ゴールドアクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゴールドアクター
Gold Actor Arima Kinen 2015(IMG2).jpg
2015年有馬記念
欧字表記 Gold Actor
香港表記 黃金伶人
品種 サラブレッド
性別 [1]
毛色 青鹿毛[1]
生誕 2011年5月18日
抹消日 2018年10月10日[2]
スクリーンヒーロー[1]
ヘイロンシン[1]
母の父 キョウワアリシバ
生国 日本の旗 日本北海道新冠郡新冠町[1]
生産 北勝ファーム[1]
馬主 居城要[1]
→居城寿与
調教師 中川公成(美浦)[1]
競走成績
生涯成績 24戦9勝[3]
獲得賞金 7億4324万4000円
 
勝ち鞍
GI 有馬記念 2015年
GII アルゼンチン共和国杯 2015年
GII 日経賞 2016年
GII オールカマー 2016年
テンプレートを表示

ゴールドアクターは、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2015年の有馬記念[1]アルゼンチン共和国杯、2016年の日経賞オールカマー。馬名の意味は、冠名に「男優」。父名より連想。

経歴[編集]

デビュー前[編集]

2011年5月18日、居城要が代表を務める北海道新冠郡新冠町の北勝ファームで生まれる[4][5]

2歳(2013年)[編集]

11月24日、蛯名正義鞍上で東京2000mの新馬戦(4R)でデビューして7着。12月21日中山の同距離で争われた未勝利戦(3R)は石橋脩鞍上も後方からの競馬となり4着に終わる。

3歳(2014年)[編集]

3歳初戦は中山2200mの未勝利戦(1月12日6R)で鞍上は同じく石橋。1ハロン[6]延長したこのレースは前走より前目の4コーナー4番手[7]でのレースとなり初勝利を挙げた。次走に2月10日に東京2400mで行われた3歳500万のゆりかもめ賞(10R)では18kgの馬体減となり人気も14番人気に落とした[8]がラングレーの2着に好走。中山2200mで争われた4月5日の山吹賞(9R)でも2着。5月3日の東京2400mで争われたダービートライアル・青葉賞(11R, GII)では7番人気4着[9]。2ヶ月間のインターバルに入り、以後は菊花賞を除き古馬と戦うこととなる。

8月2日札幌8Rとして行われた2600mの500万条件では「1-2-1-1」[10]と前目に付ける競馬で単勝1.7倍の1番人気に応え3馬身半の快勝。このときから吉田隼人鞍上となる。続く同コースの1000万でも2番手からの競馬で単勝1.8倍の1番人気に応え1 14馬身差をつけて連勝[11]。10月26日に京都競馬場芝3000mで行われた菊花賞では7番人気となるが、勝利を挙げたトーホウジャッカルが3分1秒のコースレコードを飾る中、同馬から4馬身差の3着(タイム3分01秒7)と好走[12]。このレース後、9ヶ月の休養に入った。

4歳(2015年)[編集]

この年は7月4日函館12Rの洞爺湖特別(芝2000m、古馬1000万)から始動。降級初戦を単勝1.9倍の1番人気で2馬身差の勝利で飾る[13]。3ヶ月後の10月12日東京10Rのオクトーバーステークス(芝2400m、古馬1600万)でも単勝2.0倍の1番人気に推され、道中3番手から上り最速の33秒4で2着に1 34馬身差をつけ連勝[14]。オープン昇格後いきなり重賞のアルゼンチン共和国杯(11月8日東京11R、芝2500m、GII)に挑戦。ハンデキャップ競走で斤量56kg[15]を背負うこととなったが、単勝2.1倍の1番人気に支持され、ゴール直前に前を行く4番人気のメイショウカドマツを捕えて重賞初制覇を飾った[16]。また、父スクリーンヒーローも2008年に同レースを制しており、史上初の父子制覇となった[17]

