ゴダールのリア王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゴダールのリア王
King Lear
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ウィリアム・シェークスピア
ジャン=リュック・ゴダール
ノーマン・メイラー
ピーター・セラーズ
製作 メナハム・ゴーラン
ヨーラム・グローバス
出演者 ウディ・アレン
バージェス・メレディス
モリー・リングウォルド
レオス・カラックス
ジュリー・デルピー
ジャン=リュック・ゴダール
撮影 ソフィ・マンティニュー
カロリーヌ・シャンプティエ
編集 ジャン=リュック・ゴダール
製作会社 キャノン・フィルムズ
配給 日本の旗 コムストック
公開 カナダの旗 1987年9月15日
アメリカ合衆国の旗 1988年1月22日
日本の旗 1998年8月10日
フランスの旗 2002年4月3日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 フランス語
英語
興行収入 $62,000 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

ゴダールのリア王』(King Lear)は、1987年公開のバハマアメリカ合作映画である。ロケ地スイスレマン湖畔のニオン。シェイクスピアの四大悲劇の一つ『リア王』を1980年代的に脱構築した作品。ジャン=リュック・ゴダール監督作品。

解説[編集]

1980年代イスラエルからアメリカに進出し、『暴走機関車』や『デルタ・フォース』『スペースバンパイア』など大ヒット作・超話題作を連打してキャノン・グループを築き上げた映画監督映画プロデューサーメナヘム・ゴーランと映画プロデューサーヨーラム・グローバスのコンビが、ゴダールに発注した映画が本作であった。

概要[編集]

シェークスピア五世を演じるピーター・セラーズは、『ピンク・パンサー』(1964年)シリーズのピーター・セラーズとはスペルの違うまったくの別人で、アメリカの人気舞台演出家である。コッポラの『ゴッドファーザー』(1972年ドン・コルレオーネならぬドン・レアーロを演じるのはウィリアム・A・ウェルマン監督の『G・I・ジョウ』(1946年)に主演した当時80歳の老優バージェス・メレディス。その娘コーディリアには、1980年代当時ハイティーンスターだった『ブレックファスト・クラブ』(1985年)のモリー・リングウォルド。「ゴダールの再来」と言われた『汚れた血』(1986年)の監督レオス・カラックスと助演女優ジュリー・デルピーが恋人役で出演した。デルピーは『ゴダールの探偵』(1985年)で見出された女優であった。

ウディ・アレンが出演しているが、ゴダールがニューヨークまで出張し、彼に出演交渉した様子をビデオに収めた作品が『ウディ・アレン会見』(1986年)である。またゴダールの短篇『フレディ・ビュアシュへの手紙』(1981年)で名が知れてしまったローザンヌのシネマテーク・スイス館長フレディ・ビュアシュが出演している。記者を演じるミシェル・ペタンはのちに映画プロデューサーとなって『TAXi』(1998年)や『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』(2003年)をヒットさせる女性であり、スザンヌ・ランザは当時の超美形ファッションモデルであった。

ソフィ・マンティニューとカロリーヌ・シャンプティエのふたりは、どちらも当時まだ30歳前後の若手女性撮影監督。マンティニューはエリック・ロメール監督の『緑の光線』(1986年)でデビューしたばかりの当時まだ26歳、シャンプティエはジャン・ユスターシュ監督の短篇『アリックスの写真』(1980年)、シャンタル・アケルマン監督の『一晩中』(1982年)、ジャック・リヴェット監督の『北の橋』(1981年)、ゴダールの製作会社JLGフィルム社が製作したアンヌ=マリー・ミエヴィル監督の『マリアの本』(1984年)と立て続けに撮っていた当時32歳であった。

本作は興行的には失敗し、当時の米国内収入ですらたった6万2000ドルであった。キャノン・グループはその2年後には倒産してしまう。日本ではワーナーからレンタル用のVHSが発売され、1998年には劇場公開もされた。フランスで公開されたのは今世紀に入ってからである。ゴダールを偏愛するクエンティン・タランティーノは、無名時代、本作に端役で出演したと嘘の経歴を書いていた。

ゴダールとゴーラン[編集]

本企画のゴーランとグローバスからのゴダールへの発注は、カンヌ国際映画祭での席のナプキンに書かれたとされる[1]。しかし、確かにゴーラン=グローバスは、1986年第39回カンヌ国際映画祭ロバート・アルトマン監督の『フール・フォア・ラブ』とアンドレイ・コンチャロフスキー監督の『暴走機関車』の2本をコンペティション部門に叩き込むという快挙を成しているが、ゴダールは作品を出品していない。前年1985年第38回カンヌ国際映画祭にゴダールは『ゴダールの探偵』を出品しており、このときの話であろうと推測される。

1970年代にイスラエルで『グローイング・アップ』(1978年)シリーズを製作して世界的にヒット、ローバジェット作品を量産していたゴーラン=グローバスの従兄弟同士のコンビがハリウッドに進出したのは1979年、奇しくもゴダール=ミエヴィルがフランス・グルノーブルからスイス・レマン湖畔のロールに拠点を移したのとおなじ年であった。ゴーランは1929年生まれでゴダールの1歳上、グローバスは1941年生まれでミエヴィルの4歳上、ゴダールが1972年までコンビを組んでいたジガ・ヴェルトフ集団ジャン=ピエール・ゴランの2歳上であった。

あらすじ[編集]

この映画の監督ゴダール本人が語り始めるところによれば、あのキャノン・フィルムのユダヤ人ゴーランからシェークスピアの『リア王』を映画化しろという依頼を受けたという。脚本はあの大作家ノーマン・メイラー(本人)なのだが、この仕事を降りてしまう。なんとかしてつくらなければならない。

レマン湖畔の町ニヨンに現れたウィリアム・シェークスピア五世(ピーター・セラーズ)、彼は、プラッギーと呼ばれる教授(ジャン=リュック・ゴダール)にとある魔術を聴き出すためにこの町を訪れたのだが、ホテルで食事をしていると、マフィアのボスドン・レアーロ(バージェス・メレディス)とその娘コーディリア(モリー・リングウォルド)の話が聴こえてきてしまう。その内容はまるで祖先シェークスピア・シニアの『リア王』そのままの出来過ぎた話だったわけだが、彼は17世紀の物語を現代に焼き直すことを着想する。

シェークスピア五世は教授の助手エドガー(レオス・カラックス)に出逢う。教授はマッド・サイエンティストのような風貌でなにやらおかしなことを言っている。教授は物語をつくりだす魔術の研究をしているうちに、「映画」を発明してしまった。復活祭の日、教授は映画のプリントの入ったフィルム缶をひとつ遺して死んでしまう。「シェークスピアはモンタージュの芸術だ」。シェークスピア五世がその謎を解いてもらうべく、編集技師エイリアン氏(ウディ・アレン)の仕事場に届ける。『リア王』のストーリー通りコーディリアは死に、シェークスピア五世は彼女の白馬が駆けていく姿をその映像のなかに観る。

キャスト[編集]

[編集]

  1. ^ IMDbのKing Lear(1987) - triviaでの記述による。