サイバーディフェンス研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社サイバーディフェンス研究所
CyberDefense
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0062
東京都千代田区神田駿河台2丁目5番1号
御茶ノ水ファーストビル5階
設立 2008年10月1日
業種 情報通信業
サービス業
法人番号 6010001120410
事業内容 セキュリティ診断サービス
セキュリティコンサルティング
代表者 廣中憲司(代表取締役)
資本金 100,000,000円
純利益 1億8244万9000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 16億6111万1000円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 日本電気株式会社
外部リンク http://cyberdefense.jp/
テンプレートを表示

株式会社サイバーディフェンス研究所は、セキュリティサービスを手がける日本電気株式会社 (NEC) の子会社。元々は伊藤忠商事の社内のセキュリティ研究所であった。

主なサービス[編集]

沿革[編集]

2001年1月
株式会社アイディフェンスジャパン創立
2001年8月
国内初の本格的なセキュリティ情報配信サービスを開始
2002年1月
iALERT(現CyberNotice) メールサービス開始
2003年3月
実践ハッキングセミナーの第1回講義開催
2004年2月
本格的な脆弱性診断サービスを開始
2004年4月
株式会社サイバーディフェンスに社名変更
2005年10月
伊藤忠商事内 サイバーディフェンス研究所として設立
2008年10月
株式会社サイバーディフェンス研究所設立
2013年3月1日
NECによる買収完了。NECの100%子会社となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]