サイレントディール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サイレントディール
Silent Deel.jpg
2008年12月13日 阪神競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2000年3月19日(19歳)
サンデーサイレンス
フェアリードール
母の父 Nureyev
生国 日本の旗 日本北海道勇払郡早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 金子真人
→ 金子真人ホールディングス
調教師 池江泰郎栗東
厩務員 市川明彦
競走成績
生涯成績 50戦7勝
獲得賞金 中央2億7044万1000円
地方4800万円
テンプレートを表示

サイレントディール日本の元競走馬である。生産者はノーザンファーム早来町)、生年月日は2000年3月19日[1]。芝・ダート双方の重賞戦線で活躍し[2]、2歳9月のデビューから8歳の引退まで息の長い活躍を見せた[3]。2003年シンザン記念、同年武蔵野ステークス(いずれもGIII)、2007年佐賀記念(交流GIII)の勝ち馬[4]。全姉にエリザベス女王杯優勝馬のトゥザヴィクトリーを持ち[4]、芝とダートでJRA重賞を勝利した唯一のサンデーサイレンス産駒である[5]

生産[編集]

2000年3月19日に出生[6]。父は1995年から2007年まで総合チャンピオンサイアー[2]サンデーサイレンス[4]、母フェアリードール[4]は1991年生のアメリカ産馬(イギリス出走馬)[2]で、全姉にエリザベス女王杯優勝馬のトゥザヴィクトリーがいた[2]。トゥザヴィクトリーの全弟として注目を集めたサイレントディールは、同年7月に開催されたセレクトセールに「フェアリードールの2000」として上場され、図研社長の金子真人に1億1550万円で落札された[2][6]

競走馬時代[編集]

2歳戦からクラシック[編集]

2002年9月15日、阪神競馬場で行われた新馬戦でデビュー[7]中館英二騎乗のサイレントディールは、この芝1600mのレースを1番人気で逃げ切り、2着メイショウマルスに2馬身半差をつけて勝利した[8]。続く武豊が騎乗した萩ステークス(京都・芝1800m)では5着に敗れるが、同条件の黄菊賞(500万下、上村洋行騎乗)を2番手からの競馬で勝利する[9]。12月8日の朝日杯フューチュリティステークスで重賞初出走。武豊騎乗の3番人気サイレントディールは、強力な先行馬が不在の中でハナを主張するが、同じく掛かり気味に先行したマイネルモルゲンと1000m通過56.9秒のハイペースを作り出したのちに失速[10]。勝ったエイシンチャンプから0.9秒差の8着に敗れた[11]

2003年1月12日、サイレントディールは1番人気に推されたシンザン記念で重賞初勝利を挙げる。道中6番手追走からスローの流れに乗り、早めのスパートから2着マッキーマックスをクビ差で抑えた[12][13]。前半47.9-後半46.9秒のレースラップと1分34秒8の勝ち時計は、前年の勝ち馬でありダービー馬、タニノギムレットのそれと全く同じ数字だった[13]。この時点で陣営はドバイで行われるUAEダービー出走のプランを持っていた[14]。続くきさらぎ賞は重馬場の中、後方からの競馬で3番人気ネオユニヴァースの2着[15]。この後、サイレントディールは有力馬の一頭としてクラシックへ向かうが、皐月賞日本ダービーともにネオユニヴァースの6着、4着に敗れた。馬の評価には常に激しい気性からくる折り合い面への不安が伴い、武豊はのちに「今にして思えば、2400mでよく折り合ったものだ」とダービーを回顧している[15][16][17]。その後、6月には3歳馬ながら宝塚記念へ出走するが、ヒシミラクルの10着に敗れた[18]

ダート転向[編集]

秋は調整の遅れから菊花賞を回避し、池江はサイレントディールをダート重賞の武蔵野ステークスへ登録する[19]。レースでは4角を2番手で曲がると一気に突き放し、2着ハギノハイグレイドに4馬身差をつけて勝利[20]。池江は精神面の成長を評価した[19]。続くジャパンカップダートでは2番人気に推されたが、先団追走も直線伸びず、アメリカ馬フリートストリートダンサーの7着に敗れた[21]。騎手のオリビエ・ペリエは「今日は返し馬からノメっていた。馬場が全て」と雨の影響が見えた馬場に敗因を求めた[21]。ペリエとサイレントディールのコンビは、次走の東京大賞典も1番人気に応えられず、7着に敗れている[22]

