ゴウ (アニメポケットモンスター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポケットモンスター (アニメ) > 登場人物 > ゴウ (アニメポケットモンスター)
ゴウ
ポケットモンスター テレビアニメ第7シリーズ』のキャラクター
登場(最初) テレビアニメ第7シリーズ第1話「ピカチュウ誕生!」
声優 山下大輝
真堂圭(幼少期)
プロフィール
年齢 10歳
テンプレートを表示

ゴウは、任天堂のゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズを原作とするアニメ『ポケットモンスター テレビアニメ第7シリーズ』に登場する架空の人物で同作の主人公の一人。

プロフィール[編集]

  • 出身地:カントー地方・クチバシティ
  • 職業:リサーチフェロー(第2話から)、ポケモントレーナー
  • 夢:すべてのポケモンをゲットする
  • 年齢:10歳
  • 登場時期[注釈 1]:PM2(テレビアニメ第7シリーズ)

人物[編集]

PM2のもう1人の主人公ケンジ以来となるアニメオリジナルのメインキャラクター。口癖は「未来は俺の手の中にある!」、「(語尾に)っしょ」。

身長はサトシと対等。褐色の肌に碧眼と長い睫毛が特徴。襟の立った黒い半袖シャツを着ており、黒い長ズボンを履いている。左利き[注釈 2]

博学で落ち着いた性格をしているが、時折アグレッシブな行動力を見せる情熱家。学者肌らしく分析に長けている反面、どこか未熟で抜けているシーンも目立つ。幼少期はお調子者で口が巧かったものの、当時から苦境になると怖気づいてしまう一面があった。その他、運動神経はサトシよりも数段劣っている。

幼少期からポケモンに関する知識を多く持っており、第1話ではキャンプで出会ったポケモンの事を解説していたほど。当初はモンスターボールを投げるのが上手くなかったが、回数を重ねるごとにポケモンに当てられるようになっている。ポケモンを捕まえる時はバトルで弱らせてからゲットする事もあるが基本的には最初からボールを投げる。

ポケモンバトルはまだ不慣れらしく、ビードロカップではホウジに完封負けを喫している。

コハルとは幼馴染。サクラギ博士とも昔から関わりがあり、サクラギ博士の事を「サクラギ所長」と呼んでいる。オーキド博士とは幼少期の頃のキャンプで知り合っており、現在ではオーキド博士の事を尊敬している。サトシとはルギアの件で初めて対話し、サトシを面白いと感じて友達認定する。困っているフシギソウを助けるかどうかでサトシと喧嘩をするが、サトシ達がフシギソウ・フシギダネを身体を張って助けようとしたのを見て感動し、後でサトシに自分と友達となるように頼むが、同時にサトシからも友達と言われた。ヒバニーとはガラル地方で初めて出会った。以降は野生ポケモンに対しても素直に情を見せることも多い。幼少期は口が達者な事もあり、コハル以外の友達がいなかったらしい。

コハルと同じスクールに所属しているが、最近はポケモンの観察などを理由に通っておらず、コハルからプリントを渡されても要らないといっている。すべてのポケモンをゲットする事が夢で、特に幼少期に出会ったミュウに対してはその傾向が強い。第3話でサクラギ博士にスマートフォンをスマホロトムにしてもらった。最初のポケモンはミュウにすると決めており、そのためサクラギ博士が最初のポケモンとして用意したフシギダネヒトカゲゼニガメのいずれも受け取らなかった。しかし第5話でヒバニーの活躍を見た事からヒバニーをゲットし、晴れてポケモントレーナーとなった。

略歴[編集]

幼少期にコハルに誘われてオーキド博士のキャンプに参加し、コハル以外とはぐれてしまった時にニドキングと戦うミュウを目撃。ミュウがニドキングと同じ技を使いニドキングを圧倒する・様々なポケモンに変身する・危機に陥ったガルーラの子供を助ける場面を目撃し、オーキド博士からミュウの話を聞いた事でいつかミュウを捕まえる事を決意する。

10歳になった時、クチバシティに現れたルギアを追いかけ、何とかルギアに抱きついてそこでサトシと初対面する事になる。ルギアの一件でサトシを友達と認定する。ルギアの一件もありサクラギ博士からリサーチフェローの誘いを受け、サトシと共にリサーチフェローとなり、サクラギ研究所に住み込むようになる。

第4話ではヒバニーと運命的な出会いを果たし、第5話でヒバニーの実力を認め初のポケモンゲットをし、ポケモントレーナーとなる。

第6話でカントー地方のむしポケモン全種類をゲットしたことで、全てのポケモンゲットを目標として決める。

現在の手持ちはヒバニー。それ以外のキャタピーを始めとした他のポケモンたちはサクラギパークに預けられている。

ポケモン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 記載されている略号
  2. ^ モンスターボールのリリースをはじめ、ペン左手で行っているため。

出典[編集]