ゴメス (ウルトラ怪獣)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウルトラQの登場怪獣 > ゴメス (ウルトラ怪獣)

ゴメスは、特撮テレビ番組ウルトラQ』をはじめとする「ウルトラシリーズ」に登場する怪獣。別名は古代怪獣。英字表記はGOMESS[1][2][3][注釈 1]

『ウルトラQ』に登場するゴメス[編集]

第1話「ゴメスを倒せ!」に登場。

学名はゴメテウス(GOMETIUS[11][8][4])。東海弾丸道路・第三工区の地底から出現する。新生代第三紀頃に生息していた原始哺乳類で、肉食性の獰猛な動物。哺乳類だが、劇中では変温動物であると説明されている。発達した前腕で地中を掘り進み[7]、鋭い爪を武器とする[5][1][9][2][3][10]。第三工区の北トンネル工事現場でリトラと対決し、尾を叩きつけたり牙で噛みついたりと獰猛な戦い方で一時は善戦するが、嘴で右目を突かれて形勢が逆転し、最後はリトラのシトロネラアシッドに敗れ絶命する。

  • スーツアクターは中島春雄[8][4]
  • デザインは東宝特殊美術課の井上泰幸[4]。準備稿と決定稿の冒頭には「哺乳類、胎生、肉食。姿形稍アザラシ状。前後肢に稍退化せるも水かき、特に前肢が極端に発達し、鋭い爪を持ち、上顎より牙が生えている」との記述があり、四足歩行の怪獣と想定されていた[4]
  • 着ぐるみは1964年公開の東宝映画『モスラ対ゴジラ』で制作されたゴジラを流用[11][4]。当初は、『妖星ゴラス』に登場するマグマの着ぐるみが使用される予定だった[12]。『三大怪獣 地球最大の決戦』の撮影終了後に村瀬継蔵によって改造され、円谷特技プロに貸し出された。ゴジラの胴体にサラシを巻き、その上に甲羅や鱗を盛って口の付近に髭をつけるという改造について、特美課の造形スタッフだった開米栄三は「この手法は戻すのも簡単」と述べている[13]
    • 撮影終了後、ゴメスは返却先の東宝特美課にて『怪獣大戦争』で制作された「大戦争ゴジラ」の頭を挿げ替え、同年5月に上野赤札堂デパートで開催された「怪獣展」に展示された。その後、この「三大怪獣ゴジラの胴体」と「大戦争ゴジラの頭」を接合したゴジラは再び円谷特技プロに貸し出され、開米ら東宝特技課によってジラースに改造された。さらに、このゴジラは再返却先の東宝特美課にて『三大怪獣地球最大の決戦』時の状態に戻された後、7月から『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』でのプール撮影に使用された。
  • 後頭部には前方へ向かって弧を描くように曲がった一本角がついている。
  • 鳴き声は動物園の動物の声を録音して使用したもの[14]
  • ゴメスは身長10メートルという設定のため、ミニチュアセットは1/5スケールで造られた[4]
  • 第18話「虹の卵」のシナリオ第一稿と第二稿ではゴメスが再登場する予定だったが、撮影時には着ぐるみがすでに東宝でゴジラに戻されていたため、第三稿(決定稿)より新怪獣パゴスに変更された[15][16]
  • 『総天然色ウルトラQ』では、ベースとなったゴジラの黒茶系の色に撮影で用いた砂や赤土がついて黄茶系になると推測したうえ、特撮では巨大なものには青い照明が用いられることから、緑系で着色された[5][3]。また、本放送当時のソノシートや怪獣ノートなども参考にされた[17]。側頭部の突起は、胴体と同じくウレタンで作られているものという推測から、頭頂部の角とは異なる肉襞と解釈された[3]

古代怪獣 ゴメス(S)[編集]

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場するゴメス(S)[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第1話「レイオニクスハンター」、第2話「レイオニクスバトル」に登場。

  • 体長:40メートル[18]
  • 体重:4万トン[18]
  • 出身地:不明[18]

通常のゴメスよりも大型の個体であり、初代と比べて身長・体重が倍増している。ガッツ星人(RB)に操られている。惑星ハマーに迷い込んだレイとヒュウガの乗るゴースタードラゴンの前に出現し、続いて現れたマグラーと死闘を繰り広げる。その後、レイのゴモラと対決するが、戦いの途中で回収されて姿を消す。

