ゴールドジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゴールドジュニア
開催国 日本の旗 日本
主催者 岐阜県地方競馬組合
競馬場 笠松競馬場
創設 1977年1月19日
2019年の情報
距離 ダート1600m
格付け SPIII
賞金 1着賞金200万円
出走条件 サラ系3歳牡・牝オープン、北陸・東海・近畿所属
負担重量 別定(牡56kg、牝54kg)
出典 [1]
テンプレートを表示

ゴールドジュニアは、岐阜県地方競馬組合笠松競馬場ダート1600mで施行する地方競馬重賞SPIII競走である。正式名称は「スポーツ報知杯 ゴールドジュニア」。

副賞は、スポーツ報知新聞社賞、東海農政局長賞、岐阜県地方競馬組合管理者賞(2019年)[2]

概要[編集]

1977年に笠松競馬場のダート1600mのサラブレッド系4歳(現3歳)牡馬・牝馬の東海所属馬限定の別定重量の重賞競走「名古屋タイムズ杯 ゴールドジュニア」として創設。1996年は大雪の影響で開催されなかった。

1996年度(1997年)からは東海地区重賞格付け制度施行によりSPIII(スーパープレステージスリー)に格付けされ、更に北陸・東海地区交流競走として施行、金沢所属の競走馬が出走可能になり、この年から1着馬に、中央競馬皐月賞トライアル競走の北陸・東海地区(2000年からは近畿地区、2007年からは中国地区を含む)のブロック代表馬として皐月賞トライアル(弥生賞スプリングステークス若葉ステークス)への出走権が与えられる。

2000年からは北陸・東海・近畿地区交流競走として施行、兵庫所属が出走可能になり、更に2007年からは北陸・東海・近畿・中国地区交流競走となり、福山所属の競走馬が出走可能になったが、2013年に福山競馬が廃止となったため、2014年に北陸・東海・近畿地区交流に戻った。

2009年名古屋タイムズ社2008年10月31日の発行分をもって休刊したことにより優勝杯の提供から撤退し、名称を「ゴールドジュニア」に変更し、2010年からはスポーツニッポン新聞社から優勝杯の提供を受け、名称を「スポーツニッポン杯 ゴールドジュニア」に変更した。2013年からは日刊スポーツ新聞社から優勝杯の提供を受け、名称が「日刊スポーツ杯 ゴールドジュニア」となった。

条件・賞金(2019年)[編集]

出走条件[1]
サラブレッド系3歳牡・牝(騸馬出走不可)、北陸・東海・近畿所属。
負担重量[1]
別定(牡56kg、牝54kg)
賞金額
1着200万円、2着50万円、3着22万円、4着12万円、5着6万円[3]

歴史[編集]

