ゴジラ×メガギラス G消滅作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ゴジラシリーズ > ゴジラ×メガギラス G消滅作戦
ゴジラ×メガギラス G消滅作戦
Godzilla vs. Megaguirus[1]
監督 手塚昌明
脚本
製作 富山省吾
ナレーター 屋良有作
出演者
音楽
撮影 岸本正広
編集 普嶋信一
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 2000年12月16日
上映時間 105分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12億円[2]
前作 ゴジラ2000 ミレニアム
次作 ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
テンプレートを表示

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』(ゴジラたいメガギラス ジーしょうめつさくせん)は、2000年12月16日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第24作である[3]。カラー、シネマスコープ、ドルビーデジタル[1]

キャッチコピーは「地球最大の死闘デスバトル」。20世紀最後のゴジラシリーズ作品である。

興行収入は12億円、観客動員は135万人。

概要[編集]

ゴジラミレニアムシリーズの第2作。シリアスなドラマ性よりも、空想科学映画としての娯楽性が重視されている[4][5][注釈 1]。また、ヒロインがゴジラと直接戦う戦士として描かれているのが特徴であり[6]、シリーズで初めてゴジラの背中にも乗っている[7][4]

本作に登場するゴジラは1954年公開のシリーズ第1作『ゴジラ』に登場した初代個体であり、オキシジェン・デストロイヤーで倒されていなかったうえ、過去に日本を3回襲ったことも含めて同じ個体が続いて登場しているという設定である。そのため、1954年の東京襲撃シーンは新ゴジラを用いてシリーズ第1作を再現している[5][注釈 2]

主要襲撃地点は東京(渋谷、お台場)。世界観は、ゴジラの襲撃により大阪が首都になった架空世界である[5]

監督は本作品がデビューとなる手塚昌明が務めた[8]。手塚は、監督を引き受ける条件として「女性を主人公とすること」と「超兵器を出すこと」を挙げたという[9][6]。特殊技術は前作に引き続き鈴木健二が担当[8]。鈴木は、楽しいゴジラ映画を志向し、漫画的な演出を大胆に取り入れ、怖いだけでないゴジラのキャラクター性を出すことを心がけたと述べている[8]。また、前作のダークなイメージとの差別化から、ゴジラの出現シーンは冒頭の回想以外すべて昼間となっている[10][5][注釈 1]

フルCGで描写された泳ぐゴジラやメガニューラの大群など、3DCGやデジタル合成が多用されている[10][9]。制作にはデジタルプロダクションが10社以上参加し、合成カット数は548カットに及んだ[10][9][注釈 3]

水没する渋谷の描写は、実際に水を張ったセットと実景にCGを合成したものが併用された[10]

ゴジラに挑むメカは登場するが、前作における戦車やミサイル発射機といった装備は登場しない。

ストーリー[編集]

1954年、初めてのゴジラ東京襲撃によって首都が大阪に移った。1966年東海村に上陸したゴジラにより原子力発電所が破壊され、日本政府はゴジラの攻撃目標になるため原子力発電の永久放棄を決定した。1996年、原子力発電の代替を目標としてプラズマエネルギーの開発が行われていた大阪の「クリーンエネルギーファクトリー」がまたもゴジラに破壊されるのだった。奥村知治と共に生き残った辻森桐子は、1996年の13人の自衛隊員出動作戦で隊長の宮川卓也を亡くしており、復讐としてもゴジラ打倒に生命を懸けていた。

2001年、Gグラスパーの隊長となった桐子により秋葉原でスカウトされたマイクロマシンの天才・工藤元と物理学者の吉沢佳乃により対ゴジラ兵器として開発されたディメンション・タイド(ブラックホール砲)の試射によって時空の亀裂が発生、そこから太古の巨大昆虫メガニューラが現れ、卵を産み落としていく。