第2話で再び送り込まれてゴモラと戦い、一時は善戦するもリトラの火球を2発受けて形勢が逆転し、最後は零距離超振動波(ゼロシュート)に敗れる。

  • 名前につく「S」はSpecial(スペシャル)を意味する[注釈 3]
  • スーツアクター:寺井大介
  • 着ぐるみは新造。
  • 『Q』以来42年ぶりの映像出演であり、カラー映像作品への登場は初めてである[19]
  • オープニングではアーストロンと対決している。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するゴメス(S)[編集]

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ウルトラマンベリアルギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から復活し、ベリアルが操る怪獣軍団の1体として、他の怪獣軍団と共にウルトラ戦士たちやレイの怪獣たちに襲いかかる[20]バルタン星人ゼットンなどと共に初代ウルトラマンを襲うが、最後はベリアルのギガバトルナイザーによる攻撃の巻き添えになって爆散する。

また、初代ゴメスが百体怪獣ベリュドラの首を構成する怪獣の1体となっている[21]

『ウルトラマンサーガ』に登場するゴメス(S)[編集]

映画『ウルトラマンサーガ』に登場。

バット星人怪獣墓場から連れて来られた個体[22]グビラと共にバット星人に操られて出現し、ウルトラマンコスモスウルトラマンゼロ(不完全な変身状態にあるため、約5メートル程度)と戦う。最終的にはコスモスに鎮められたが、それを良しとしないバット星人に処刑される。

  • 地中から現れるシーンは『モスラ対ゴジラ』でゴジラが倉田浜干拓地から出現するシーンへのオマージュであり、これは元々ゴメスがゴジラの着ぐるみの改造であることを意識した演出である[24]

『ウルトラマンX』に登場するゴメス(S)[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラマンX』第15話「戦士の背中」に登場。

市街地に現れてジオバズーカやウルトライザーによる攻撃にも怯まずに暴れ続け、その屈強な身体や怪力でウルトラマンエックスとも互角以上の戦いを繰り広げ、接近戦では勝ち目がないとまで言わしめる。地中へ一旦撤退した後、ダークサンダーエナジーを浴びて強化されたことにより再び地上に出現すると、口から放つ火炎状の攻撃や全身から放つ衝撃波状の攻撃も用いてエックスを圧倒し、神木の操るサイバーゴモラとエクシードXの連携攻撃にも退かない強さを見せつけるが、最後はエクシードエクスラッシュでダークサンダーエナジーを浄化され、サイバーゴモラのサイバー超振動波とエックスのザナディウム光線を立て続けに受け、スパークドールズへ戻される。

  • スーツアクター:新井宏幸
  • 第15話を監督した田口清隆は、初代ゴメスのスーツの改造元であるゴジラのような強敵として描いたと述べている[27]
  • 脚本では世界中を移動しているという展開であったが、ゴメスでは海溝を潜れないだろうという意見を汲み、日本国内に留まった[28]

『ウルトラマンオーブ』に登場するゴメス(S)[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラマンオーブ』第24話「逆襲の超大魔王獣」に登場。

  • 身長:40メートル[29]
  • 体重:4万トン[29]

テレスドンデマーガと共に夕暮れの繁華街に出現。ハリケーンスラッシュ形態で現れたウルトラマンオーブと一戦も交えることなく、他の2体と共に突如倒れて死亡する。

  • スーツアクター:稲庭渉[30]
  • このシーンの登場怪獣は、第24話監督の田口清隆が前作『ウルトラマンX』で担当した回の登場怪獣から選ばれた[31]

『ウルトラマンR/B』に登場するゴメス(S)[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラマンR/B』第10話「湊家の休日」に登場。

愛染マコトによって召喚された個体が、冒頭でウルトラマンロッソやウルトラマンブルと交戦。2人を苦戦させるが、最後はブルグランドのアースブリンガーとロッソウインドのスペリオン光線を連続で受け、倒される。

その他の作品に登場するゴメス[編集]

