ゴールドイーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ゴールドイーグル
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1970年3月30日
死没 不明
カブトシロー
イチマルヨシ
生国 日本の旗 日本宮崎県
生産 伊藤勇
馬主 石坂達也(JRA
調教師 竹山隆(大井
⇒野島三喜雄(名古屋
伊藤雄二栗東
競走成績
生涯成績 22戦13勝(うち地方競馬16戦11勝)
獲得賞金 1億7867万6600円
テンプレートを表示

ゴールドイーグルは、日本競走馬

1967年天皇賞(秋)有馬記念に優勝したカブトシローの産駒で、地方競馬で圧倒的な強さを見せ、中央競馬へ転入後も重賞2勝を挙げ活躍した。

略歴[編集]

馬齢は、旧表記(数え年)で統一する。

誕生[編集]

1970年3月30日、ゴールドイーグルは宮崎県の伊藤牧場で誕生した。父カブトシローは、種牡馬になってから宮崎県に繋養されて九州地方で種付けを行っていた。その後、順調に育成され、1972年大井競馬場の竹山隆厩舎に入厩した。

競走馬時代[編集]

デビューは大井競馬場1972年8月1日に行われた新馬戦で、3番人気に支持されたが、持ち前のスピードを生かして2着以下を大差に千切って逃げ切り勝利した。続く2戦も勝利して3連勝となったが、川崎競馬場に遠征した特別戦では、僅かな差で2着に敗れた。5戦目となる特別戦「ゴールドジュニアー」では、同じ大井所属で、怪物の評判が高かったハイセイコーと対戦した。レースでは快調に逃げを打ったが、最後はハイセイコーに2秒近く離された2着に敗れ、休養に入った。

1973年、4歳になったゴールドイーグルは、ハイセイコーは既に中央入りを表明したこともあって、南関東地区の4歳馬のトップに押されていた。逃げ足を生かして2連勝を記録し、続いて挑戦した黒潮盃でも、6馬身差を付けて圧勝した。しかし、続く東京ダービーでは、2番人気に押されながらもヨウコウザンの16着に大敗、そのまま休養に入った。

1974年、ゴールドイーグルは転売され、紀三井寺競馬場に転厩した。これは中京地区の地方競馬への転入を前提とした、転入条件を満たすための出走であり、特別戦を勝利すると、予定とおり名古屋競馬場の野島三喜雄厩舎へ転厩した。

転厩後最初に出走した笠松競馬場での特別戦でレコード勝ちしたが、続く名古屋競馬場での特別戦では2着に敗れた。しかし、中京競馬場の芝コースで行われた特別戦では圧勝し、芝コースへの適性の高さも示した。そして、重賞競走の東海桜花賞を制すると、地方競馬では初めて開催される中央競馬からの競走馬招待競走に出走する為、1年ぶりに大井競馬場に凱旋した。

「中央競馬招待」競走では、イナボレスやトーヨーアサヒ、ノボルトウコウなどの中央一線級のオープンも出走していたが、イナボレスに6馬身差を付けて快勝し、改めて能力の高さを示した。オーナーサイドでは中央挑戦を決め、同オーナーの持ち馬であったスピーデーワンダーを管理していた伊藤雄二厩舎に転厩したが、脚部不安を発症して長期休養を余儀なくされた。

2年近くの休養ののち、1976年3月に漸く復帰、内田国夫を鞍上にオープンに出走して6着に敗れたものの、続くマイラーズカップシルバーランドの2着に逃げ粘ったが、再び脚部不安を発症して休養に入った。

1977年、8歳となったゴールドイーグルは、前年は叶わなかった天皇賞への出走を目指して「仁川ステークス」で復帰を果たした。このレースでは3着に敗れたが、続いて出走したサンケイ大阪杯では、ホクトボーイエリモジョージを下して中央重賞初制覇を果たすと、1番人気に支持されたマイラーズカップでも、2着に6馬身差を付けて快勝し、いよいよ天皇賞への出走を果たす事となった。

天皇賞(春)では、テンポイントグリーングラスについで3番人気に支持され、スタート後暫くは先頭に立って逃げていたが、徐々に後退して最下位の14着に大敗、脚部不安が再発している事が判り、そのまま引退した。

引退後は北海道種牡馬入りしたが、特に活躍馬は無い。

主な競走成績[編集]

  • 黒潮杯
  • 東海桜花賞
  • 中央競馬招待
  • サンケイ大阪杯
  • マイラーズカップ

血統表[編集]

ゴールドイーグル血統ハイペリオン系 / トウルヌソル 5×5=6.25%、シアンモア 5×5=6.25%(父内)) (血統表の出典)

カブトシロー
1962 黒鹿毛
*オーロイ
Auroy
1957 鹿毛
Aureole Hyperion
Angelola
Millet Mieuxce
Kannabis
パレーカブト
1955 栗毛
イーストパレード アヅマダケ
エツフォード
明徳甲 カブトヤマ
*メイビイソウ

イチマルヨシ
1963 鹿毛
*リンボー
1949 鹿毛
War Admiral Man o'War
Brushup
Boojie Boojum
Foxiana
チツプヒメ
1954 鹿毛
ヒロサクラ *ダイオライト
朝桜
トツプオン *ペリオン
第八チツプトツプ F-No.4-m
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典
近親
半姉モナナ(父ミトタカラ、アングロアラブ)の産駒にトキノモナナ(姫山菊花賞)、センターモナナ(全日本アラブクイーンカップなど)がいる。

脚注[編集]