サイモン・パジェノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サイモン・パジェノ
Simon Pagenaud
Simon Pagenaud Le Mans drivers parade 2011 crop.jpg
2011年のル・マン24時間レース、ドライバー・パレードで
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1984-05-18) 1984年5月18日(35歳)
出身地 フランスポワチエ
インディカー・シリーズでの経歴
デビュー 2011
所属 ペンスキー・レーシング
車番 22
過去所属 HVMレーシング
ドレイヤー&レインボールド・レーシング
サム・シュミット・モータースポーツ
出走回数 104
優勝回数 11
ポールポジション 9
ファステストラップ 6
シリーズ最高順位 1位 (2016)
過去参加シリーズ
2010-2011

2009-2011
2008-2011

2007

2006

2005

2002, 2004

2002-2003
インターコンチネンタル・ル・マン・カップ
ル・マン・シリーズ
アメリカン・ル・マン・シリーズ
チャンプカー・ワールド・シリーズ
アトランティック・チャンピオンシップ
フォーミュラ・ルノー3.5シリーズ
フォーミュラ・ルノー2000ユーロカップ
フレンチ・フォーミュラ・ルノー
選手権タイトル
2016

2010

2006
インディカー・シリーズ
アメリカン・ル・マン・シリーズ (LMP1)
アトランティック・チャンピオンシップ

サイモン・パジェノ (Simon Pagenaud, 1984年5月18日 - ) は、フランスレーシングドライバーポワチエ出身。現在はチーム・ペンスキーからインディカー・シリーズに参戦している。記事名の「サイモン・パジェノ」は本人がアメリカで自称する際の読みであるが、フランス語の読みに近い"シモン・パジェノ"、英語読みの"サイモン・ペジナウ"など、日本においては表記にバラつきがあるが、GAORAの中継やホンダによる紹介などでは"シモン・パジェノー"である。

経歴[編集]

パジェノは2002年から2003年までフレンチ・フォーミュラ・ルノーに参戦、2002年と2004年はフォーミュラ・ルノー2000ユーロカップに参戦した。2005年にはフォーミュラ・ルノー3.5シリーズに参戦、ランキングは16位であった。翌2006年はアメリカに行きチーム・オーストラリアからアトランティック・チャンピオンシップに参戦、グラハム・レイホールを僅かに上回ってチャンピオンを獲得した。

アトランティック・チャンピオンシップでパジェノは200万ドルの賞金を獲得し、翌2007年チャンプカー・ワールド・シリーズにステップアップすることとなった。2007年2月13日、パジェノとチーム・オーストラリアは契約を継続してチャンプカーにステップアップすることを確認した。パジェノはデビューシーズンで4位を3回コンスタントに結果を残し、ランキング8位でシーズンを終えた。

チャンプカー・ワールド・シリーズの終焉後、パジェノはアメリカン・ル・マン・シリーズに戦いの場を移し、元CARTチャンピオンのジル・ド・フェランと共にド・フェラン・モータースポーツのアキュラ・ARX-01bでLMP2クラスに参戦した。彼のランキングは14位であった。

2009[編集]

2009年、ド・フェラン・モータースポーツとパジェノは大きな進歩を果たし、LMP1クラスでシリーズ2位を獲得、チャンピオンとなったハイクロフト・レーシングのデヴィッド・ブラバムとスコット・シャープ組とは僅か17ポイント差であった。ド・フェランとパジェノ組は10戦中5勝を挙げ、ポールポジションを3回獲得、ファステストラップを6度塗り替えた。

また同年、パジェノはペスカロロ・スポールのプジョーFAP・908をドライブしてル・マン24時間レース、LMP1クラスに参戦した。チームは完走できなかったものの、210ラップを走行した。レースはデヴィッド・ブラバムが駆るワークス、プジョー・スポール・トタルのFAP・908で、コ・ドライバーは元F1ドライバーのアレクサンダー・ヴルツマルク・ジェネであった。

2010[編集]

2012[編集]

2015

2012年のインディカー・シリーズにシュミット・ハミルトン・モータースポーツよりフル参戦、パジェノにとっては2007年のチャンプカー以来のオープンホイールレース本格参戦であった。ルーキーかつ一台体制ながらロングビーチで2位表彰台を獲得、その後も3位を3回獲得しチャンピオンシップ5位とルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

2013[編集]

前年に引き続き、2013年のインディカー・シリーズにシュミット・ハミルトン・モータースポーツよりフル参戦。第7戦デトロイト・レース2で初優勝。第14戦ミッド・オハイオでは初ポールポジション(決勝は2位)、第16戦バルチモアで2勝目をあげるなどの活躍を見せチャンピオンシップ3位となった。

