ゴロド (行政区画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゴロド / ホラドロシア語: Город / ベラルーシ語: Горад)とは、ロシアならびにベラルーシ行政区画名の1種である。英語のcity、ドイツ語のstadtなどに対応し[1]、日本語では「市」と訳される[注 1]

歴史的には、ゴロドとは土塁や防御壁を有する居住地を指した[3]。現ロシアの場合、ゴロドは、ライヨン(地区)を構成する行政区画の1種である。ラヨンはさらに広域な行政区であるオーブラスチ(州。アムール州等)、クライ(地方ハバロフスク地方等)、レスプブリカ(共和国タタールスタン共和国等)を構成する。すなわち、「国 - 州など - 地区 - ゴロド」の階層構造をなし、ゴロドは階層的にはセロポショーロク等と同位である。ただし、モスクワ等の連邦市は州と同階層に位置する。

ロシアのゴロドは人口1万2千人以上であることが目安の1つではあるが[4]、この基準は必ずしも厳格ではなく、歴史的要因や人口変動によって、基準を大きく割り込んだものも存在する。例えば、マガス(2017年時点で7818人[5])、ヴェルホヤンスク(2017年時点で1131人[5])、チェカリン(2017年時点で941人[5])等である。

ベラルーシにおいても、行政区分の単位としてホラドが用いられ[注 2]、同じく市と訳される。ベラルーシのホラドの数は2017年の段階で115である[7]。なお、同じ東スラヴ圏のウクライナでは、市にあたる用語はミスト(Місто = misto)であり、これは西スラヴ圏のポーランドのMiasto、チェコのMěsto等に比類する単語・用法である。

脚注[編集]

注釈

  1. ^ なお、単語自体には都市、街などの意味も有する[2]
  2. ^ ベラルーシ語では「Г」は[ɣ](有声軟口蓋摩擦音)の音となる[6]

出典

  1. ^ ГОРОД // Энциклопедия социологии
  2. ^ 井桁貞義編 『コンサイス露和辞典』 三省堂、2009年。P170
  3. ^ ГОРОД // Толковый словарь Ожегова
  4. ^ ГОРОД // Финансовый словарь
  5. ^ a b c Численность населения Российской Федерации по муниципальным образованиям на 1 января 2017 года
  6. ^ 黒田龍之助『ベラルーシ語基礎1500語』大学書林、1998年。P67
  7. ^ Административно-территориальное деление Республики Беларусь на 1 января 2013 года // Демографический ежегодник Республики Беларусь 2013 / Зинковский В.И. и др.. — Мн.: Национальный статистический комитет Республики Беларусь, 2013. — С. 17.

関連項目[編集]