巨大昆虫の卵からかえったメガヌロンが人間を襲い、さらにはメガヌロンにより渋谷の地下水脈が崩壊し水没してしまう。無数のメガヌロンは羽化して成虫メガニューラになると、群れをなして奇岩島でゴジラに襲いかかった。メガニューラの群れはゴジラとの戦い、さらにディメンション・タイドにより壊滅するが、生き残りは水没した渋谷に舞い戻り、水底で眠る巨大なメガギラスにエネルギーを与える。羽化したメガギラスは周囲を破壊すると姿を消す。

ゴジラはお台場に上陸するが、その前にメガギラスが飛来。G対策本部はディメンション・タイドにより両者の消滅を図るが、メガギラスの超高周波によりディメンション・タイドが故障してしまう。ディメンション・タイドの必死の復旧作業が続く中、死闘を繰り広げるゴジラとメガギラス。果たして人類はゴジラを倒せるのだろうか。

登場怪獣[編集]

登場人物[編集]

辻森 桐子つじもり きりこ[11][12]
本作の主人公。Gグラスパーの隊長[11][12]。階級は3佐[11][12]。28歳[11]
5年前は陸上自衛隊の対G特殊部隊に所属しており[12]、大阪でのゴジラとの戦いで上官の宮川を殺され、その遺志を受け継いで、残された認識票を肌身離さず所持している。ゴジラ打倒に闘志を燃やして勇猛果敢に挑み、男顔負けの活躍を見せる。その反面、子ども相手には優しく接する一面も持つ。
  • 監督の手塚昌明は、制作当時は世紀末で暗い世相であったことから、ゴジラに対して闘志を燃やす桐子を描くことで観客に前向きな希望を与えることを意図している[8]
工藤 元くどう はじめ[11][13]
マイクロマシンの天才エンジニア[11][13]。28歳[11][13]
軟派な性格で軽い態度が目立つが、メカニックに対しての熱意と愛情は誰にも負けないほど強い。秋葉原でジャンク屋の店員であったが、大学院時代に吉沢物理学研究室で学んでいたことから特G対への協力を要請される[11][13]。最初は断るも、ディメンション・タイドの開発計画に感銘を受け参加を決意する。
特G対に協力していく中で、徐々に桐子に気がある素振りを見せ、自ら開発した超小型発信機付きの信号弾やミニSGSを提供したり、自らのPCのオリジナルOSに搭載したチェックプログラムのキャラクターに「キリコ」と名付けたりしている。渋谷の水中探査活動支援に出向いた際に、出現したメガギラスの攻撃で負傷して右腕を骨折してしまう[注釈 4]が、渋谷へのゴジラ攻撃の際には桐子と連携してディメンション・タイドを発射し、作戦を成功させる。
新倉 誠にいくら まこと[11][14]
Gグラスパーの広報官[11][14]。特G対の窓口として外部との接触を取り仕切る[15]。元防衛庁で、階級は准尉[11][14]。32歳[11][14]。仲間内では人当たりが良く、報道陣にも国民を案じた催促を投げかけるなど基本的には良心的な人物である。
美馬 和男みま かずお[11][16]
Gグラスパーのオペレーター[15][16]。元海上自衛隊の潜水艦ソナー担当で[15][16]、無精髭と乱れた髪形が印象的な情報収集のプロ。階級は1曹[11][16]。30歳[11][16]。ディメンション・タイドの発射管制も担当する。
工藤に対しては余り快く思っていなかったのか、中盤までやや素っ気なく接するが、渋谷へのディメンション・タイド発射時には発射を志願する工藤に後事を託し、作戦成功後には共に喜び合うほど打ち解けている。
早坂 淳はやさか じゅん[17]