2014[編集]

引き続き2014年のインディカー・シリーズにシュミット・ピーターソン・モータースポーツよりフル参戦。第4戦インディアナポリスGP、第10戦ヒューストン・レース2の2勝をあげ、チャンピオンシップ5位となった。

2015[編集]

シュミット・ピーターソン・モータースポーツから名門ペンスキー・レーシングへ移籍した。

2016[編集]

前年に引き続きペンスキーから参戦、5勝を挙げて自身初のシリーズチャンピオンに輝いた。

2019[編集]

第103回インディ500マイルレースで優勝。ポールポジション・最多リードラップを取り、フランス人として100年ぶり4人目の優勝を飾った。

記録[編集]

シーズン シリーズ チーム 車番 出走数 勝利数 ポールポジション ファステストラップ ポイント 順位
2005 フォーミュラ・ルノー3.5シリーズ サルニエ・レーシング 16 16 0 0 0 30 16位
2006 チャンプカー・アトランティック チーム・オーストラリア 15 12 1 1 1 258 1位
2007 チャンプカー・ワールド・シリーズ チーム・オーストラリア 15 14 0 0 1 232 8位
2008 ル・マン24時間 LMP1クラス チーム・オレカ-マットミュット 6 1 0 0 0 N/A NC
アメリカン・ル・マン・シリーズ LMP2クラス ド・フェラン・モータースポーツ 66 8 0 0 1 85 9位
2009 ル・マン24時間 LMP1クラス ペスカロロ・スポール 17 1 0 0 0 N/A NC
アメリカン・ル・マン・シリーズ LMP1クラス ド・フェラン・モータースポーツ 66 10 5 3 5 162 2位
ル・マン・シリーズ LMP1クラス チーム・プジョー・トタル 7 1 1 1 1 11 19位
2010 ル・マン24時間 LMP1クラス チーム・プジョー・トタル 3 1 0 0 0 N/A NC
アメリカン・ル・マン・シリーズ LMP / LMP2クラス ハイクロフト・レーシング 1 9 4 1 4 182 1位
ル・マン・シリーズ LMP1クラス チーム・プジョー・トタル 3 1 1 0 0 18 21位
インターコンチネンタル・ル・マン・カップ LMP1クラス チーム・プジョー・トタル 1 1 0 0 0 N/A N/A
2011 インディカー・シリーズ ドレイヤー&レインボールド・レーシング
HVMレーシング
24/22
78
3 0 0 0 56 31位
ル・マン24時間 LMP1クラス チーム・プジョー・トタル 9 1 0 0 0 N/A 2位
アメリカン・ル・マン・シリーズ LMP1クラス ハイクロフト・レーシング
プジョー・スポール・トタル
01
7
2 0 0 0 0 NC
ル・マン・シリーズ LMP1クラス プジョー・スポール・トタル 9/7 2 1 1 1 0 NC
インターコンチネンタル・ル・マン・カップ LMP1クラス プジョー・スポール・トタル 7 2 1 1 1 N/A N/A
インターナショナルV8スーパーカー・チャンピオンシップ ゲイリー・ロジャース・モータースポーツ 33 2 0 0 0 207 49位

フォーミュラ・ルノー3.5[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 DC ポイント
2005年 サルニエ・レーシング ZOL1
8
ZOL2
4
MON1
10
VAL1
5
VAL2
11
LMS1
10
LMS2
Ret
BIL1
11
BIL2
12
OSC1
Ret
OSC2
DNS
DON1
8
DON2
5
EST1
9
EST2
11
MNZ1
11
MNZ2
12
16位 30

アメリカン・オープンホイール[編集]

チャンプカー・アトランティック[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2006年 チーム・オーストラリア LBH
4
HOU
2
MTY
2
POR
23
CLE1
2
CLE2
5
TOR
4
EDM
1
SJO
9
DEN
3
MTL
2
ROA
17
1位 258

チャンプカー・ワールド・シリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
2007年 チーム・オーストラリア パノス・DP01 コスワース LVG
12
LBH
14
HOU
5
POR
8
CLE
5
MTT
4
TOR
4
EDM
4
SJO
10
ROA
11
ZOL
12
ASN
6
SRF
5
MXC
6
8位 232

インディカー・シリーズ[編集]

