ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論
著者 小林よしのり
発行日 2012年8月22日
発行元 小学館
ジャンル 社会学
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 365
コード ISBN 978-4093897433
Portal.svg ウィキポータル 書物
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論(ゴーマニズムせんげんスペシャル だつげんぱつろん)とは2012年8月22日出版された書籍の名称。著者は小林よしのり出版社小学館

東日本大震災以降の日本国内において意見が二分されている、原子力発電所の是非について論じた書籍。保守言論人の多くは東日本大震災以降は原発推進派であるが、保守の著者である小林よしのりは国土国民の命を保守するために脱原発派の論陣を張っている。そして本書では即時全原発廃炉を求め、政府東京電力や自称保守言論人のを暴くという内容になっている[1]菅直人はこの書籍を読んだということを自身のブログで報告している。そしてこれまでの小林よしのりの主張というのは菅直人とは異なっていたものの、脱原発論で述べられている主張は大半が同意できるものであるという感想を述べている[2]

脚注[編集]