ゴードン・キング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ゴードン・キング

Gordon King  No. 72

タックル
生年月日:1956年2月3日(59歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ウィスコンシン州マディソン
身長:6' 6" =約198.1cm 体重:270 lb =約122.5kg
NFLデビュー
1978年ニューヨーク・ジャイアンツ
経歴
大学スタンフォード大学
NFLドラフト1978年 / 1巡目(全体の10番目)
 所属チーム:
通算成績
(1987年までの成績)
出場試合数     97試合
先発出場試合数     60試合
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ゴードン・キング(Gordon King 1956年2月3日- )はウィスコンシン州マディソン出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはタックル。

経歴[編集]

スタンフォード大学から1978年NFLドラフト1巡全体10位でニューヨーク・ジャイアンツに指名された。同年7月16日、ジャイアンツと複数年契約を結んだ[1]

1983年12月、セントルイス・カージナルス戦で、アル・ベイカーをブロックした際、ベイカーのひじが当たり、左腕の前腕部を骨折した。同年最後の2試合を欠場した[2]。欠場するまでは47試合連続で先発出場していた[3]

骨折した左腕の手術を骨折直後の1984年6月に2度に渡り受けて、1984年シーズンは全休した。1年半以上に渡るリハビリなどを経て、1985年7月、復帰テストに合格した[2]

ジャイアンツ退団後、1986年から1987年の2シーズン、ニューヨーク・ジェッツでプレーした。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Giants sign Gordon King”. The Spokesman-Review (1978年7月17日). 2015年10月8日閲覧。
  2. ^ a b GIANTS' KING PASSES A COMEBACK TEST”. ニューヨーク・タイムズ (1985年7月17日). 2015年10月8日閲覧。
  3. ^ New York Giants' offensive lineman Gordon King may be...”. UPI通信 (1984年6月21日). 2015年10月8日閲覧。
先代:
ゲイリー・ジーター
ニューヨーク・ジャイアンツ
ドラフト1巡指名
1978年
次代:
フィル・シムズ