チーム エンジン シャーシ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2011年 ドレイヤー&レインボールド・レーシング ホンダ ダラーラ・IR05 STP ALA
8
LBH SAO INDY TXS1 TXS2 MIL IOW TOR EDM MDO
13
NHM 31位 56
HVMレーシング SNM
15
BAL MOT KTY LVS
2012年 シュミット・ハミルトン・モータースポーツ ダラーラ・DW12 STP
6
ALA
5
LBH
2
SAO
12
INDY
16
DET
3
TXS
6
MIL
12
IOW
5
TOR
12
EDM
20
MDO
3
SNM
7
BAL
3
FON
15
5位 387
2013年 STP
24
ALA
6
LBH
8
SAO
9
INDY
8
DET1
12
DET2
1
TXS
13
MIL
12
IOW
6
POC
6
TOR1
9
TOR2
12
MDO
2
SNM
5
BAL
1
HOU1
4
HOU2
6
FON
13
3位 508
2014年 STP
5
LBH
5
ALA
4
IMS
1
INDY
12
DET1
22
DET2
6
TXS
4
HOU1
16
HOU2
1
POC
6
IOW
11
TOR1
4
TOR2
22
MDO
9
MIL
7
SNM
3
FON
20
5位 565
2015年 チーム・ペンスキー シボレー STP
5
NLA
20
LBH
4
ALA
9
IMS
25
INDY
10
DET1
3
DET2
14
TXS
11
TOR
11
FON
9
MIL
9
IOW
14
MDO
3
POC
7
SNM
16
11位 384
2016年 STP
2
PHX
2
LBH
1
ALA
1
IMS
1
INDY
19
DET1
13
DET2
2
RDA
13
IOW
4
TOR
9
MDO
1
POC
18
TXS
4
WGL
7
SNM
1
1位 659
2017年 STP
2
LBH
5
ALA
3
PHX
1
IMS
4
INDY
14
DET1
16
DET2
5
TXS
3
ROA
4
IOW
7
TOR
5
MDO
4
POC
4
GTW
3
WGL
9
SNM
1
2位 629
2018年 STP
13
PHX
10
LBH
24
ALA
9
IMS
8
INDY
6
DET1
17
DET2
10
TXS
2
ROA
7
IOW
8
TOR
2
MDO
8
POC
8
GTW
4
POR
6
SNM
4
6位 492
2019年 STP
7
COA
19
ALA
9
LBH
6
IMS
1
INDY
1
DET1
6
DET2
17
TXS
6
RDA
9
TOR
1
IOW
4
MDO
6
POC
3
GTW
5
POR
7
LAG
4
2位 616
チーム 出走数 ポールポジション 勝利数 表彰台
(勝利以外)**
トップ10
(表彰台以外)***
チャンピオン獲得数
5 4 74 2 6 10 32 1(2016)
** 表彰台(勝利以外):2位または3位
*** トップ10(表彰台以外):4位から10位まで

インディ500[編集]

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
2012年 ダラーラ ホンダ 23 16 シュミット・ハミルトン・モータースポーツ
2013年 21 8
2014年 5 12
2015年 シボレー 3 10 チーム・ペンスキー
2016年 8 19
2017年 23 14
2018年 2 6
2019年 1 1

スポーツカー[編集]

アメリカン・ル・マン・シリーズ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2008年 ド・フェラン・モータースポーツ HPD ARX-01b LMP2 SEB
STP
LBH
UTA
3
LIM
7
MDO
Ret
ELK
8
MOS
5
DET
3
PET
5
LGA
2
8位 85
2009年 HPD ARX-02a LMP1 SEB
Ret
STP
Ret
LBH
1
UTA
1
LIM
1
MDO
1
ELK
2
MOS
2
PET
7
LGA
1
2位 162
2010年 パトロン ハイクロフト・レーシング HPD ARX-01c LMP SEB
2
LBH
1
LGA
1
UTA
1
LIM
2
MDO
2
ELK
3
MOS
2
PET
1
1位 182
2011年 ハイクロフト・レーシング HPD ARX-01e P1 SEB
4
LBH
LIM
MOS
MDO
ELK
BAL
LGA
NC 0
プジョー・スポール トタル プジョー・908 PET
Ret
2012年 マッスル・ミルク・ピケット・レーシング HPD ARX-03a P1 SEB
Ret
LBH
LGA
LIM
MOS
MDO
ELK
BAL
VIR
PET
8位 20
2013年 レベル5モータースポーツ HPD ARX-03b P2 SEB
2
LBH
LGA
LIM
MOS
ELK
1
BAL
CTA
VIR
PET
8位 40