2004年2月、サイレントディールはドバイミーティングの3競走(ワールドカップデューティーフリーシーマクラシック)へ登録され、シーマクラシック出走馬に選出された[23]。ドバイへ向けたステップとなるフェブラリーステークスは内で揉まれる厳しい競馬になったが、直線伸びてアドマイヤドンの2着に好走[24]。レース後、新たにワールドカップへの招待が発表された。結果的にレースには武豊が騎乗したが、オリビエ・ペリエは「この馬には2400mのシーマクラシックは気性的に苦しい。出られるならワールドカップの方が力は出せるだろう」と出走を熱望していた[25]

3月27日、サイレントディールは、アドマイヤドン、リージェントブラフの日本馬2頭と共にワールドカップへ出走した。枠順は12頭立ての6番、サイレントディールは7番人気だった[26]。レース前、池江は馬の状態や馬場との相性に自信を見せていたが[27]、スタートで躓き落馬寸前となり、終始後方のまま勝ち馬プレザントリーパーフェクトから10秒以上離された最下位に沈んだ[28][29]

晩年[編集]

ドバイからの帰国後、サイレントディールが再び重賞を勝利するまでには3年の時間を要した。2005年は芝の中距離路線で走り、4月23日のオープン特別オーストラリアトロフィーに勝利した[30]ほか、6月12日のエプソムカップ(4着)では1番人気の支持を集めた[31]。2005年秋以降は芝・ダートを問わず走り、2007年の佐賀記念で3年3か月ぶりの重賞勝利を飾っている[32]。このレース、サイレントディールは中断追走からペースが落ちた1周目のスタンド前で一気に先頭へ進出、迫るクーリンガーを半馬身抑えてレコードタイムで勝利した[32]。佐賀記念後の勝利はなく、2008年12月13日、ダート2000mのベテルギウスステークス13着を最後に、12月16日付けで登録を抹消された[33]。JRA、地方、海外を走り、50戦7勝。芝とダートのJRA重賞を勝利した唯一のサンデーサイレンス産駒である[5][34]

種牡馬時代[編集]

2009年から北海道日高町ブリーダーズ・スタリオン・ステーション種牡馬入り[35]。初年度は53頭に種付けしたが、年々頭数を減らし、2013年の種付け頭数は3頭まで落ち込んだ[2]。元々体高170cm、体重500kgを超える大型馬だが、引退後は570㎏ほどの馬体となっているという[36]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

サイレントディール血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系
[§ 2]

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

* フェアリードール
Fairy Doll
1991 栗毛
Nureyev
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Special Forli
Thong
母の母
Dream Deal
1986 栗毛
Sharpen Up Atan
Rocchetta
Likely Exchange Terrible Tiger
Likely Swap
母系(F-No.) (FN:No.9-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Almahmoud 4×5、Native Dancer 5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ 5代血統表 - JBISサーチ、2015年6月6日閲覧
  2. ^ [要出典]
  3. ^ 5代血統表 - JBISサーチ、2015年6月8日閲覧
  4. ^ 5代血統表 - JBISサーチ、2015年6月8日閲覧


脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サイレントディール”. スポーツナビ. 2015年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f サイレントディール”. 競走馬のふるさと案内所. 2015年6月8日閲覧。
  3. ^ 【サイレントディール】がブリーダーズスタリオンSに到着”. 馬市.comブログ (2008年12月18日). 2015年6月11日閲覧。
  4. ^ a b c d サイレントディールが引退、種牡馬入り”. netkeiba.com. 2015年6月10日閲覧。
  5. ^ a b サンデーサイレンス産駒年度別重賞勝利一覧 2010/2009/2008/2007/2006/2005/2004/[ 2003]/20022001/2000/1999/1998/1997/1996/1995 netkeiba 2015年6月11日閲覧
  6. ^ a b サイレントディール”. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年6月8日閲覧。
  7. ^ サイレントディール競走成績”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  8. ^ 2歳新馬 2002年09月15日”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  9. ^ 黄菊賞|2002年11月09日”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  10. ^ 柏木集保. “重賞レース回顧: 朝日杯フューチュリティS”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  11. ^ 朝日杯FS|2002年12月08日”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  12. ^ 日刊スポシンザン記念|2003年01月12日”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  13. ^ a b 柏木集保. “重賞レース回顧: シンザン記念”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  14. ^ 長岡一也 (2003年2月18日). “混沌とした牡馬戦線”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  15. ^ a b 柏木集保. “重賞レース回顧: きさらぎ賞”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  16. ^ PHOTOパドック: サイレントディール”. 競馬ブック. 2015年6月8日閲覧。
  17. ^ 武豊/ダービーのすべてを語ろう”. 月刊UMAJIN (2011年1月28日). 2015年6月8日閲覧。
  18. ^ 宝塚記念|2003年06月29日”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  19. ^ a b 【JCダート】栗東レポート〜サイレントディール”. ラジオNIKKEI (2003年11月26日). 2015年6月8日閲覧。
  20. ^ 衝撃のダートデビュー!サイレントディール武蔵野S圧勝”. 日本競走馬協会 (2013年11月4日). 2015年6月8日閲覧。
  21. ^ a b 11月29日(土)「JCダートは米・フリートストリートダンサーが4cm差V」”. ラジオNIKKEI (2003年12月1日). 2015年6月8日閲覧。
  22. ^ 12月29日(月)「東京大賞典はスターキングマン圧勝」”. ラジオNIKKEI (2003年12月29日). 2015年6月8日閲覧。
  23. ^ 【ドバイWCデイ】諸競走へ新たに日本馬4頭選出”. ラジオNIKKEI (2004年2月6日). 2015年6月8日閲覧。
  24. ^ 柏木集保. “重賞レース回顧: フェブラリーステークス”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  25. ^ 【ドバイ国際競走】サイレントディール、ドバイワールドカップへ”. ラジオNIKKEI (2004年3月1日). 2015年6月8日閲覧。
  26. ^ ドバイワールドC、出馬表確定”. netkeiba (2004年3月26日). 2015年6月8日閲覧。
  27. ^ ドバイWC<1週前>栗東レポート〜サイレントディール”. ラジオNIKKEI (2004年3月17日). 2015年6月8日閲覧。
  28. ^ ドバイワールドC、日本馬3頭は敗退”. netkeiba (2004年3月27日). 2015年6月8日閲覧。
  29. ^ 【ドバイ・ワールドカップ】日本馬陣営のコメント”. netkeiba (2004年3月27日). 2015年6月8日閲覧。
  30. ^ オーストラリアT|2005年04月23日”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  31. ^ エプソムカップ|2005年06月12日”. netkeiba. 2015年6月8日閲覧。
  32. ^ a b 佐賀記念(GIII)はサイレントディール、3年3ヶ月ぶりの重賞制覇!”. ラジオNIKKEI (2007年2月12日). 2015年6月8日閲覧。
  33. ^ トゥザヴィクトリーの弟サイレントディールが登録抹消”. ラジオNIKKEI (2008年12月14日). 2015年6月8日閲覧。
  34. ^ 【新種牡馬紹介(4)】ディール産駒に二刀流伝える”. スポーツニッポン. 2015年6月8日閲覧。
  35. ^ サイレントディール カタログ”. ブリーダーズ・スタリオン・ステーション. 2015年6月11日閲覧。
  36. ^ サイレントディールを訪ねて”. 競走馬のふるさと案内所. 2015年6月8日閲覧。
  37. ^ a b 種牡馬情報:種牡馬成績 |サイレントディール”. JBISサーチ(JBIS-Search). 日本軽種馬協会. 2015年6月6日閲覧。
  38. ^ ラッキープリンス”. JBISサーチ(JBIS-Search). 日本軽種馬協会. 2015年6月6日閲覧。