ヴァシーリー・ゴロヴニーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴァシーリイ・ゴロヴニーン
Василий Михайлович Головнин, Vasilii Mikhailovich Golovnin
GolovninB&W.jpg
ゴロヴニーンの肖像
生誕 1776年4月19日
死没 1831年7月11日
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

ヴァシーリー・ミハーイロヴィチ・ゴロヴニーンВасилий Михайлович Головнин、 ヴァシリイ・ミハイロヴィッチ・ゴロヴニン(Vasilii Mikhailovich Golovnin)、1776年4月19日ユリウス暦4月8日) - 1831年7月11日(ユリウス暦6月29日))はロシア帝国ロマノフ朝)の海軍軍人、探検家、学者。ゴロヴニン、ゴローヴニン、ゴロブニン、ゴローブニン、あるいはワシーリー・ゴローニン、ゴロウニン、ゴローウニン[1]などの表記があり表記揺れが激しい。最も一般的なゴローニンは「ゴロヴニン」の「ヴ」の濁点が欠落し「ゴロウニン」と表記されたことによる。

人物・来歴[編集]

1807年から1809年にかけディアナ号で世界一周航海に出て、クリル諸島の測量を行なう。1811年、軍により千島列島の測量を命じられ、自らが艦長を務めるディアナ号で択捉島国後島を訪れる。しかし国後島にて幕府役人調役奈佐瀬左衛門に捕縛され、箱館で幽閉される。ゴロヴニーンは幽閉中に間宮林蔵に会見し、村上貞助や上原熊次郎にロシア語を教えたりもした。

1813年、ディアナ号副艦長ピョートル・リコルドロシア語版の尽力により、ロシア側が捕らえた高田屋嘉兵衛らの日本人を解放するのと引き換えにゴロヴニーンは解放された(ゴローニン事件)。帰国後の1816年に日本での幽閉生活を『日本幽囚記』という本にまとめ、この本は欧州広範囲で読まれた。1825年には日本でもオランダ本から訳された「遭厄日本紀」が出版された。同書は、ニコライ・カサートキンが日本への正教伝道を決意するきっかけとなったことでも知られる。1817年から1819年にかけてカムチャツカ号で再度世界一周航海に出た。

1823年、海軍主計総監に任命され海軍中将に就任。ロシア初の蒸気船を含む200以上の船舶を造った。また、フェルディナント・フォン・ウランゲルをはじめとする数々のロシア人探検家たちの良き指導者でもあった。

1831年、コレラで死去。55歳没。

著書(日本語訳)[編集]

  • 『日本俘虜実記』 徳力真太郎訳、講談社学術文庫(上下)、1984 
  • 『ロシア士官の見た徳川日本 続・日本俘虜実記』 徳力真太郎訳、講談社学術文庫、1985
  • 南千島探検始末記』 徳力真太郎訳、同時代社、1994。ゴローニン事件までの記録・初訳。表記はワシリー・ゴロウニン
  • 『日本幽囚記』井上満訳、岩波文庫(全3巻)、1943-1948、度々復刊 
  • 『遭厄日本紀事』 馬場佐十郎・杉田立卿・青地林宗高橋景保校、文政8年(1825)
  • 『北方未公開古文書集成 第6巻』 叢文社、1979
  • 『露人兀老尹就囚紀事 文化年間』参謀本部海軍部編纂課訳:参謀本部海軍部、1888
    上巻が近代デジタルライブラリーにある。
  • 『露艦「ヂアーナ」号艦長ガローウニン日本幽囚実記』大日本帝国海軍軍令部第二局訳、海軍文庫・共益商社、1894
    聚芳閣版(1926年)が近代デジタルライブラリーにある。
  • 『太平洋周航記』丸山政男大竹博吉訳、羽田書店、1943
  • 『幕末日本見聞録』大塚博人訳、大観堂、1943 
  • 『日本幽囚記』斉藤智之訳 私家版、2006

ゴロヴニーンを描いた作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山川出版社「詳説 日本史B」

関連項目[編集]