サイモン・エリオット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サイモン・エリオット Football pictogram.svg
SimonElliot.jpg
名前
本名 サイモン・ジョン・エリオット
Simon John Elliott
ラテン文字 Simon Elliott
基本情報
国籍  ニュージーランド
生年月日 (1974-06-10) 1974年6月10日(44歳)
出身地 ウェリントン
身長 180cm
体重 80kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
代表歴2
-
2008
1995-2011
ニュージーランドの旗 ニュージーランド U-20
ニュージーランドの旗 ニュージーランド U-23 (OA枠)
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
- (-)
3 (0)
69 (6)
2. 2012年6月29日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

サイモン・ジョン・エリオットSimon John Elliott1974年6月10日- )は、ニュージーランドウェリントン出身の同国代表サッカー選手

経歴[編集]

セミプロ&大学時代[編集]

ニュージーランドにいる間、幾つかのセミプロクラブに在籍。アメリカへ行く前は、高校のクラブでもプレーしていた。アメリカでは、スタンフォード大学のクラブに1年在籍。大学サッカーリーグでは、13ゴール12アシストを記録した。[1]

プロ時代[編集]

1999年5月にロサンゼルス・ギャラクシーへ入団する前にAリーグ (現 北米サッカーリーグ)のボストン・ブルドッグスに所属し、3試合出場した。2000年のCONCACAFチャンピオンズリーグでは、5ゴール5アシストを記録し優勝に貢献。自身はMVPに選ばれた。国内では、5シーズン在籍中に122試合に出場し10ゴール決めた。また、2001年にUSオープンカップ、2002年にMLSカップのタイトルを獲得した。[1]

2004年1月、ドラフトでコロンバス・クルーへ移籍した。2005年、エリオットは全試合に出場したが、チームは最下位に終わった。

2005年7月のプレシーズン、フラムFCとの親善試合で監督クリス・コールマンの目に触れ、MLSのシーズン終了後の2006年1月にフリー移籍でフラムへ移籍した。[2][3]2005-06シーズンの残りの期間で、リーグ戦12試合とカップ戦1試合にスタメン出場した。[4]シーズン終了後の夏の間にふくらはぎの筋肉を損傷した。[5]怪我の影響により2006-07シーズン通して試合に出ることは出来ず、リザーブの試合に数試合出場しただけだった。2008年5月、フラムが放出することを発表した。[6]

2009年、エリオットはMLSに戻りサンノゼ・アースクエイクスと契約。2010年の開幕戦を前に放出された。[7]

2010年11月にエリオットは、負傷で退団したオスカル・ロベルト・コルネーホの代わりに故郷のウェリントン・フェニックスに入団した。

2011年2月にMLSのトライアルを受け、9日にチーヴァス・USAに入団。[8]シーズン終了後に契約も切れたためリ・エントリー・ドラフトを受けたが、どこからも選ばれず無所属になった。

代表[編集]

1995年2月21日のシンガポール代表戦、3-0の勝利でA代表デビューを飾った。2008年9月10日のニューカレドニア代表戦で50キャップ目を記録し、3-0の勝利で祝った。2002 FIFAワールドカップ・オセアニア予選FIFAコンフェデレーションズカップ2003フランス代表戦といった大舞台でもプレーした。[1]北京オリンピックライアン・ネルセンクリス・キレンと共にオーバーエイジで参加した。FIFAコンフェデレーションズカップ2009のメンバーに選ばれた。

2010年5月10日、当時所属クラブが決まらず無所属だったが、2010 FIFAワールドカップの最終メンバー23人に選ばれた。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c L.A. Galaxy Acquire First Round Pick in 2005
  2. ^ It's All White for the Cottagers
  3. ^ Fulham swoop to sign midfielder
  4. ^ Games played by Simon Elliott in 2005/2006
  5. ^ Fulham hit by Elliott injury fear
  6. ^ Bocanegra heads Fulham clear-out
  7. ^ Quakes waive three players
  8. ^ Chivas USA signs Simon Elliott and Andrew Boyens