ゴッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゴッズ
The Gods
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル プログレッシブ・ロックサイケデリック・ロック
活動期間 1965年 - 1969年
レーベル EMIポリドール・レコード
共同作業者 ジェスロ・タル
ビージーズ
ローリング・ストーンズ
キング・クリムゾン
ユーライア・ヒープ

ゴッズ (The Gods) は、1965年に結成された英国のグループである。オリジナルのバンド・メンバーには、ミック・テイラー(後にジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズローリング・ストーンズ)、ブライアン・グラスコック、弟のジョン(後にジェスロ・タル)、キーボード奏者のケン・ヘンズレー(後にユーライア・ヒープ)とジョー・コーナスが含まれた。リー・カースレイク(ドラム)は1967年に参加し、後にユーライア・ヒープでも演奏した。グレッグ・レイク(後にキング・クリムゾンエマーソン・レイク・アンド・パーマー)は1967年に加入し、約1年後にバンドを脱退した。

略歴[編集]

ミック・テイラー、ブライアン・グラスコック、ジョン・グラスコックはハットフィールドの学友であり、1962年に結成された「The Juniors(またはThe Strangers)」として一緒に演奏していた。最終的に彼らはEMI / コロムビア・レコードと契約した。彼らの最初の7インチ・シングル(Columbia DB7339)は1964年に登場した(「There's a Pretty Girl / Pocket Size」)。1965年には、ラインナップが変わった。ミック・テイラーはギターを弾き続け、ケン・ヘンズレー(オルガン、ボーカル)と組むこととなった。彼らはまた、ジョー・コーナス(ギター、ボーカル)をメンバーに追加し、名前をゴッズに変更した。

1966年、ゴッズはロンドンのウェンブリーにあるスターライト・ボールルームでクリームのためのオープニング・アクトを担当した。シングル(「Come On Down To My Boat Baby / Garage Man」)は、1967年初頭にポリドール・レコードで録音された。この時点で、ラインナップは、ミック・テイラー、ケン・ヘンズレー、ジョン・グラスコック、ジョー・コーナスとなっていた。

1967年5月、ミック・テイラーはピーター・グリーンに代わる新しいギタリストを探していたジョン・メイオールから電話を受けた。テイラーはブルースブレイカーズに加わり、不安定なブルース・バンドが残されることになった。バンドはクラブや大学をライブして回り、彼らの運命を復活させようとした。彼らはロンドンに移り、マーキー・クラブに根城を確保した。ジョン・グラスコック(ベース)が1967年6月にポール・ニュートンへ、そしてグレッグ・レイクへと交代した。しかし、レイクはサポート役にしてはあまりにも才能があり過ぎたため、すぐ1968年夏にキング・クリムゾンへ参加するために脱退した。バンドは再びグループをまとめなければならなくなり、ジョン・グラスコックが戻ってくるように頼まれた。

ジョン・グラスコックが戻ったところで、彼らはいくつかのプログレッシブ・ロック・アルバムと数枚のシングルをレコーディングした。彼らのシングルのうち、ビートルズの「ヘイ・ブルドッグ」のカバーは彼らの最も有名な曲であり、コンピレーション・アルバム『The Great British Psychedelic Trip Vol. 3』に収録されている。バンドはサイケデリックとプログレッシブな音楽の融合を果たした。1968年のアルバム『ジェネシス』の「Towards The Skies」や「Time And Eternity」といった収録曲には、重く引きずるようなハモンドオルガンと歪んだギターリフが含まれており、ケン・ヘンズレーのユニークでかなりドラマチックなボーカルがさらなる次元を加えている。

ゴッズのほとんどの素材は、1960年代後半の典型的なポップ/ロックであり、「Radio Show」や「Yes I Cry」などの曲に代表されている。『ウエスト・サイド物語』からの楽曲「Maria」のカバーには、ヴァニラ・ファッジの色合いがある。「Candlelight」「Real Love Guaranteed」のような数曲には、ヘンズレーとカースレイクが次のバンドであるユーライア・ヒープで広めるより重い音の暗示がある。

ゴッズはロンドンのマーキー・クラブにおけるローリング・ストーンズの後継者であった。

『ジェネシス』(1968年)と『トゥ・サミュエル・ア・サン』(1969年)という2枚のアルバムを録音した後、彼らは新しいレコード会社と契約し、レベル・ラウザーズの歌手であるクリフ・ベネットを採用し、トー・ファット (Toe Fat)を結成した。1970年、彼らは変名であるHead Machineの名義で、キーボード、ギター、ボーカルにケン・ヘンズレー、ベースにジョン・グラスコック、ギターにジョー・コーナス、ドラムにリー・カースレイクによる『Orgasm』というタイトルのアルバムを発表した。

メンバー[編集]

  • ケン・ヘンズレー (Ken Hensley) - オルガン、ギター、ボーカル (1965年-1969年) ※後にユーライア・ヒープブラックフット
  • ジョー・コーナス (Joe Konas) - ギター、ボーカル (1965年-1969年)
  • ジョン・グラスコック (John Glascock) - ベース (1965年-1967年、1968年-1969年) ※1979年死去、後にカルメン、ジェスロ・タル
  • ミック・テイラー (Mick Taylor) - ギター (1965年-1967年)
  • ブライアン・グラスコック (Brian Glascock) - ドラム (1965年-1967年)
  • リー・カースレイク (Lee Kerslake) - ドラム (1967年-1969年) ※後にユーライア・ヒープ、オジー・オズボーンバンド
  • ポール・ニュートン (Paul Newton) - ベース (1967年) ※後にユーライア・ヒープ
  • グレッグ・レイク (Greg Lake) - ベース (1967年-1968年) ※2016年死去
  • アラン・シャクロック (Alan Shacklock) - ギター (1969年)
  • クリフ・ベネット (Cliff Bennett) - ボーカル (1969年)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『ジェネシス』 - Genesis (1968年、Columbia)
  • 『トゥ・サミュエル・ア・サン』 - To Samuel a Son (1969年、Columbia)
  • Orgasm (1970年、Major Minor) ※Head Machine名義[1]

シングル[編集]

  • "Come On Down to My Boat Baby" / "Garage Man" (1967年、Polydor 56168)
  • "Baby's Rich" / "Somewhere in the Street" (1968年、Columbia DB 8486)
  • 「ヘイ・ブルドッグ」 - "Hey Bulldog" / "Real Love Guaranteed" (1969年、Columbia DB 8544)
  • "Maria" (from West Side Story) / "Long Time Sad Time Bad Time" (1969年、Columbia DB 8572)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]