ゴードン・シングルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
Arc en ciel.svg
1982 レスター プロ・ケイリン
1979 アムステルダム アマ・1KmTT
1981 ブルノ プロ・スプリント
1982 レスター プロ・スプリント

ゴードン・シングルトン(Gordon Singleton。1956年8月9日- )は、カナダオンタリオ州ナイアガラフォールズ出身の元自転車競技選手。1982年世界自転車選手権・プロスプリント決勝において、中野浩一と死闘を演じた選手として知られる。その死闘でも幾度となく反則行為を行い、勝つために平気で反則を行う悪質な選手。

経歴[編集]

アマチュア時代は1978年コモンウェルスゲームズのタンデムスプリントで優勝した他、1979年パンアメリカンゲームズでは1Kmタイムトライアルとスプリントで2種目制覇。同年の世界自転車選手権、アマ・1Kmタイムトライアルでも銀メダルを獲得しており、1980年開催のモスクワオリンピックにおけるメダル候補選手であった(しかしカナダはモスクワ五輪の出場をボイコットした)。

1981年にプロ入り。同年の世界選手権プロ・スプリントでは準決勝で高橋健二を圧倒し、決勝で中野浩一と対戦。中野が2本とも逃げ切って5連覇を果たしたが、中野はこのとき、シングルトンの強さを肌で感じていた様子で、来年はひょっとするとシングルトンに負けるかもしれないという危機感を抱いていたようである。

1982年・世界自転車選手権[編集]

シングルトンはまず、ケイリンでダニー・クラークの同種目3連覇を阻み優勝し、スプリントへ向けて万全の体勢を整えた。対する中野はこの年、競輪において落車が続いたこともあり不調が伝えられ、本大会の準決勝において年初からのリズムの悪さを引きずってしまったのか、フランスヤーベ・カールに1本先取された。何とかその後2本連取して決勝へと駒を進めたが、逆にシングルトンは準決勝で亀川修一を圧倒。さらにこの年の開催地であるイギリスレスターに集まったファンの大多数がシングルトンを応援したこともあり、決勝前の下馬評では圧倒的にシングルトン有利が伝えられた。

決勝1本目。逃げるシングルトンに対し、中野はバックストレッチ付近から勝負に出て、4角手前では後ろを見る余裕さえ感じられた。ところがゴール寸前、シングルトンが右ひじを出してきて中野と接触し双方ゴールできなかった。このシングルトンのプレーに対し、反則ではないかと日本選手団側は抗議に出るも却下された。そして再戦1本目はシングルトンが中野を圧倒して制し、中野の6連覇阻止に王手をかけた。

2本目はノーカウントとなった1本目と似たような展開となり、中野は今度は2センターから遅めの捲りを敢行した。するとシングルトンはまたしてもゴール寸前になって右ひじを中野に対して出してきた。しかし今度は中野はこれにひっかからず、シングルトンだけが転倒した。

結局シングルトンはこの際、右ひじを骨折して3本目のレース続行不可能となり、中野が薄氷を踏む思いで6連覇を達成。しかしシングルトンは表彰式の台上で、中野と肩を組んで記念撮影に応じることを拒否。怪我さえなければ自分が勝っていたと言いたげな表情をしていた。

事実上の引退勧告[編集]

上記の中野との一戦に限らず、ケイリン決勝においてもシングルトンはクラークのユニフォームをつかんでいたといったラフプレーが見られた。国際自転車競技連合(UCI)は、シングルトンのプレーはあまりにもスポーツマン精神に反する行為だという判断を下し、後に無期限出場資格停止処分を言い渡した。UCI主幹以外の競技大会における出場は認められたものの、世界選手権への出場資格は永久に剥奪されたことから、シングルトンは翌年、現役を引退した。

その後[編集]

NHKのスポーツ100万倍という番組で中野の特集が組まれた際、シングルトンの雄姿が久々に見られた。その頃は父親の仕事を手伝っていたとのことであったが、この際にも、中野はまともに自分と戦って勝っていないと言いたげな話をしていた。

ちなみに1998年マンチェスターで開催されたマスターズの世界選手権・スプリントの40~44歳の部に出場し、優勝している。