ル・マン・シリーズ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 順位 ポイント
2009年 プジョー・スポール トタル プジョー・908 HDi FAP LMP1 CAT
SPA
1
ALG
NÜR
SIL
19位 11
2010年 LMP1 CAS
SPA
1
ALG
HUN
SIL
21位 18
2011年 プジョー・908 LMP1 CAS
SPA
8
IMO SIL
1
EST
NC 0

インターコンチネンタル・ル・マン・カップ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7
2010年 パトロン ハイクロフト・レーシング HPD ARX-01c LMP2 SIL
PET
1
プジョー・スポール トタル プジョー・908 HDi FAP LMP1 ZHU
4
2011年 ハイクロフト・レーシング HPD ARX-01e LMP1 SEB
2
プジョー・スポール トタル プジョー・908 SPA
8
LMN
2
IMO SIL
1
PET
Ret
ZHU

ユナイテッド・スポーツカー選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2014年 エクストリーム・スピード・モータースポーツ HPD ARX-03b P DAY
7
SEB
5
LBH
MON
DET
WGL
MOS
IMS
ELK
CTA
PET
30位 52
2015年 コルベット・レーシング シボレー・コルベット C7.R GT LM DAY
3
SEB
9
LBH
LGA
WGL
MOS
ELK
VIR
CTA
PET
18位 54
2016年 アクション・エクスプレス・レーシング コルベット・DP P DAY
6
SEB
LBH
LGA
DET
WGL
MOS
ELK
CTA
PET
4
22位 55
2017年 チーム・ペンスキー オレカ・07 P DAY
SEB
LBH
CTA
DET
WGL
MOS
ELK
LGA
PET
3
30位 30
2018年 アキュラ・チーム・ペンスキー アキュラ・ARX-05 P DAY
10
SEB
14
LBH
MDO
DET
WGL
MOS
ELK
LGA
PET
13
34位 56
2019年 DPi DAY
6
SEB
9
LBH
MDO
DET
WGL
MOS
ELK
LGA
PET
17位* 47*

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
2008年 フランスの旗 チーム・オレカ-マットムート スイスの旗 マルセル・フェスラー
フランスの旗 オリビエ・パニス
クラージュ-オレカ・LC70-ジャッド LMP1 147 DNF DNF
2009年 フランスの旗 ペスカロロ・スポール フランスの旗 ジャン=クリストフ・ブイヨン
フランスの旗 ブノワ・トレルイエ
プジョー・908 HDi FAP LMP1 210 DNF DNF
2010年 フランスの旗 プジョー・スポール トタル フランスの旗 セバスチャン・ボーデ
ポルトガルの旗 ペドロ・ラミー
プジョー・908 HDi FAP LMP1 38 DNF DNF
2011年 フランスの旗 プジョー・スポール トタル フランスの旗 セバスチャン・ボーデ
ポルトガルの旗 ペドロ・ラミー
プジョー・908 LMP1 355 2位 2位

デイトナ24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
2014年 アメリカ合衆国の旗 エクストリーム・スピード・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 ヨハネス・ヴァン・オーヴァービーク
アメリカ合衆国の旗 エド・ブラウン
アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ラザロ
HPD ARX-03b P 676 11位 7位
2015年 アメリカ合衆国の旗 コルベット・レーシング イギリスの旗 オリバー・ギャビン
アメリカ合衆国の旗 トニー・ミルナー
シボレー・コルベット C7.R LM GT 718 7位 3位
2016年 アメリカ合衆国の旗 アクション・エクスプレス・レーシング アメリカ合衆国の旗 デイン・キャメロン
アメリカ合衆国の旗 エリック・カラン
イギリスの旗 ジョナサン・アダム
コルベット・DP P 724 6位 6位
2018年 アメリカ合衆国の旗 アキュラ・チーム・ペンスキー アメリカ合衆国の旗 デイン・キャメロン
コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ
アキュラ・ARX-05 P 793 10位 10位
2019年 アメリカ合衆国の旗 アキュラ・チーム・ペンスキー アメリカ合衆国の旗 デイン・キャメロン
コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ
アキュラ・ARX-05 DPi 576 8位 6位

参照[編集]

タイトル
先代:
チャールズ・ツォルスマン
トヨタ・アトランティック・チャンピオン
2006
次代:
ラファエル・マトス
先代:
デヴィッド・ブラバム
スコット・シャープ
アメリカン・ル・マン・シリーズチャンピオン
2010
デヴィッド・ブラバムと共に
次代:
ガイ・スミス
クリス・ダイソン