サイクロンZ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サイクロンZ
飛龍猛将
Dragons Forever
監督 サモ・ハン・キンポー
脚本 シートゥ・チャホン
原案 ゴードン・チャン
製作 ジャッキー・チェン
ユン・ケイ
製作総指揮 レイモンド・チョウ
レナード・ホー
出演者 ジャッキー・チェン
サモ・ハン・キンポー
ユン・ピョウ
音楽 ジェームズ・ウォン
撮影 リョウ・ジイメン
チョウ・イウゾウ
配給 東宝東和
公開 香港の旗 1988年2月11日[1]
日本の旗 1988年4月23日[1]
上映時間 94分(香港公開版)[1]
97分(日本公開版)[1]
製作国 香港の旗 イギリス領香港
言語 広東語
製作費 8億円
興行収入 $33,072,683 香港の旗[1]
8億円 日本の旗[1]
テンプレートを表示
サイクロンZ
飛龍猛将
各種表記
繁体字 飛龍猛將
簡体字 飞龙猛将
拼音 Fēi Lóng Měng Jiāng
注音符号 ㄈㄟㄌㄨㄥˊㄇㄥˇㄐㄧㄤ
発音: フェイロンモンジィァン
広東語拼音 Fei1 Lung4 Maang2 Zeong1
英文 Dragons Forever
テンプレートを表示

『サイクロンZ』(原題:飛龍猛将、英語題名:Dragons Forever)は1988年に公開されたゴールデン・ハーベスト製作、サモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演のアクション映画。

概要[編集]

2017年現在までで、ジャッキー・チェンサモ・ハン・キンポーユン・ピョウの”ゴールデン・トリオ”が三人揃って出演した最後の作品。『スパルタンX』で敵役を演じたベニー・ユキーデが再び敵役として出演している。

ストーリー[編集]

弁護士ジャッキー(ジャッキー・チェン)は、養魚場の水質汚染の訴訟で、被告側の工場の弁護を担当している。問題を手っ取り早く解決しようと、養魚場を丸ごと買収しようと考えたジャッキーは、探偵のトン(ユン・ピョウ)やブローカーのウォン(サモ・ハン・キンポー)と組んで、原告側の責任者イップを懐柔しようと画策するが、イップにウォンが、美人のメイにジャッキーが入れ込んでしまった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ
弁護士・ジャッキー ジャッキー・チェン 石丸博也
ウォン サモ・ハン・キンポー 水島裕
トン ユン・ピョウ 古谷徹
イップ ディニー・イップ 弘中くみ子
メイ ポーリン・ヤン 佐々木るん
裁判長 ロイ・チャオ 大木民夫
用心棒 ビリー・チョウ 津久井教生
ファー ユン・ワー 納谷六朗
ファーの部下 ベニー・ユキーデ 大塚明夫
ファーの部下 タイ・ポー
マオ シン・フィオン 真実一路
精神科医 フォン・ツイフェン
殺し屋 フォン・ハックオン
マフィアのボス ジェームズ・ティエン 秋元羊介
コオ クリスタル・コオ
弁護士 ウー・フォン
    チン・カーロウ
    ユン・モウ
    カー・レー
    ウー・マ
    ロー・リエ
    チュン・ファト

設定[編集]

  • ジャッキー
弁護士。正義感が強く、弱者の為に懸命に頑張るが、それだけに自分の正義を否定されたときは糾弾することもある。少々、女好きの面がある。
  • ウォン
ジャッキーの友人で武器商人。カンフーの達人で腕は師範級。
  • トン
探偵。非常に身軽でアクロバティックな動きで敵を奔放する。コーヒーはブラック派。動物を飼っていることで価値観を見出だしている。
  • イップ
気の強い性格。メイの従姉妹。プライドの高さなどから婚期を逃してしまったことを気にしている。
  • メイ
香港大学のコーチで、水質学を専門にしている。
  • ファー
暗黒街の顔。眼鏡を掛け、いつも葉巻を加えている。細身で見た目はどこにでもいる中年だが、格闘術に長け、相手を圧倒する場面が多々あった。

スタッフ[編集]

削除されたシーン[編集]

ユン・ピョウ扮するトンが強迫症のため、精神病院に通院するシーン、および後半でこの精神病院に強盗が押し入ったところにトンがやってくるシーンがあるが、このシーンが本編に含まれて上映されたのは日本劇場公開版のみである[2]

日本公開版[編集]

日本公開版は前述の精神病院のシーンや、エンドロールがジャッキー映画におなじみのNGシーン集になっている独自仕様であった。このバージョンは初期発売のカセットソフトのみで、後年発売されたDVDソフトは香港公開版に字幕を付したものであるため、精神病院のシーンはカットされていた。しかし2012年に発売されたブルーレイソフトには、日本語吹替音源と共に映像特典として日本公開版を復刻収録しており、精神病院のシーン含んだ、世界最長のバージョンが再び日の目を見るに至った。

作品解説[編集]

  • すでに『九龍の眼/クーロンズ・アイ』や『奇蹟/ミラクル』の製作準備期間に突入していたと思われる、1987年秋に製作が開始されている。
  • 香港での劇場公開は1988年2月11日だが、完成したのはわずか10日前の2月1日で、2月2日には香港のクイーンズ・シアターでチャリティ試写会が開催された。また、日本のファンのためにアクションシーンを追加撮影している[3]
  • 香港は公開前の新聞ではタイトルが『飛龍福星』となっていた。「福星」とついていることから元々は『五福星』や『大福星』の続編の「福星シリーズ」の扱いだったと思われる[4]
  • 本作はサモ・ハン監督作品らしく、ジャッキー監督作品に比べ短期間で仕上げられた。サモ・ハンは本作の撮影完了後に『七小福』の撮影に取り掛かっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f デアゴスティーニ(2014年)目次頁
  2. ^ 海外では、ヨーロッパで発売されたDVDソフトにのみ含まれていた。
  3. ^ 劇場パンフレットに記載。
  4. ^ 「作品解説『ゴールデン・トリオ最後の揃い踏み、さらに怪人ユン・ワー見参!』」『ジャッキー・チェン DVDコレクション 第13号』〈デアゴスティーニ・ジャパン〉、2014年8月19日、1頁。