サイアム・セメント・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サイアム・セメント・グループ
ปูนซิเมนต์ไทย
Siam Cement Group
種類 公開有限会社
市場情報 SET: SCC
略称 SGC
本社所在地 タイ王国の旗 タイ
タイ王国バンコクバーンスー区
設立 1913年12月8日(105年前) (1913-12-08
業種 コングロマリット
事業内容 セメント化学建設包装ソーラールーフ投資物流
代表者 Roongrote Rangslyopash(社長兼CEO
売上高 4500億バーツ(2016年) [1]
純利益 561億バーツ(2016年)[1]
総資産 5397億バーツ(2016円)[1]
従業員数 53,728人[1]
主要子会社 SCGケミカルズ
SCGパッケージング
SCGセメント-ビルディング・マテリアルズ
関係する人物 ワチラーウット(ラーマ6世)(創業者)
外部リンク https://www.scg.com/
テンプレートを表示

サイアム・セメント・グループ英語: The Siam Cement Group Public Company Ltd.、略称SGC)は、タイ王国最大手かつ最古のセメント製造企業。

タイ王室財産管理局が出資している王室系企業。1913年にワチラーウット(ラーマ6世)により設立された。建設資材、製紙から石油化学まで手広く事業を行っている。2017年度における売上高は4500億バーツにのぼる。このうちセメント・建設資材部門が38%を、化学部門が44%を、包装部門が18%をそれぞれ占めている[1]

SET 50 Indexの採用銘柄である。(2008年2月現在)

タイのムアントン・ユナイテッドFCの株式を保有しており、同クラブやベトナムハノイFCの胸スポンサーでもある。


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Annual Report 2017 (PDF)”. サイアム・セメント・グループ. 6 August 2019-11-10閲覧。