年内最終戦として有馬記念(12月27日中山10R、芝2500m)に出走。ゴールドシップの引退レースで、宝塚記念天皇賞・秋を制したラブリーデイ、当年の菊花賞キタサンブラックや同3着馬リアファルらが人気を背負う中、ゴールドアクターは単勝17.0倍の8番人気に甘んじた[18]。キタサンブラックが逃げるスローペースの展開(前半1100m68秒9[18])で、2週目2コーナー→3コーナーでゴールドシップが最後方から4番手まで進出する展開だったが、4コーナーでゴールドシップとほぼ同じ位置[18]にいたゴールドアクターは前を行くキタサンブラック(3着)とマリアライト(4着)を捕えGI初勝利をこの有馬記念で飾った。一方のラブリーデイゴールドシップは其々5,8着に敗退。この結果、関東馬は2007年マツリダゴッホ以来8年ぶりの制覇[19][20]となり、鞍上の吉田隼人もGI初制覇[21]となった。

5歳(2016年)[編集]

GI馬としての初戦に選ばれたのが3月26日の日経賞。9頭立ての大外発走、前走の2着馬サウンズオブアースの56キロより2キロ重い58キロの斤量もありサウンズオブアースの2番人気での出走となったが、好スタートからハナを奪い道中は2番手につけ、直線入り口でスローで逃げるディサイファを捕らえると、間から抜けたサウンズオブアースとの叩き合いになり、最後は力でねじ伏せる強い競馬で初戦を勝利で飾る[22]

次走の天皇賞(春)では連勝の勢いから1番人気に支持されるも、レース前に入れ込んでしまう。その影響もあってか、枠なりのいい競馬はするもののいつものような折り合いをつけることができずに道中レースが進んでしまう。4コーナーを過ぎてからはいい手応えで上がって来て2番手にまで上がるも、今度は長丁場が響いたのか直線で失速し、勝ったキタサンブラックから0.8秒も離された12着に終わり、連勝は5で止まった。奇しくもこのレースは、2006年にディープインパクトが勝ってから1番人気の馬は勝てておらず、ゴールドアクターもこの悪い流れの方に乗っていった結果となってしまった[23][24]。なお、その翌年にキタサンブラックが1番人気での勝利を飾り、ジンクスは11年で破られた。

6月に当馬の馬主であった居城要の逝去により、馬主が息子である居城寿与に移っている。

秋はオールカマーから始動。中団追走から直線で脚を伸ばして先頭に立つと最後はサトノノブレスにクビ差をつけ快勝した[25]。続くジャパンカップは4着に終わる。連覇がかかった有馬記念は好位追走から直線で一旦は先頭に並びかけるもサトノダイヤモンド、キタサンブラックの後塵を拝し3着となる。

6歳(2017年)[編集]

前年の有馬記念3着以来となる始動戦の日経賞、続く天皇賞(春)ともに凡走し迎えた宝塚記念では5番人気まで評価を下げたが、断然人気のキタサンブラックが伸びあぐねる中、内からしぶとく脚を伸ばし、勝ったサトノクラウンの2着と健闘しグランプリホースの存在感を示した。このあと、秋の大舞台に向けて調整が進められていたが、体調が整わず、休養に入る。

7歳(2018年)[編集]