小学生の少年。大の虫好きで、桐子から「昆虫博士」と呼ばれる。
山梨県白州からの引越し前に偶然ディメンション・タイドの実験を目撃し、後に時空の歪みから出現したメガヌロンの卵を拾い持ち帰るが、その不気味さに恐怖を感じ、引越し先の排水溝に捨てたことで渋谷水没のきっかけを作ってしまう。そのことを隠さずに桐子に打ち明けたり、引越し前に目撃した実験を秘密にすると約束するなど、根は素直な少年である。
本編のラストで、転校先の小学校の理科室で再び出現したゴジラを目撃する場面で映画は幕を閉じる。
細野 精一ほその せいいち[11][18]
Gグラスパーのパイロット[15][18]。階級は1尉(1等空尉[11][18])。27歳[11][18]
航空自衛隊所属で、グリフォンを操縦し、最前線に立つ[15]。他の隊員ほど口数は多くないが、グリフォンの操縦テクニックに優れ、ゴジラの熱線を全て回避させている。
奥村 知治おくむら ともはる[11][19]
Gグラスパーのクルー。桐子と同じ対G特殊部隊出身者の生き残り[15][19]。階級は3尉[11]。25歳[11][19]
少々荒っぽい口調が特徴だが、桐子の理解者であり、対ゴジラ作戦時だけでなく工藤のスカウトの際にも同行するなど、補佐的な隊員である。
宮川 卓也みやがわ たくや[20]
対ゴジラ特殊部隊隊長で、かつての桐子らの上官[20]。1996年当時40歳[20]
5年前のゴジラとの戦いの直前、緊張する部下たちを激励した。その後戦場へ赴き部下たちと共にゴジラを攻撃するが、その進行を止められず ゴジラが破壊したクリーンファクトリーのがれきから自身の命令を無視した桐子をかばい、自身がその下敷きとなって殉職する。
山口 剛やまぐち つよし[21][22]
特別G対策本部・S2所属の生物学者[21][22]。40歳[21]
ゴジラの研究が主だが、回収された巨大トンボをメガニューラと断定し、それに加えメガヌロン、メガギラスに関する生態を解説する。
早坂 薫はやさか かおる[17]
淳の母親[17]。山梨から東京への引越しに満足気な様子。ゴジラ東京上陸前の避難時には、連絡が取れなくなった夫に対する不満を漏らしながら淳と共に避難している。
杉浦 基彦すぎうら もとひこ[11][23]
特G対本部長[11][23]。50歳[11]。5年前には、クリーンエネルギーとしてのプラズマエネルギー開発を指揮していた。
チェスが趣味のようで、自室やメインルームの自身の机の上にチェス盤とコマを置いている。表向きは特G対の面々を信頼し、外部の人間にも腰を低くしているが、本性は利己的で傲慢。裏では浜田総理(本作における総理大臣)からの指示で日本の国益と自身の地位と名誉のために、国立科学技術研究所でプラズマエネルギー開発研究を密かに続行させている。G消滅作戦が失敗しそうになると躍起になって取り乱し、秘密が露見した挙句の果てにはGグラスパーを「役立たず」呼ばわりしたため桐子に殴り飛ばされる。
吉沢 佳乃よしざわ よしの[11][24]
特G対科学班第一研究室責任者の物理学者[11][24]。工藤の大学時代の恩師でもある。58歳[11]
5年前は大阪のクリーンエネルギーファクトリーでプラズマエネルギーの開発に携わっていたがゴジラ襲撃で多くの同僚を失い、ゴジラによる被害者をこれ以上出さないためとディメンション・タイド開発に全力を注ぐ。 口論の場面で熱くなりやすい桐子を制止するなど穏やかな人柄である。

登場兵器・メカニック[編集]

架空[編集]

