ゴールデンラズベリー賞 名誉挽回賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゴールデンラズベリー賞 名誉挽回賞(The Razzie Redeemer Award、ラジー・リディーマー賞)は、ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の賞の一つ。過去にラジー賞において酷評された人物で、その年のアカデミー賞ノミネートなど著しい功績を挙げて名誉挽回を成した者に贈られる。最低の映画作品を選考するラジー賞にあって特殊な賞である。2014年(第35回)に新設された。

歴代受賞者とノミネート者[編集]

2010年代[編集]

年度(回) 受賞者 過去の評価 功績
2014年度[1]
(第35回)
ベン・アフレック[2] ラジー賞に何度も選出される『ジーリ』の受賞 アルゴ』のオスカー受賞及び『ゴーン・ガール』の高評価
ジェニファー・アニストン 4回のラジー賞ノミネート "Cake"全米映画俳優組合賞ノミネート
マイク・マイヤーズ 愛の伝道師 ラブ・グル』の受賞 『スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-』の高い評価
キアヌ・リーブス 6回のラジー賞ノミネート ジョン・ウィック』の高い評価
クリステン・スチュワート トワイライト・サーガ』の受賞 キャンプ・エックスレイ英語版』のヒット
2015年度[3]
(第36回)
シルヴェスター・スタローン[4] 全期間を通してラジー賞におけるチャンピオン クリード チャンプを継ぐ男』のアカデミー賞ノミネート
エリザベス・バンクス ムービー43』の監督賞受賞 ピッチ・パーフェクト2』のヒット
M・ナイト・シャマラン ラジー賞の常連受賞者 ヴィジット』のヒット
ウィル・スミス アフター・アース』の受賞 コンカッション
2016年度[5]
(第37回)
メル・ギブソン エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』の助演男優賞受賞 ハクソー・リッジ』の監督
2017年度[6]
(第38回)
安全なハリウッドの聖域 ラジー賞には相応しく、アーティストに相応しくない歴史 才能が保護・育成され、適切な報酬による活躍が可能な場所
2018年度[7]
(第39回)
メリッサ・マッカーシー 複数のラジー賞に気に入られた者 ある女流作家の罪と罰』のアカデミー主演女優賞ノミネート
ピーター・ファレリー ムービー43』の共同監督の一人や 『ジム・キャリーはMr.ダマー』などのラジー賞の常連として グリーンブック』の監督兼共同脚本家の一人として
タイラー・ペリー 複数のラジー賞ノミネート歴とマダダ(en:Madea)の罠における自称勝者 コリン・パウエルを演じた『バイス』の、アカデミー賞やゴールデングローブ賞のノミネートや受賞
トランスフォーマーシリーズ ラジー賞を狙ったかのように積み上がったこれまでの受賞歴 バンブルビー』における無邪気で愛らしい3次元アプローチ
ソニー・ピクチャーズ アニメーション 絵文字の国のジーン』の重複受賞 スパイダーマン: スパイダーバース』の批評家・観客からの高い評価

注釈[編集]

  1. ^ http://www.razzies.com/history/2015/2015-noms-redeemer.html
  2. ^ NME.COM. “Ben Affleck wins 'Razzie Redeemer' prize at Golden Raspberry Awards”. NME.COM. 2016年3月1日閲覧。
  3. ^ http://www.razzies.com/history/2016/2016-noms-redeemer.html
  4. ^ Razzie Awards 2016 Winners Announced Comingsoon.net, Retrieved February 28, 2016
  5. ^ CNN/FB Live Coverage Razzie 37th Nominees!”. CNN (2017年1月23日). 2017年1月23日閲覧。
  6. ^ Razzie Channel (2018年3月2日). “38TH Razzie Award Winners!”. 2018年3月6日閲覧。
  7. ^ RAZZ NEWZ”. The Razzies!. 2019年3月19日閲覧。