ゴンドワナティタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゴンドワナティタン(Gondwanatitan、学名: Gondwanatitan faustoi)は竜脚下目ティタノサウルス類恐竜である。現在のブラジルで発見されており、白亜紀後期(およそ7000万年前)の超大陸ゴンドワナ大陸の一部に暮らしていたと考えられている。他の竜脚下目と同様にゴンドワナティタンも巨大で、草や木の葉などを食べていたと考えられる。アエオロサウルスが最も近縁な種である。

模式種Gondwanatitan faustoiで1999年にアレクサンダー・ケルナー、デ・アゼヴェド(de Azevedo)により記載された。

名称[編集]

ゴンドワナティタンとはゴンドワナ大陸タイタンの意である。本属の生息域である南アメリカはかつてこの超大陸の一部であったと考えられている。またタイタンはギリシャ神話に登場する神に由来する。模式種であり属を構成する唯一の種であるG. faustoiブラジル国立博物館学芸員であり本種の発掘を指揮したファウスト・L・デ・ソウザ・クーニャ(Fausto L. de Souza Cunha)が名祖となっている[1]

形態[編集]

全長7メートルとかなり小型の竜脚類である[2]。四肢の骨は比較的細い[1]。ハート型の尾椎が特徴的で、これにより尾椎しか残っていなくてもアエオロサウルスとの区別は容易である[3]

尾椎中央部の椎体は長く伸びている[4]。ゴンドワナティタンの椎骨には浅いくぼみ状の側窩がある[4]。同様の浅いくぼみ状の側窩はサルタサウルスアラモサウルスマラウィサウルス、アエオロサウルスにもあることが知られている[4]

ゴンドワナティタンの尾椎配列では、中央部の神経棘が前方に屈曲している[4]。このような尾椎は、ケダロサウルスヴェネノサウルス、アエオロサウルスに類似のものが見られる[4]

分類[編集]

ゴンドワナティタンはアエオロサウルス科英語版の系統群に属し[5]、Pitekunsaurus、アエオロサウルス、Overosaurusといった属と近縁である[6]

起源[編集]

模式種であるG. faustoiアダマンティナ・フォーメーション英語版(地層)から見つかっている[1]。その他ゴンドワナティタン属の化石はカンバベ層(Cambabe Formation)からも見つかっている[5]

歴史[編集]

模式種であるG. faustoiは1983年にブラジルサンパウロのヨシトシ・ミゾブチの農場から見つかった[1]。この化石は1984年から1986年にかけて発掘されたが、本格的な調査は1997年まで行われなかった。その後1999年にようやく新種として記載された。2001年にはG. faustoiは一時的にアエオロサウルスに分類されたものの、以降は別の属とみなされている[7][8]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Kellner, Alexander W. A.; de Azevedo, Sergio A. K. (1999). “A new sauropod dinosaur (Titanosauria) from the Late Cretaceous of Brazil”. National Science Museum Monographs 15: 111-142. 
  2. ^ Paul, G. S. (2010). The Princeton Field Guide to Dinosaurs. Princeton University Press. 
  3. ^ Santucci, Rodrigo M.; de Arruda-Campos, Antonio C. (2011). “A new sauropod (Macronaria, Titanosauria) from the Adamantina Formation, Bauru Group, Upper Cretaceous of Brazil and the phylogenetic relationships of Aeolosaurini”. Zootaxa 3085: 1-33. 
  4. ^ a b c d e Tidwell, Virginia; Carpenter, Kenneth; Meyer, S. (2001). “New titanosauriform (Sauropoda) from the Poison Strip Member of the Cedar Mountain Formation (Lower Cretaceous), Utah”. Mesozoic Vertebrate Life. Indiana University Press. pp. 139-165. 
  5. ^ a b Franco-Rosas, Aldirene Costa; Salgado, Leonardo; Rosas, Claudio Fabían; Carvalho, Ismar de Souza (2004). “Nuevos materiales de titanosaurios (Sauropoda) en el Cretácico Superior de Mato Grosso, Brasil”. Revista Brasileira de Paleontologia 7 (3): 329–336. doi:10.4072/rbp.2004.3.04. 
  6. ^ Coria, Rodolfo A.; Filippi, Leonardo S.; Chiappe, Luis M.; García, Rodolfo; Arcucci, Andrea B. (2013). “Overosaurus paradasorum gen. et sp. nov., a new sauropod dinosaur (Titanosauria: Lithostrotia) from the Late Cretaceous of Neuquén, Patagonia, Argentina”. Zootaxa 3683 (4): 357-376. doi:10.11646/zootaxa.3683.4.2. 
  7. ^ Santucci, Rodrigo Miloni; Bertini, Reinaldo José (2001). “Distribução paleogeográfica e biocronológica dos titanossauros (Saurischia, Sauropoda) do Grupo Bauru, Cretáceo Superior do sudeste Brasileiro”. Revista Brasileira de Geociências 31 (3): 307-314. 
  8. ^ Martinelli, A. G.; Riff, D.; Lopes, R. P. (2011). “Discussion about the occurrence of the genus of the genus Aeolosaurus Powell 1987 (Dinosauria, Titanosauria) in the Upper Cretaceous of Brazil”. Gaea 7 (1): 34-40. doi:10.4013/gaea.2011.71.03.