  • 1977年 - 笠松競馬場のダート1600mのサラブレッド系4歳(現3歳)牡馬・牝馬の東海所属馬限定の別定重量の重賞競走「名古屋タイムズ杯 ゴールドジュニア」として創設。
  • 1985年 - 笠松の町野良隆が騎手として史上初の連覇。
  • 1988年 - 当時、笠松所属の安藤勝己が騎手として史上2人目の連覇。
  • 1991年
    • 第14回(1990年)優勝のマツクスフリート(母:ヒカリホマレ)の半弟マックスブレインが勝利し、当競走で史上初の姉弟制覇を達成した。
    • 笠松の荒川友司が調教師として史上初の連覇。
  • 1996年 - 大雪の影響で開催中止。
  • 1997年
    • 東海地区重賞格付け制度施行によりSPIIIに格付け。
    • この年から北陸・東海地区交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系4歳(現3歳)牡馬・牝馬の北陸・東海所属馬」に変更。
    • 1着馬のみ、皐月賞トライアルの出走権が付与される様になる。
    • 当時、笠松所属の安藤光彰が騎手として史上3人目の連覇。
  • 1998年 - 笠松の荒川友司が調教師として史上2度目の連覇。
  • 1999年 - 金沢のゴルデンコークが東海地区以外の地方所属馬として初優勝。
  • 2000年 - この年から北陸・東海・近畿地区交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系4歳(現3歳)牡馬・牝馬の北陸・東海・近畿所属馬」に変更。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「サラブレッド系4歳牡馬・牝馬の北陸・東海・近畿所属馬」から「サラブレッド系3歳牡馬・牝馬の北陸・東海・近畿所属馬」に変更。
  • 2006年 - 笠松の松原義夫が調教師として史上3度目の連覇、かつ史上2人目の連覇。
  • 2007年 - この年から北陸・東海・近畿・中国地区交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系3歳牡馬・牝馬の北陸・東海・近畿・中国所属馬」に変更。
  • 2009年 - 名古屋タイムズ社が優勝杯の提供から撤退し、名称を「ゴールドジュニア」に変更。
  • 2010年
    • スポーツニッポン新聞社から優勝杯の提供を受け、名称を「スポーツニッポン杯 ゴールドジュニア」に変更。
    • スタリオンシリーズ競走に指定。
    • 笠松の濱口楠彦が騎手として史上4人目の連覇。
  • 2011年
    • 笠松の濱口楠彦が騎手として史上初の3連覇。
    • 笠松の柳江仁が調教師として史上4度目の連覇、かつ史上3人目の連覇。
  • 2013年 - 日刊スポーツ新聞社から優勝杯の提供を受け、名称を現在の「日刊スポーツ杯 ゴールドジュニア」に変更。
  • 2014年 - 福山競馬場の廃止により中国地区に競馬場が存在しなくなり、再び出走条件を「サラブレッド系3歳牡馬・牝馬の北陸・東海・近畿所属馬」に変更。
  • 2019年 - 名称を「スポーツ報知杯 ゴールドジュニア」に変更。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行年月日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1977年1月19日 マツカゼロツク 牡3 愛知 1:45.4 酒井章 信次英治
第2回 1978年1月22日 タツノベースン 牡3 愛知 1:45.6 伊藤光雄 野島三喜雄
第3回 1979年1月15日 エイブルダイオー 牡3 笠松 1:45.0 安藤光彰 梶原軍造
第4回 1980年1月16日 リユウネーシヨン 牡3 笠松 1:43.5 町野良隆 大橋憲
第5回 1981年1月11日 フジノシンゲキ 牡3 笠松 1:43.9 安藤光彰 伏見憲男
第6回 1982年1月10日 ベンテンナスコ 牡3 笠松 1:44.3 井上孝彦 荒川友司
第7回 1983年1月12日 マサシバオー 牡3 笠松 1:42.6 川原正一 後藤四季治
第8回 1984年1月11日 リユウズイシヨウ 牡3 笠松 1:44.4 町野良隆 柳江俊明
第9回 1985年1月9日 イズミサンテゴ 牡3 笠松 1:44.3 町野良隆 山下清春
第10回 1986年1月8日 ドントツプ 牡3 笠松 1:42.1 井上孝彦 梶原軍造
第11回 1987年1月11日 シヤトーグリン 牡3 笠松 1:43.4 安藤勝己 吉田秋好
第12回 1988年1月10日 オグリキヤツプ 牡3 笠松 1:41.8 安藤勝己 鷲見昌勇
第13回 1989年1月13日 ミツアキグシケン 牡3 笠松 1:42.5 川原正一 後藤義亮
第14回 1990年1月10日 マツクスフリート 牝3 笠松 1:42.9 安藤勝己 荒川友司
第15回 1991年1月13日 マックスブレイン 牡3 笠松 1:42.4 井上孝彦 荒川友司
第16回 1992年1月12日 トミシノポルンガ 牡3 笠松 1:43.8 天野貢 加藤健
第17回 1993年1月13日 サブリナチェリー 牡3 笠松 1:42.5 安藤勝己 荒川友司
第18回 1994年1月12日 マルカショウグン 牡3 笠松 1:43.3 今井孝一 神部幸夫
第19回 1995年1月11日 ベッスルキング 牡3 笠松 1:44.0 安藤光彰 飯千秀人
第20回 1996年1月10日 開催中止
第21回 1997年1月26日 トミケンライデン 牡3 笠松 1:43.4 安藤光彰 荒川友司
第22回 1998年1月28日 エフワンライデン 牡3 笠松 1:41.8 安藤勝己 荒川友司
第23回 1999年1月27日 ゴルデンコーク 牡3 金沢 1:42.0 渡辺壮 服部道夫
第24回 2000年1月23日 ミツアキサイレンス 牡3 笠松 1:42.6 川原正一 粟津豊彦
第25回 2001年1月24日 フジノテンビー 牡3 笠松 1:41.2 安藤勝己 中山義宣
第26回 2002年1月24日 ホクザンフィールド 牡3 兵庫 1:43.3 小牧太 橋本忠男
第27回 2003年1月24日 ワンダーエクセル 牡3 笠松 1:39.5 濱口楠彦 原隆男
第28回 2004年2月6日 ケイジーロマン 牝3 笠松 1:45.8 東川公則 後藤保
第29回 2005年1月28日 クインオブクイン 牝3 笠松 1:45.1 濱口楠彦 松原義夫
第30回 2006年1月27日 オクトパス 牡3 笠松 1:43.4 尾島徹 松原義夫
第31回 2007年1月25日 マツノショウマ 牡3 金沢 1:48.4 桑野等 小原典夫
第32回 2008年1月25日 ケイゾク 牡3 笠松 1:44.7 東川公則 井上孝彦
第33回 2009年1月22日 ブラックポイント 牡3 笠松 1:43.8 濱口楠彦 松原義夫
第34回 2010年2月12日 ラブミーチャン 牝3 笠松 1:42.6 濱口楠彦 柳江仁
第35回 2011年2月18日 ミラノボヴィッチ 牝3 笠松 1:44.0 濱口楠彦 柳江仁
第36回 2012年2月17日 アウヤンテプイ 牡3 笠松 1:41.4 尾島徹 柴田高志
第37回 2013年2月15日 ゴールドブラザー 牡3 笠松 1:42.6 佐藤友則 鈴木良文
第38回 2014年1月23日 トーコーガイア 牡3 兵庫 1:43.0 木村健 吉行龍穂
第39回 2015年1月22日 ジュエルクイーン 牝3 名古屋 1:41.6 岡部誠 川西毅
第40回 2016年1月28日 ハイジャ 牡3 笠松 1:42.9 佐藤友則 井上孝彦
第41回 2017年1月26日 セレニティフレア 牝3 笠松 1:43.1 東川公則 後藤正義
第42回 2018年1月25日 ノブイチ 牡3 金沢 1:43.2 岡部誠 鈴木長次
第43回 2019年1月24日 オオエフォーチュン 牡3 兵庫 1:41.9 山田雄大 住吉朝男

※馬齢は2000年以前についても現表記を用いる。

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 第43回 ゴールドジュニア(SPⅢ)選定馬のお知らせ(2)”. 岐阜県地方競馬組合 (2019年1月16日). 2019年1月22日閲覧。
  2. ^ 笠松競馬出走馬一覧表平成30年度岐阜県地方競馬組合営第18回笠松競馬第4日1月24日(木) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年1月22日閲覧。
  3. ^ 9R ゴールドジュニア|2019年1月24日(木)18回笠松4日”. JBISサーチ. 2019年1月22日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]