  • 『大怪獣バトル』のNEO5弾にゴメス(S)が技カードとして登場。スキルは「原初のチカラ」で、効果は「必殺技パワーが1減る代わりに、レイオニクスパワーが4増える」。
  • 2011年4月14日に開かれた『ウルトラQ』のカラー化記念イベントには、同作を代表する怪獣としてカネゴンと共に出席した。着ぐるみは、『NEO』の物をウルトラQ着色委員会メンバーの品田冬樹が今回に合わせて改修・再塗装したもので、原色に近い配色になっている[34]。また、『総天然色ウルトラQ』発売記念ムービー『ウルトラQファイト』では、ソフビ人形を見ていたところを邪魔に入ったガラモンと喧嘩になり、一旦はボディ・プレスを決めたもののガラモンの小回り攻撃に翻弄され、意識が朦朧となって倒される。
  • ウルトラゾーン』第12話のアイキャッチでは、トラックに乗ったリトラを追いかける姿が描かれた[35]
  • ウルトラマンギンガ』では、「ダークスパークウォーズ」に参戦しており、その際に異形の手のモノによってスパークドールズへ変えられた。
  • 『ウルトラマンF』では、インペイシャントによってサイボーグとして再現されたレプリカゴメスが登場する。
  • ライフステージ
    • 『ウルトラライブステージ2000』では、冒頭に出現してザラブ星人の放ったニセウルトラセブンに倒される。
    • 『ウルトラマンフェスティバル2004ライブステージ』第2部「N〜もう一つの光〜」では、ダークザギドラコゴルザザムリベンジャーと共に召還され、ドラコと共にゾフィー、初代ウルトラマン、ネオスと戦う。
    • 『ウルトラマンライブステージ2〜宇宙恐竜最強進化〜』では、クローンゼットンを使って地球侵略を企むレギュラン星人に操られて出現し、ウルトラマンガイアと戦う。
    • 『ウルトラマンフェスティバル2010』では、ウルトラマンベリアルの手下としてアリンドウと共にウルトラマンゼロと戦う。
    • 『ウルトラQファイト』では、円谷プロダクションにてペギラ・ゴメス・ガラモンのソフビ人形で遊んでいたところをガラモンに発見され、見せまいとするうちにガラモンの攻撃を受けて怒り狂い、ファイトを開始する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『キャラクター大全 総天然色ウルトラQ 上巻』ではGOMEZと表記している[4]
  2. ^ 資料によっては「奥多摩」[1]、「奥多摩・東海弾丸道路第3工区」[7][9][2]と記述している。
  3. ^ 『週刊ウルトラマンオフィシャルデータファイル』でのフログロス(B)の名前と共に解説されている[要文献特定詳細情報]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 白書 1982, p. 21, 「ウルトラQ怪獣リスト」
  2. ^ a b c d e 画報 上巻 2002, pp. 17-26
  3. ^ a b c d e f 総天然色ウルトラQ公式ガイドブック 2012, pp. 1-59, 「総天然色ウルトラQ怪獣図鑑」
  4. ^ a b c d e f g h i キャラクター大全 上巻 2011, pp. 12-19, 「第1話 ゴメスを倒せ!」
  5. ^ a b c d e BDBOX I 2011, pp. 4-16, 「怪獣図鑑」
  6. ^ BDBOX II 2012, pp. 2-15, 「怪獣図鑑」
  7. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1984, pp. 115-119, 「ウルトラQ 全怪獣」
  8. ^ a b c d e ベストブック 1993, pp. 29-46, 「CHAPTER 1 アンバランス・ゾーンの人々」
  9. ^ a b c d 大辞典 2001, pp. 127-140, 「こ」
  10. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, pp. 6-11, 「ウルトラQ」
  11. ^ a b グラフィティ 1983, 「Part.2 S39・12月 - S40・3月作品」
  12. ^ 画報 上巻 2002, p. 85, 「怪獣因果関係」.
  13. ^ 『大ゴジラ図鑑』(ホビージャパン)44頁。
  14. ^ ケイブンシャ『ウルトラマン特撮の秘密百科』124頁
  15. ^ ウルトラQ伝説 1998, p. 76.
  16. ^ 白石雅彦 2016, pp. 177-285, 「第三部 大怪獣日本を蹂躙す」
  17. ^ 総天然色ウルトラQ公式ガイドブック 2012, pp. 62-66, 「着色資料集」
  18. ^ a b c ウルトラギャラクシーNEO公式サイト, 登場怪獣 古代怪獣ゴメス(S)
  19. ^ ウルトラギャラクシーNEO公式サイト, ストーリー #1「レイオニクスハンター」.
  20. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 55.
  21. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, pp. 78-81, 「百体怪獣ベリュドラ完全攻略」
  22. ^ a b c サーガ超全集 2012, pp. 50-51
  23. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 376.
  24. ^ 『ウルトラマンサーガ』劇場版パンフレットより。
  25. ^ a b ヒーロー&怪獣 ウルトラマンX(エックス)公式サイト”. 2017年3月9日閲覧。
  26. ^ a b X超全集 2016, pp. 38-45, 「ウルトラマンX怪獣大図鑑」
  27. ^ 「[インタビュー]田口清隆」『宇宙船』VOLUME 150(2015 autumn)、ホビージャパン、2015年10月1日、 pp.102-103、 ISBN 978-4-7986-1099-3。
  28. ^ ウルトラマンX BDBOX II 2016, 「EPISODE GUIDE 第15話」.
  29. ^ a b オーブ完全超全集 2017, p. 63, 「ウルトラマンオーブ怪獣大図鑑」
  30. ^ キャラクターランドSP 2017, p. 55, 「『ウルトラマンオーブ』スーツアクターヒーローズリスト」.
  31. ^ キャラクターランドSP 2017, pp. 44-47, 「田口清隆監督インタビュー」.
  32. ^ a b 宇宙人・怪獣 ウルトラマンR/B公式サイト”. 2018年9月8日閲覧。
  33. ^ a b R/B超全集 2019, p. 45, 「怪獣大図鑑」
  34. ^ 特撮ニュータイプ』2011年6月号より。[要ページ番号]
  35. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 71, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション5」

