サイコロキャラメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サイコロキャラメル
明治サイコロキャラメル
販売会社 株式会社明治(全国発売時代)
道南食品株式会社(北海道限定時代)
種類 菓子
販売開始年 1927年
販売終了年 2016年(全国販売)
日本での製造 1927年 -
外部リンク 株式会社 明治
道南食品
特記事項:
2016年3月で全国発売終了、6月より北海道限定で製造・販売再開。
テンプレートを表示

北海道サイコロ®キャラメルは、道南食品が北海道限定で製造販売しているロングセラーキャラメル

1927年10月より2016年3月まで株式会社明治(旧明治製菓)が製造販売していた[1]が、同年6月14日から同社の生産子会社である道南食品の工場がある北海道限定で復活し、現在に至る[2]。なお、明治が発売していたときの名前は「サイコロキャラメル®」となっており、商標登録の位置が現在とは異なる。

本項では、明治により全国販売していた時代についても取り扱う。

概要[編集]

  • サイコロ型の小箱に大粒のミルクキャラメル2粒が入り、5つの小箱(計10粒)で1商品としている。
  • キャラメルの大きさが、同業他社のロングセラーのミルクキャラメルや、のちに販売するクリームキャラメルより大きいのは、サイコロ型小箱に合わせる為である。
  • サイコロ型の小箱は25mm×25mm×25mmの立方体。ただし、5つの小箱を包装した商品となれば、高さ(長さ)が130mmとなる。
  • サイコロの目の1のマークは、明治発売時代は明治製菓の旧社章。道南食品発売の製品は北海道を描いている。
  • 内容量は、1商品で57g。

その他[編集]

  • 北海道テレビ(HTB)制作のバラエティ番組「水曜どうでしょう」の企画サイコロの旅の小道具として知られている[3]。偶然にも、「サイコロキャラメル」を長らく生産していた明治の子会社「道南食品」は同じ北海道(函館市)にある[4]。2017年5月2日からは同番組とのコラボしたサイコロキャラメルがHTB本社の売店や各地で開催される物産展でのグッズショップで販売されている[5]。同製品に関しては1の部分が水曜どうでしょうのロゴマークに変わっている。
  • 滋賀県米原駅などで販売している駅弁『湖北のおはなし』には入りのサイコロをかたどった箱が入っている[6]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]