ゴールドファインダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゴールドファインダー
Goldfinder.jpg
by Francis Sartorius
欧字表記 Goldfinder
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1764年
死没 1789年
スナップ
ブランクメア
生国 イギリス
生産 John St. Leger Douglas
馬主 Jenison Shafto
調教師 -
競走成績
生涯成績 13戦13勝(諸説あり)
獲得賞金 不明
テンプレートを表示

ゴールドファインダーGoldfinder1764年 - 1789年)は、18世紀中ごろに活躍したイギリス競走馬である。血統上は父がフライングチルダーズの孫で大種牡馬スナップ、母方は名門1号族に属す当時の名血であった。

経歴[編集]

おもな勝ち鞍はアスコットステークスなど、13戦不敗(11戦11勝説も有る)の成績を残し数多くのマッチレースヒート競走に勝った当時の強豪である。生年はかのエクリプスと同じで、没年も同じ、活躍時期も重なっている。同時期に活躍した両馬ではあったが、なかなか対戦は実現せず、ようやく行われることになったマッチレースではゴールドファインダーの故障引退で実現しなかった。

引退後は最初馬主のジェニソン・シャフトのもとで種牡馬となり、シャフトの死後チャールズ・セドリー卿に売却されている。種牡馬としてもそこそこの成績を収め、クラシック優勝馬セリナ(1781年セントレジャーステークス)などを送り出した。だが、後継種牡馬は三大始祖の後継の前に歯が立たずみな失敗、直系子孫はしばらくして滅亡している。

おもな産駒[編集]

  • セリナ (Serina)
  • マニラ (Manilla)

血統表[編集]

ゴールドファインダー血統フライングチルダーズ系 / Flying Childers(Bartlet's Childers)3×4=18.75%
Bay Bolton4×5=9.38% Bay Peg4×5=9.38%(父内) Godolphin Arabian3×4=18.75%(母内))
(血統表の出典)

Snap
1750 黒鹿
父の父
Snip
1736 黒鹿
Flying Childers Darley Arabian
Betty Leedes
Sister to Soreheels Basto
Sister One to Mixbury
父の母
Sister to Slipby
=Fox Mare
1740 黒鹿
Fox Clumsey
Bay Peg
Gipsy Bay Bolton
Newcastle Turk Mare

Blank Mare
Blank
1740 鹿
Godolphin Arabian 不明
不明
Little Hartley Mare Bartlet's Childers
Flying Whigg
母の母
Regulus Mare
Regulus Godolphin Arabian
Grey Robinson
Lonsdale Bay Arabian Mare Lonsdale Bay Arabian
Bonny Lass F-No.1


参考文献[編集]