ディメンション・タイド
特別G対策本部がプラズマ・エネルギーの原理を応用して開発したマイクロブラックホール生成機[11]。物理学者・吉沢佳乃が設計した。超マイクロ加速器で光線が当たった地点に小型の人工ブラックホールを生成し、大気圏外からゴジラを攻撃、その完全消滅をはかる。起動からブラックホール弾発射まで5分を要し、使用後1時間の冷却を要するため連続使用はできない。ただし、一撃の威力は半端でなく、地表では直径100メートル四方が吸収、消滅する。
廃校となった山梨県白州町立白州小学校校舎での試射実験後、マイクロマシンの若き天才、工藤元によって小型化に成功、種子島宇宙センターから人工衛星に搭載され宇宙へ打ち上げられた。ディメンション・タイドという名は「次元の潮流」という意味で、工藤によって命名されている。工藤は頭文字の「DT」を本体表面に書き込んでいる。
  • デザインは西川伸司が担当[25]。製作中のシーンでは1/1サイズの造形物が作られた[25]
諸元
グリフォン
形式番号 GX-813[26]
全長 18m[27][28][6][29][26]
重量 15t[27][28][6][29][26]
飛行速度 マッハ3[27][28][6][29][26]
武装
乗員 3名[27][28][6][29]
グリフォン
Gグラスパー所属の万能戦闘機。ホバリングや瞬間的な音速への到達を行うことができる。乗員数は3名。形式番号は「GX-810」からで、もともとは防衛庁にて「FX(=次期戦闘機)」の試作機として開発されていたが、1996年、首都・大阪へのゴジラ襲来で発足したGグラスパーに1997年に配備されている。現場でのゴジラ捜索に備えて、SGSや小型ボート[27]も搭載している。劇中で登場する機体は4機目の「GX-813」。
  • デザインは西川伸司、造型はアルファ企画が担当[28][26]。ミニチュアは、電飾やノズルの可動ギミックを備えたメインモデルのほか、バルサ製の爆破用モデルも作られた[28]
  • コクピットのセットはF-15を模した配置となっており、手塚の要望によりリアリティのある機能性を重視した狭さとなっている[30]
諸元
SGS
全長 2m(オリジナル)
速度 40ノット
SGS(Searching Godzilla System)[27][6]
特G対が開発したゴジラ自動追尾ロボット[31]。「S1 (Search)」に用いられる。信号弾の電波や、ゴジラの音や熱を感知し、人工衛星を通じて、特G対にそのデータと映像を送信する。日本周辺海域で、常時ゴジラ警戒をしている48機[27]以外にも、グリフォンにも搭載されている。
工藤元は小型SGSも2機開発し、水没した渋谷の水中探査に使用する[27][31]
Gグラスパー専用車[11]
Gグラスパーの情報収集用車両。
零式無反動砲 ロケットヒートMT124B
陸上自衛隊特殊部隊が1人1基装備する強力なロケット砲。ケースに分解されて入っており、後述のロケット弾を装備する。
  • 形式番号は、監督の手塚昌明のイニシャルと誕生日に由来する[32]
B-10弾(ホウ素弾)
5年前のゴジラ大阪襲撃の際に出動した対ゴジラ特殊部隊が、ゴジラ攻撃に使用した特殊ロケット弾。弾薬箱には「84mmB-10零式」と記されている。ロケットヒートMT124Bに装填して使用され、多くの弾数をゴジラに命中させたが、効果は全くなかった。
ドラゴンアロー
航空自衛隊F-15J戦闘機に装備された架空の航空魚雷。「G消滅作戦」の支援で参加したF-15J編隊が、奇岩島への誘導のため、周辺の海中を航行するゴジラに向けて発射する。

実在[編集]

自衛隊
特G対
その他

設定[編集]