参考文献[編集]

  • 公式サイト
  • ファンタスティックコレクション朝日ソノラマ
    • 『不滅のヒーローウルトラマン白書』朝日ソノラマ〈ファンタスティック・コレクション・スペシャル〉、1982年12月31日、初版。雑誌コード:67897-80。
    • 『ウルトラQグラフィティ』朝日ソノラマ〈ファンタスティックコレクションNo.33〉、1983年12月30日。雑誌コード:67897-33。
  • てれびくんデラックス愛蔵版(小学館
    • 『ウルトラ怪獣大全集』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1984年9月10日。ISBN 4-09-101411-9。
    • 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE 超全集』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、2009年12月23日。ISBN 978-4-09-105129-5。
    • ウルトラマンサーガ超全集』構成 間宮尚彦・乗浜彩乃、小学館〈てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2012年4月23日。ISBN 978-4-09-105137-0。
    • ウルトラマンX超全集』構成・間宮尚彦 執筆・大石真司、小学館〈てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2016年3月16日。ISBN 978-4-09-105153-0。
    • ウルトラマンオーブ完全超全集』構成・間宮尚彦 執筆・大石真司、小学館〈てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2017年6月6日。ISBN 978-4-09-105158-5。
    • 『ウルトラマンR/B超全集』構成・間宮尚彦 執筆・大石真司、小学館てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2019年3月13日。ISBN 978-4-09-105164-6。
  • 『ウルトラマン ベストブック』竹書房、1993年9月5日。ISBN 4-88475-211-2。
  • ヤマダ・マサミ『ウルトラQ伝説』アスペクト、1998年。ISBN 978-4757200524。
  • 『ウルトラマン大辞典』監修 円谷プロダクション、中経出版、2001年12月21日。ISBN 4-8061-1556-8。
  • 『ウルトラマン画報 光の戦士三十五年の歩み』上巻、竹書房/ブレインナビ編、竹書房、2002年10月4日。ISBN 978-4-8124-0888-9。
  • 『総天然色 ウルトラQ』上巻、講談社〈キャラクター大全〉、2011年7月27日。ISBN 978-4-06-216992-9。
  • 『総天然色ウルトラQ公式ガイドブック』角川書店、2012年。ISBN 978-4048547154。
  • ウルトラゾーンオフィシャル完全ガイド』監修 円谷プロダクション扶桑社、2012年8月11日。ISBN 978-4-594-06640-6。
  • 大石真司、江口水基・島崎淳・間宮尚彦『円谷プロ全怪獣図鑑』円谷プロダクション監修、小学館、2013年3月11日。ISBN 9784096820742。
  • 白石雅彦『「ウルトラQ」の誕生』双葉社、2016年1月24日。ISBN 978-4-575-30988-1。
  • 『キャラクターランドSPECIAL ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』徳間書店〈HYPER MOOK〉、2017年2月5日。ISBN 978-4-19-730144-7。
  • 映像ソフト解説書
    • Blu-ray/DVD『総天然色ウルトラQ Blu-ray BOX I(DVD BOX I)』(バンダイビジュアル BCXS-0324/BCBS-4131)封入 「一の谷研究所研究論文 I」
    • Blu-ray/DVD『総天然色ウルトラQ Blu-ray BOX II(DVD BOX II)』(バンダイビジュアル BCXS-0325/BCBS-4132)封入 「一の谷研究所研究論文 II」
    • Blu-ray『ウルトラマンX Blu-ray BOX II』(バンダイビジュアル BCXS-1027)封入「SPECIAL NOTES」(構成・執筆:ガイガン山崎、島崎淳)