アメリカジョッキークラブカップで復帰、武豊とコンビを組むも最下位の11着。吉田隼人とのコンビに戻った大阪杯でも16着、オールカマーは11着と精彩を欠いた。そして10月10日付けで競走馬登録を抹消した。引退後は優駿スタリオンステーションで種牡馬入りする予定[2]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2013.11.24 東京 2歳新馬 芝2000m(良) 16 5 10 060.1(11人) 07着 2:04.8(34.2) -0.6 蛯名正義 55kg クワトロガッツ
0000.12.21 中山 2歳未勝利 芝2000m(稍) 18 1 02 012.90(6人) 04着 2:04.7(35.9) -0.3 石橋脩 55kg ショウナンラグーン
2014.01.12 中山 3歳未勝利 芝2200m(良) 16 6 12 008.60(3人) 01着 2:15.8(35.8) -0.1 石橋脩 56kg (バンズーム)
0000.02.10 東京 ゆりかもめ賞 芝2400m(稍) 16 5 09 044.8(14人) 02着 2:30.6(34.1) -0.2 石橋脩 56kg ラングレー
0000.04.05 中山 山吹賞 芝2200m(稍) 16 8 15 005.20(3人) 02着 2:15.7(34.9) -0.0 石橋脩 56kg トーセンマタコイヤ
0000.05.03 東京 青葉賞 GII 芝2400m(良) 18 5 10 022.50(7人) 04着 2:26.6(34.4) -0.1 石橋脩 56kg ショウナンラグーン
0000.08.02 札幌 3歳上500万下 芝2600m(良) 10 5 05 001.70(1人) 01着 2:42.5(35.4) -0.6 吉田隼人 54kg (ゴッドフロアー)
0000.08.23 札幌 支笏湖特別 芝2600m(良) 14 5 07 001.80(1人) 01着 2:44.2(34.8) -0.2 吉田隼人 54kg (テイエムダイパワー)
0000.10.26 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 5 10 019.60(7人) 03着 3:01.7(35.0) -0.7 吉田隼人 57kg トーホウジャッカル
2015.07.04 函館 洞爺湖特別 芝2000m(良) 13 5 07 001.90(1人) 01着 2:02.0(35.1) -0.3 吉田隼人 57kg (ヤマニンアルゴシー)
0000.10.12 東京 オクトーバーS 芝2400m(良) 12 3 03 002.00(1人) 01着 2:25.8(33.4) -0.3 吉田隼人 57.5kg (サムソンズプライド)
0000.11.08 東京 アルゼンチン共和国杯 GII 芝2500m(重) 18 7 15 002.10(1人) 01着 2:34.0(34.1) -0.0 吉田隼人 56kg (メイショウカドマツ)
0000.12.27 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 4 07 017.00(8人) 01着 2:33.0(34.8) -0.0 吉田隼人 57kg (サウンズオブアース)
2016.03.26 中山 日経賞 GII 芝2500m(良) 9 8 09 003.30(2人) 01着 2:36.8(33.8) -0.1 吉田隼人 58kg (サウンズオブアース)
0000.05.01 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 18 8 17 003.80(1人) 12着 3:16.1(35.6) -0.8 吉田隼人 58kg キタサンブラック
0000.09.25 中山 オールカマー GII 芝2200m(良) 12 5 06 002.00(1人) 01着 2:11.9(34.4) -0.0 吉田隼人 58kg (サトノノブレス)
0000.11.27 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 17 2 03 004.50(3人) 04着 2:26.4(35.1) -0.6 吉田隼人 58kg キタサンブラック
0000.12.25 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 1 02 007.90(3人) 03着 2:32.7(35.7) -0.1 吉田隼人 57kg サトノダイヤモンド
2017.03.25 中山 日経賞 GII 芝2500m(良) 16 6 12 001.70(1人) 05着 2:33.2(36.2) -0.4 吉田隼人 56kg シャケトラ
0000.04.30 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 17 6 12 020.70(5人) 07着 3:13.6(35.5) -1.1 横山典弘 58kg キタサンブラック
0000.06.25 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 11 2 02 012.70(5人) 02着 2:11.5(35.4) -0.1 横山典弘 58kg サトノクラウン
2018.01.21 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 11 5 05 004.30(3人) 11着 2:16.0(36.9) -2.7 武豊 57kg ダンビュライト
0000.04.01 阪神 大阪杯 GI 芝2000m(良) 16 4 07 080.6(12人) 16着 2:01.9(37.2) -3.7 吉田隼人 57kg スワーヴリチャード
0000.09.23 中山 オールカマー GII 芝2200m(良) 12 6 08 018.10(6人) 11着 2:13.3(36.8) -2.1 吉田隼人 57kg レイデオロ

血統表[編集]

