ゴーストタウンの決斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴーストタウンの決斗
The Law and Jake Wade
監督 ジョン・スタージェス
脚本 ウィリアム・バワーズ
原作 マーヴィン・H・アルバート
製作 ウィリアム・ホークス
出演者 ロバート・テイラー
リチャード・ウィドマーク
音楽 フレッド・スタイナー
撮影 ロバート・サーティース
編集 フェリス・ウェブスター
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1958年6月6日
日本の旗 1958年7月15日
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,538,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $2,795,000[1]
配給収入 日本の旗 9797万円[2]
テンプレートを表示

ゴーストタウンの決斗』(原題:The Law and Jake Wade)は、1958年制作のアメリカ合衆国西部劇映画ジョン・スタージェス監督。

OK牧場の決斗』、『ガンヒルの決斗』と共にスタージェス監督の「決斗3部作」と呼ばれている。

あらすじ[編集]

ニューメキシコの保安官をつとめるジェイク・ウェイドは町の人から信頼される優秀な保安官である。美しい婚約者ペギーとも順調で、彼の保安官任官以来、町は平和になっていた。

だがある夜、ジェイクは町を秘かに抜け出した。彼は遠く離れた隣町に姿を現わし、牢を破って縛り首を宣告されていた男をさらい、町の男たちを倒して引き上げていった。

実はジェイクは数年前まで強盗団の一味であり、さらった男クリント・ホリスターはその仲間だった。ジェイクはクリントに借りを返したのだ。ジェイクもかつて縛り首になるところをクリントに助けてもらったことがあったのだ。

義理を果たしたジェイクはクリントと別れ、町に帰った。ところが翌日の夜、ジェイクはクリント一味に襲われ、ペギーと共に町から連れ出された。クリントは銀行強盗を働いた頃、1人で大金を持って姿をくらましたジェイクに、その隠し場所を吐かせようとしたのである。

やがて、彼らは隠し場所に到達したが、コマンチ族の襲撃を受け、一味は次々と命を落とす。かろうじて逃れたジェイクは、クリントと一対一の対決に挑む。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジェイク・ウェイド ロバート・テイラー 納谷悟朗
クリント・ホリスター リチャード・ウィドマーク 大塚周夫
ペギー パトリシア・オーウェンズ 上田みゆき
オルテロ ロバート・ミドルトン 島宇志夫
ウェクスラー デフォレスト・ケリー 渡部猛
レニー ヘンリー・シルヴァ 青野武

吹替その他、槐柳二藤本譲嶋俊介若本規夫

テレビ放送:1973年1月11日 東京12チャンネル木曜洋画劇場

脚注[編集]

  1. ^ a b The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study .
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)149頁