サイエンス・ダイジェスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
サイエンス・ダイジェスト
Science Digest
カテゴリ 科学雑誌
刊行頻度 隔月刊
創刊年 1937年
創刊号 1937年1月
最終号 1988年
発行元 ハースト・マガジン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
拠点 アイオワ州デモイン
言語 英語
ISSN 0036-8296
テンプレートを表示

サイエンス・ダイジェストScience Digest)は、かつてアメリカ合衆国で発行されていた科学雑誌である。ハースト・コーポレーションが1937年から1988年まで発行していた。

歴史[編集]

『サイエンス・ダイジェスト』は、1937年1月に創刊された[1]。当初の形式は8×5インチダイジェストサイズ英語版で約100ページだった[2]。初代の編集長はG.W. Stammで[1]、高校教育レベルの読者を対象としていた[1]。内容は、一般的な科学に関する短い記事であり、『リーダーズ・ダイジェスト』のようなスタイルの他の出版物の記事の要約も多かった[1]。編集本部はアイオワ州デモインにあった[3]

1980年11月、大学教育を受けた読者を対象とするようリニューアルされ、判型を11×8インチとし、長編記事とカラー写真が掲載されるようになった[2]。これは、主に当時の編集長のScott DeGarmoによるものだった。隔月刊誌となり、毎号約50万部が発行された。当初は堅苦しい内容の記事が多かったが、次第に、人体自然発火現象UFOなどの疑似科学を扱うようになった。『ディスカバー』や『オムニ』などの「まじめな」科学雑誌に対抗することができず、1986年に休刊した[4]

1987年に季刊誌として再登場した。元の小さなダイジェストサイズに戻り、多くの短い記事や科学情報を掲載した。しかし、1年で再び休刊した。

オメガ・サイエンス・ダイジェスト[編集]

オーストラリア版が『オメガ・サイエンス・ダイジェスト』(Omega Science Digest)というタイトルで1981年1月に創刊され、毎号4万部を発行した[2]。アメリカ版とは異なり、オメガ誌にはオリジナルのフィクション作品が掲載されていた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Garfield, Eugene (August 31, 1981). “Science Digest—New Look, New Personality”. Current Comments (35): 5–8. http://www.garfield.library.upenn.edu/essays/v5p218y1981-82.pdf 2015年12月15日閲覧。. 
  2. ^ a b c d Ashley, Michael (2007). “Super Science”. Gateways to Forever: The Story of the Science-Fiction Magazines, 1970-1980. Liverpool University Press. p. 373. ISBN 9781846310027. https://archive.org/details/gatewaystoforeve0000ashl/page/373 
  3. ^ “Motorboating & Sailing”. advertisement 150 (6): 142. (December 1982). https://books.google.com/books?id=nvI1AQAAMAAJ&pg=RA5-PA142 2019年12月18日閲覧。. 
  4. ^ Bruce V. Lewenstein (1987). “Was There Really a Popular Science" Boom"?”. Science, Technology, & Human Values 12: 29–41. doi:10.1177/016224398701200204. https://www.researchgate.net/publication/231582087 2016年6月24日閲覧。.