ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
メルセデス・ベンツ・アレーナ
Mercedes-Benz Arena
Gottlieb-daimler-stadion.jpg
施設情報
所在地 ドイツシュトゥットガルト
位置 座標: 北緯48度47分32.17秒 東経9度13分55.31秒 / 北緯48.7922694度 東経9.2320306度 / 48.7922694; 9.2320306
開場 1933年
拡張 2009年-2011年
所有者 Stadion NeckarPark GmbH & Co.KG
(Stadion KG)
グラウンド 天然芝
建設費 6350万 (2009-11 renovated)[1]
5800万 (2006 renovated)[2]
520万 (2001)[3]
設計者 'asp' architekten Stuttgart
(2006, 2009-11)
旧称
ネッカーシュタディオン
ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオン
使用チーム、大会
VfBシュトゥットガルト
1974 FIFAワールドカップ
UEFA欧州選手権1988
2006 FIFAワールドカップ
収容能力
54,267人
表示

メルセデス=ベンツ・アレーナMercedes-Benz Arena)は、ドイツシュトゥットガルトにあるスタジアム。

概要

1933年に完成。1950年には西ドイツ第二次世界大戦後初の国際試合(スイス戦)の会場にもなった。収容人数は54,267人。旧名称はシュトゥットガルトに本社を置く自動車メーカーダイムラーの創始者ゴットリープ・ダイムラーに因むが、2008年にそのダイムラーが命名権を取得したことで同社のブランドであるメルセデス・ベンツの名が冠せられた[4]

地元のサッカークラブ・VfBシュトゥットガルトがホームグラウンドとしている他、1974年西ドイツW杯など幾多の国際試合の会場として使用された。2006年ドイツW杯でもオランダコートジボワールクロアチアオーストラリアスペインチュニジア、3位決定戦ドイツポルトガルなど5試合の開催が行われた。

2009年夏より、サッカー専用スタジアムとしての改修工事を開始。同時に41,000人から60,000人へと収容人数も大幅に増える予定で、2011年の完成を予定している。

脚注

[ヘルプ]
先代:
国立競技場
日本の旗 日本東京
世界陸上競技選手権大会
会場

1993年
次代:
ウッレヴィ
スウェーデンの旗 スウェーデンイェーテボリ
ブンデスリーガ スタジアム 2011-12

アリアンツ・アレーナ | AWDアレーナ | バーデノーヴァ・シュタディオン | バイ・アレーナ | ボルシア・パルク | ベルリン・オリンピアシュタディオン | コファス・アレーナ | イージークレジット・シュタディオン | フリッツ・ヴァルター・シュタディオン | メルセデス・ベンツ・アレーナ | アイエムテック・アレーナ | ラインエネルギーシュタディオン | ライン・ネッカー・アレーナ | SGLアレーナ | ズィグナル・イドゥナ・パルク | ヴェルティンス・アレーナ | フォルクスワーゲン・アレーナ | ヴェーザーシュタディオン

今日は何の日(10月15日

もっと見る