: Black Ops – Zombies
ジャンル ファースト・パーソン・シューティング
対応機種 iOS
Android
開発元 Ideaworks Game Studio
発売元 Activision
販売元 Apple
Glu Mobile (Android)
シリーズ コール オブ デューティ
人数 シングルプレイヤーマルチプレイヤー
発売日
  • WW 2011年12月1日
テンプレートを表示

コール オブ デューティ ブラックオプス・ゾンビ(Call of Duty: Black Ops – Zombies)は2011年に発売されたコール オブ デューティシリーズのゾンビモードのスピンオフ作品で『コール オブ デューティ・ゾンビ』の続編。Ideaworks Gameスタジオが開発し、アクティビジョンが2011年12月1日に一部の地域限定でiOSAndroidプラットフォーム向けに発売した[1][2]

概観[編集]

本作はコール オブ デューティシリーズの5作目『コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー』の人気モードの続編である。本作では4人までの協力プレイができ、新機能としてボイスチャットが追加された。リリースされた最初のマップは「Kino Der Toten」だった。「Dead Ops Arcade」も50レベルで両プラットフォームに完全に実装されている。プレイヤーはコンシューマー版の4人のキャラクター(タンク・デンプシー、ニコライ・ベリンスキー、マサキ・タケオ、エドワード・リヒトーフェン博士)の1人でプレイできる他、「Dead Ops Arcade」の4人のランダムなキャラクターの1人またはチュートリアルの「ルーキー」兵士も選択できる。 アクティビジョンは、近い将来更なるマップパックを無償でリリースすると述べ、間もなく追加予定のマップとしてAscensionがリストに入っていたが、その後コール オブ ザデッドの名前も一時的に表示されていた。後に両方のマップが公開された。

Kino Der Totenは、一部が変更されていることを除けばコンシューマー・PC版と非常に似ている。全てのドア、パーク、武器は、コンシューマー・PC版と同量のポイントを消費する。

参考文献[編集]

  1. ^ Call of Duty: Black Ops Zombies”. Apple. 2011年12月31日閲覧。
  2. ^ First Call of Duty: Black Ops Zombies Details”. IGN (2011年11月30日). 2011年12月31日閲覧。