特別G対策本部
略称・「特G対」。
Gグラスパー
英語表記はG-GRASPER
対ゴジラ特殊部隊
5年前のゴジラ大阪襲撃時に出動した、陸上自衛隊のゴジラ専門チーム。隊長の宮川を筆頭に、辻森班・武居班・大石班の3班に分かれてゴジラに戦いを挑んだが返り討ちに遭い、桐子と奥村以外の隊員は殉職する。
  • 書籍『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦超全集』では、ゴジラの迎撃に歩兵部隊のみでの出動となったのは、政府の真の目的がゴジラの遺伝子データ収集にあったものと推測しており、隊員はB-10弾に絶対の信頼をおいていたため作戦を疑問に思わなかったと記述している[15]
プラズマ・エネルギー
永久放棄された原子力発電の代替・増加する電力需要に対処するために、1996年に科学技術庁が中心となり、大阪に建設されたクリーンエネルギー・ファクトリーで研究開発された重水素を原料とするクリーンエネルギー。このエネルギーによるプラズマ発電は人々の期待を担った。
ゴジラを引き寄せないことを念頭に研究開発されたがそれは叶わず、ゴジラはこのエネルギーに誘引されて大阪に出現。これを受けて日本政府は本エネルギーの研究開発を停止させる。
1966年からの30年間に科学技術庁は水力火力太陽光(ソーラー)・風力などの発電にも注力したが、原子力発電の域には達しなかった。
架空の建造物
大阪国会議事堂
大阪城公園内に建てられている国会議事堂。1954年のゴジラの東京襲来に伴い、大阪に遷都している[34]。それ以後「大阪府→大阪都」「東京都→東京府」になっている[34]。建物の外観は、実在する国会議事堂と同じ。
大阪プラズマ発電研究所(クリーンエネルギーファクトリー)
1996年に建設された原子力発電に代用するプラズマエネルギーの開発研究が行われていた施設。しかし設立直後ゴジラによって破壊される。
お台場空中庭園ビル
FCGビルに隣接して建っている[4]。ゴジラとメガギラスの戦いで破壊されてしまう。建物のデザインはFCGビルに似ている。
パレットタウン空中展望台
パレットタウンの手前に建っている。
  • 上空シーンからは、先述の空中庭園ビルと共にCGで合成されている[33]
渋谷国立科学技術研究所
渋谷に建てられている施設。杉浦の指示で密かにプラズマエネルギーを開発しており、最終的にゴジラに破壊されてしまう。
リニアモーターカー
原子力撤廃に伴う省エネルギー化の推奨により導入された交通機関[34]。1990年代には全国に路線を広げており、東京-大阪間を1時間半で走行する[34]
  • 車両はフルCGで描写され、秋葉原の実景に合成している[33]

キャスト[編集]

声の出演

スタッフ[編集]

映像ソフト化[編集]

いずれも東宝ビデオより発売。

  • VHSは2001年12月に発売[35]。レンタルは2001年7月より開始[35]
  • DVDは2001年8月21日発売。
    • トールケース版DVDは2002年11月21日発売。
    • 2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」に収録されている。
    • 2014年5月14日には「ゴジラ60周年記念版」として期間限定の廉価版が発売。
    • 2016年6月15日に東宝DVD名作セレクションにて発売
  • Blu-ray Discは2010年3月19日発売。

関連グッズ[編集]

どこでもゴジラ
入場者プレゼントとして配布された、さまざまなポージングをしたゴジラのキーホルダーフィギュア。
Vサイン、考える、サッカー、野球の計4種類。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 書籍『ゴジラ大辞典』では、物語自体はシリアスだが、工藤元のキャラクター性やゴジラの描写などの明るさでオブラートに包んでいると評している[5]
  2. ^ 議会のシーンも当時のニュース映像として再現している[7]
  3. ^ 書籍『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦超全集』では、これを日本映画最大と記述しているが[10]、書籍『東宝特撮映画大全集』では平成モスラシリーズに及ばないとしている[4]
  4. ^ エンドロール前でも骨折はまだ完治していない。
  5. ^ フルCGで描写された[33]
  6. ^ 型式は実際に自衛隊に配備されているものとは異なる。
  7. ^ 群衆シーンにもエキストラ出演している[30]
  8. ^ トンボの怪獣が登場することにちなんで起用された[30]
  9. ^ エンドロールで手塚のクレジットと同時に映し出されている[30]

出典[編集]

