ゴビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ゴビット
全国
クリムガン - ゴビット(#622) - ゴルーグ
イッシュ
クリムガン - ゴビット(#128) - ゴルーグ
基礎データ
英語名 Golett
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 ゴルーグ
世代 第5世代
ポケモン学
分類 ゴーレムポケモン
タイプ じめん / ゴースト
高さ 1.0m
重さ 92.0kg
特性 てつのこぶし / ぶきよう
かくれ特性 ノーガード
テンプレートを表示

ゴビットは、ポケットモンスターシリーズに登場する654種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴

分類のようにゴーレムのポケモンで、全身が岩や土のような緑青色をした鉱物質の素材でできたロボットや人形のような姿をしている。身体の構成は、円形をした胴体から頭・腕・脚が直接生えている。バニプッチバルチャイと同じく、3Dグラフィックデザイナーのジェイミー(ジェイムス・ターナー)がデザインを手掛けた[1]

高度な科学力を持つ超古代文明が生み出した人工のポケモンだと言われており、体内で何かのエネルギーを燃焼させて動力としているようだが、それが何なのかは全く解明できていない。

なお、英語版の分類名は「ゴーレム」ではなく「オートマトンポケモン(Automaton Pokémon)」となっている。

ゲームでのゴビット

ブラック・ホワイト』から登場。野生のものが「リュウラセンの塔」で出現する。性別不明のポケモンで、メタモンと預けないとタマゴが発見されない。レベル43でゴルーグに進化する。

能力値は「こうげき」に優れており、防御能力も高めだが、「とくこう」と「すばやさ」は低い。

特性はパンチ攻撃の威力を上昇させる「てつのこぶし」か、所持したアイテムの効果が発動しなくなるデメリット効果の「ぶきよう」の2種類。特性に合わせて、レベルアップで「メガトンパンチ」や「シャドーパンチ」といったパンチに関する技を覚える。

アニメでのゴビット

ベストウイッシュ』第38話から登場。ゲストキャラ、ルークの手持ちポケモンの一匹。使用技は「シャドーボール」、「シャドーパンチ」、「メガトンパンチ」、「かげぶんしん」、「ジャイロボール」。

出典

[ヘルプ]
  1. ^ ゲームフリークスタッフボイス (2010年10月22日). 「ポケットモンスターブラック・ホワイト」のつくりかた 4 (日本語). 2010年10月23日閲覧。

関連項目