サイエンスSARU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社サイエンスSARU
Science SARU INC.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町3丁目1番1号
北緯35度42分34.1秒 東経139度34分25.9秒 / 北緯35.709472度 東経139.573861度 / 35.709472; 139.573861座標: 北緯35度42分34.1秒 東経139度34分25.9秒 / 北緯35.709472度 東経139.573861度 / 35.709472; 139.573861
設立 2013年
業種 情報・通信業
法人番号 1012401023791 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 代表取締役 チェ・ウニョン
従業員数 38名
外部リンク http://www.sciencesaru.com
テンプレートを表示

株式会社サイエンスSARU(サイエンスサル、: Science SARU INC.)は、2013年に設立された日本アニメ制作会社

概要[編集]

アメリカの人気テレビシリーズ『アドベンチャー・タイム』のエピソードを湯浅政明が監督するにあたり、その製作元・カートゥーン ネットワークからの発注の関係上、会社単位であることが望まれたため[1]、それをきっかけとしてチェ・ウニョンらと共に2013年、会社設立に至った[2]。ウニョンは2006年頃より湯浅の監督作にアニメーターとして参加しており、語学が堪能な上、過去にマネジメントの経験もあったため、会社の設立やその管理についても中核として携わった[2]

会社の名前の由来は、湯浅がよく猿のようなキャラクターを自画像に描いていたが、猿よりは賢い会社にしたいと、前にサイエンスを付け、本能と知能を併せ持つ会社になるように、という想いから名付けられた[3]

設立にあたり、「日本のアニメ業界がもつ魅力を失わないためにも、わたしたちのような小さいスタジオが率先して作業効率を上げる工夫をして、作品のクオリティは落とさずに、労働環境をよくすることが可能だということを示していきたい」とし、その一つの策としてフラッシュアニメーションの導入が行われている[1]

2017年4月には、会社初の元請制作となるアニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』が[4]、同年5月には完全オリジナルとなるアニメーション映画『夜明け告げるルーのうた』が東宝映像事業部配給により全国公開される[5]

設立当初から長らく吉祥寺南町に本社を構えていたが、業務拡大に伴い2019年春に吉祥寺北町に本社を移転した。

2020年3月25日付で湯浅が代表取締役社長を退任。後任は取締役のウニョンが務める。湯浅は『犬王』の監督作業を終えたのち、充電期間に入るとしている。[6][7]

作品履歴[編集]

アニメーション映画[編集]

公開年 タイトル 備考
2017年 夜は短し歩けよ乙女
夜明け告げるルーのうた
2019年 きみと、波にのれたら
2021年 犬王

テレビアニメ[編集]

放映年 タイトル 備考
2020年 映像研には手を出すな!

OVA・配信[編集]

発売年 タイトル 備考
2018年 DEVILMAN crybaby Netflixより全世界配信
2019年 SUPER SHIRO[8] AbemaTVビデオパスで独占配信
2020年 日本沈没2020[9] Netflixより全世界配信

関連人物[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d “アニメ『ピンポン』の斬新さは、Flash使いに秘密があった! Science SARUへ行く”. WIRED.jp. (2014年9月10日). http://wired.jp/2014/09/10/science-saru/ 2017年1月24日閲覧。 
  2. ^ a b “アドベンチャー・タイム「フードチェーン」湯浅政明監督&チェ・ウニョンインタビュー 作品のため会社も設立!”. アニメ!アニメ!. (2015年1月1日). http://animeanime.jp/article/2015/01/01/21440.html 2017年1月24日閲覧。 
  3. ^ STAFF”. 映画『夜明け告げるルーのうた』公式サイト. 2017年1月24日閲覧。
  4. ^ 星野源×湯浅政明「夜は短し歩けよ乙女」劇場アニメ化、「四畳半」メンバー再集結”. 映画ナタリー. 2017年1月24日閲覧。
  5. ^ 『四畳半神話大系』や『ピンポン』を手掛けた湯浅政明監督初のオリジナル作品『夜明け告げるルーのうた』が公開決定!”. アニメイトタイムズ. 2017年1月24日閲覧。
  6. ^ 代表取締役交代と新体制について” (日本語). sciencesaru (2020年4月3日). 2020年4月4日閲覧。
  7. ^ 湯浅政明がサイエンスSARU社長を退任、「犬王」監督は引き続き担当” (日本語). 映画ナタリー. 2020年4月4日閲覧。
  8. ^ 『SUPER SHIRO(スーパーシロ)』公式サイト”. 2019年7月11日閲覧。
  9. ^ 湯浅政明が「日本沈没」をNetflixでアニメ化!2020年のオリンピック直後が舞台”. コミックナタリー (2019年10月9日). 2019年10月9日閲覧。