  1. ^ a b c 東宝特撮映画大全集 2012, p. 268, 「『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』」
  2. ^ 2001年(平成13年)興収10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2016年7月31日閲覧。
  3. ^ a b c 東宝特撮映画大全集 2012, p. 269, 「『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』作品解説/俳優名鑑」
  4. ^ a b c d 東宝特撮映画大全集 2012, p. 271, 「『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』撮影秘話/川北監督に訊く」
  5. ^ a b c d e 大辞典 2014, pp. 360-361, 「作品紹介 ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」
  6. ^ a b c d e f g h 東宝特撮映画大全集 2012, p. 270, 「『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』怪獣図鑑/兵器図録/資料館」
  7. ^ a b 超全集 2001, pp. 64-65, 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦のできるまで 本編<手塚組>」
  8. ^ a b c d 超全集 2001, p. 2, 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦を作った男」
  9. ^ a b c 『宇宙船YEAR BOOK 2001』朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、2001年4月30日、89頁。雑誌コード:01844-04。
  10. ^ a b c d e 超全集 2001, pp. 60-61, 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦のできるまで 特撮<鈴木組>」
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 超全集 2001, pp. 16-17, 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦キャラクター図鑑 対ゴジラ戦闘部隊Gグラスパー」
  12. ^ a b c d 大辞典 2014, pp. 191-192, 「つ 辻森桐子」
  13. ^ a b c d 大辞典 2014, p. 93, 「く 工藤元」
  14. ^ a b c d 大辞典 2014, p. 217, 「に 新倉誠」
  15. ^ a b c d e f g 超全集 2001, pp. 44-45, 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦完全攻略 特別G対策本部の全貌」
  16. ^ a b c d e 大辞典 2014, pp. 268-269, 「み 美馬和男」
  17. ^ a b c 大辞典 2014, pp. 228-229, 「は 早坂薫/早坂淳」
  18. ^ a b c d 大辞典 2014, p. 255, 「ほ 細野精一」
  19. ^ a b c 大辞典 2014, pp. 63-64, 「お 奥村知治」
  20. ^ a b c 大辞典 2014, p. 269, 「み 宮川卓也」
  21. ^ a b c 超全集 2001, pp. 40-41, 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦完全攻略 古代昆虫メガニューラ メガヌロン大解剖」
  22. ^ a b 大辞典 2014, p. 289, 「や 山口剛」
  23. ^ a b 大辞典 2014, p. 159, 「す 杉浦基彦」
  24. ^ a b 大辞典 2014, p. 297, 「よ 吉沢佳乃」
  25. ^ a b 東宝特撮メカニック大全 2003, p. 271, 「2000s ディメンション・タイド」
  26. ^ a b c d e オール東宝メカニック大図鑑 2018, p. 252, 「『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』グリフォン」
  27. ^ a b c d e f g h i 超全集 2001, pp. 18-19, 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦キャラクター図鑑 グリフォン」
  28. ^ a b c d e f 東宝特撮メカニック大全 2003, pp. 266-269, 「2000s グリフォン」
  29. ^ a b c d 大辞典 2014, pp. 96-97, 「く グリフォン」
  30. ^ a b c d e f g 超全集 2001, p. 68, 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦のできるまで こんなシーンにあんな人が!!」
  31. ^ a b 東宝特撮メカニック大全 2003, p. 270, 「2000s SGS」
  32. ^ 超全集 2001, pp. 66-67, 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦のできるまで こだわりの小道具博覧会」
  33. ^ a b c 超全集 2001, p. 69, 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦のできるまで 視覚効果」
  34. ^ a b c d 超全集 2001, pp. 34-35, 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦新歴史年表」
  35. ^ a b 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ、2002年5月1日、 168頁、 雑誌コード:01843-05。

参考文献[編集]

  • 『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦超全集』構成 間宮“TAKI”尚彦、小学館てれびくんデラックス愛蔵版〉、2001年1月1日。ISBN 978-4-09-101475-7。
  • 『東宝特撮メカニック大全1954-2003』監修 川北紘一新紀元社、2003年4月10日。ISBN 978-4-7753-0142-5。
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2。
  • 『ゴジラ大辞典【新装版】』野村宏平 編著、笠倉出版社、2014年8月7日。ISBN 978-4-7730-8725-3。
  • 『オール東宝メカニック大図鑑』洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2018年6月14日。ISBN 978-4-8003-1461-1。