コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド
Cornes & Co., Ltd.
種類 外国会社
本社所在地 日本の旗 日本
東京都港区3-5-1
設立 1861年
業種 サービス業
代表者 渡伸一郎
資本金 香港通貨 250万ドル
従業員数 338人(2006年)
外部リンク http://www.cornes.co.jp/
特記事項:登記上の本店は10/F, Fairmont House, 8 Cotton Tree Drive, Central, Hong Kong。
テンプレートを表示

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド (Cornes & Co., Ltd.) は、東京を拠点とする、外資系(香港資本)の総合商社

事業内容は、日本国内におけるフェラーリマセラティなど高級乗用車の販売、農業機械産業機械香料、電子デバイスの輸入、環境関連事業などである。

目次

歴史

  • 1861年、William Gregson AspinallとFrederick CornesがAspinall, Cornes & Co.を神奈川県横浜で創業。
  • 1873年、Aspinallが退社し、Cornes & Co.となる。
  • 1946年、香港の會德豐有限公司により買収される。
  • 1985年、香港の香港九龍貨倉有限公司(当時、現九龍倉)により買収されるが、その後に独立。

輸入自動車販売

青山ショールーム

南青山名古屋大阪に直営のショールームを構えるほか、それ以外の地域では各ブランドを扱う認定代理店と契約している。また、大阪サービスセンターが、2009年夏に東大阪市から大阪市南港地区へ移転した。建物の設計は丹下憲孝である。現在は、以下のブランドの車種を取り扱う。

  • ロールス・ロイス - 日本における販売代理店である。1964年から2001年までは、日本への輸入権を所有していた。2001年以降は、フォルクスワーゲングループジャパンが日本への輸入者となっている。2004年以降はロールスロイスモーターカーズリミテッドが輸入元である。
  • ベントレー - 日本における販売代理店である。ロールスロイスと同様の経緯であるが、ベントレー青山ショールームは、新車発表会などにも使用される。
  • フェラーリ - 日本における販売代理店である。2008年輸入権がフェラーリ・ジャパンに移管された[1]
  • マセラティ - 1997年にガレーヂ伊太利屋から輸入権が移管され、以降日本総代理店として営業してきたが2010年4月にマセラティが日本法人マセラティ・ジャパンを設立したのに伴い、同年秋に輸入および宣伝の業務が移譲された。以降コーンズは販売代理店としての扱いとなる。

過去には、アルファ・ロメオフィアットアストンマーチンローバーを取り扱っていたこともある。

子会社のコーンズエージー(主に酪農・農業機械を取り扱う子会社)では、ランボルギーニ製のトラクターを輸入している(機体そのものは、SAME製トラクターのOEM)。ジョンディアと並ぶ大型・高出力トラクターで、価格は1千万円以上。

広報・宣伝活動

参考

tea, silk and serendipity - 欧米人の視点による社史(在日米国商工会議所)

脚注

  1. ^ フェラーリ、日本法人「フェラーリ・ジャパン」設立へ『WebCG』(二玄社) 2008年2月22日


今日は何の日(10月18日

もっと見る

「コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド」のQ&A