ゴールドアクター血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系

スクリーンヒーロー
2004 栗毛
父の父
*グラスワンダー
1995 栗毛
Silver Hawk Roberto
Gris Vitesse
Ameriflora Danzig
Graceful Touch
父の母
ランニングヒロイン
1993 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダイナアクトレス *ノーザンテースト
モデルスポート

ヘイロンシン
1999 黒鹿毛
キョウワアリシバ
1990 鹿毛
Alysheba Alydar
Bel Sheba
Sulemeif Northern Dancer
Barely Even
母の母
ハッピーヒエン
1987 栗毛
マナード Captain's Gig
Slipstream
ブゼンフブキ セダン
トサクイン
母系(F-No.) ミアンダー(GB)系(FN:1-p) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer:M4×S5×S5、Hail to Reason:S5×S5
出典
  1. ^ [26]
  2. ^ [26]


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 第60回 有馬記念”. JRA. 2015年12月30日閲覧。
  2. ^ a b ゴールドアクター号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2018年10月10日). 2018年10月10日閲覧。
  3. ^ ゴールドアクター netkeibaより 2016年10月9日閲覧
  4. ^ 【甘辛戦記】“零細血統”アクター居城オーナー大偉業”. 夕刊フジ. 2015年12月30日閲覧。
  5. ^ 競馬 - ゴールドアクター - スポーツナビ”. スポーツナビ. 2015年12月30日閲覧。
  6. ^ 日本の競馬では便宜的に「1ハロン=200米」として扱う。
  7. ^ 2014年1月12日 1回中山4日目 サラ系3歳未勝利 ○混□指(馬齢)
  8. ^ ゆりかもめ賞 2014年2月10日 1回東京3日目 サラ系3歳500万下 ○混○特指(馬齢)
  9. ^ 第21回テレビ東京杯青葉賞(G2) 2014年5月3日 2回東京3日目 サラ系3歳オープン ○国際○指(馬齢)
  10. ^ 3歳上500万下 2014年8月2日 1回札幌3日目 サラ系3歳以上500万下 ○特指(定量)
  11. ^ 支笏湖特別 2014年8月23日 2回札幌1日目 サラ系3歳以上1000万下 ○混○特指(定量)
  12. ^ 第75回菊花賞(G1) 2014年10月26日 4回京都7日目 サラ系3歳オープン ○国際 牡・牝○指(馬齢)
  13. ^ 洞爺湖特別 2015年7月4日 1回函館5日目 サラ系3歳以上1000万下 ○混○特指(定量)
  14. ^ オクトーバーS 2015年10月12日 4回東京3日目 サラ系3歳以上1600万下 ○混□指(ハンデ)
  15. ^ 最軽量49kg、最重量58kg。
  16. ^ 第53回アルゼンチン共和国杯(G2) 2015年11月8日 5回東京2日目 サラ系3歳以上オープン ○国際○特指(ハンデ)
  17. ^ ゴールドアクターがゴール寸前で差し切り、3連勝で重賞初V!/アルゼンチン共和国杯”. netkeiba.com. 2016年3月3日閲覧。
  18. ^ a b c 第60回有馬記念(G1) 2015年12月27日 5回中山8日目 サラ系3歳以上オープン ○国際○指(定量)
  19. ^ レース名[有馬記念の検索結果]
  20. ^ 2015年12月28日日刊スポーツセンター面より
  21. ^ 2015年12月28日日刊スポーツセンター面より
  22. ^ ゴールドアクター貫禄のV! 5連勝で春盾獲りへ!/日経賞 netkeibaより 2016年7月27日閲覧
  23. ^ 【天皇賞】大敗ゴールドアクター デイリースポーツより 2016年7月27日閲覧
  24. ^ 2016年天皇賞(春)の結果・払戻 netkeibaより 2016年7月27日閲覧
  25. ^ 【オールカマー】ゴールドアクター完璧発進「落ち着いていた」 秋盾はパスnetkeiba.com、2016年9月26日公開 2018年10月10日閲覧
  26. ^ a b 血統情報:5代血統表|ゴールドアクター”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年12月28日閲覧。