サウスヴィグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サウスヴィグラス
Sausuvigurasu.jpg
静内SS(2004年)
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1996年4月19日
死没 2018年3月4日(22歳没)
登録日 1998年8月13日
抹消日 2003年12月19日
エンドスウィープ
ダーケストスター
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Samuel H. Rogers Jr.
馬主 南波壽
調教師 高橋祥泰美浦北
競走成績
生涯成績 33戦16勝
中央競馬 24戦10勝
地方競馬 9戦6勝
獲得賞金 5億4372万5000円
テンプレートを表示

サウスヴィグラスは、日本で活躍したアメリカ産の元競走馬外国産馬)である。引退後は種牡馬として活躍した。

エンドスウィープ初期の代表産駒で2002年 - 2003年にかけてのダート短距離路線で活躍し、GIを含む8つのダート短距離重賞を制覇した。おもな戦績に2003年JBCスプリント統一GI)がある。主戦騎手は柴田善臣

競走戦績[編集]

1998年のデビュー以降ダートの短距離を中心に出走し、2001年2月の橿原ステークスを制してオープン入りし、2001年末までに22戦8勝2着6回という成績を収めた。ここまでの勝ち星はすべてダートの1200m戦で挙げたもので、1400m戦では7戦7敗、1600m戦の武蔵野ステークスでは14着とダート戦で唯一の二桁着順を経験している。

2002年、6歳になってサウスヴィグラスは本格化する。年明け初戦のガーネットステークスこそブロードアピールの2着と敗れるが、続く根岸ステークスでは前年のフェブラリーステークス優勝馬ノボトゥルーを退け重賞初制覇、初めて1400m戦を克服した。続くフェブラリーステークスでも1600m戦・GI初挑戦ながら6着に粘り込み、得意のスプリント戦に戻るや黒船賞で前年のJBCスプリント優勝馬ノボジャックに1.6秒差を付け快勝、続くかきつばた記念北海道スプリントカップクラスターカップでは、それぞれコースレコード・日本レコード・コースレコードと強さを見せつけた。

その後に骨折が判明したため目標であったJBCスプリントへの出走は叶わず休養に入った。サウスヴィグラス不在で行われた同年のJBCスプリントはサウスヴィグラスが連勝中に破ってきた馬たちが上位1着-4着を独占した。

骨折から復帰した翌2003年には、根岸S(この年は中山開催)と北海道スプリントカップをいずれも休み明けとなりながら連覇。北海道スプリントカップ後にも軽度の骨折が判明し、またも休み明けとなった東京盃ではハタノアドニスの2着に敗れて連勝を6で止めたが、引退レースとなったJBCスプリントではマイネルセレクトの猛追をハナ差しのいで優勝、GI制覇を成し遂げるとともに、当時ホクトベガが持っていたグレード制導入以降の中央競馬所属馬による通算最多勝利記録に並んだ。本馬が優勝した第3回JBCスプリントには第1回と第2回のJBCスプリント優勝馬に加え、第4回を制することとなるマイネルセレクトや第5回JBCスプリントで2着・3着になる馬などが出走していた。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
1998.11.14 東京 新馬 11 24.7 0(7人) 02着 横山典弘 54 ダ1400m(良) 1:27.1 (39.0) -0.7 サンタイアフェアー
0000.12.13 中山 未勝利 16 04.1 0(3人) 01着 岡部幸雄 54 ダ1200m(良) 1:12.1 (37.1) -0.6 (ディアブロナカヤマ)
1999.01.09 中山 朱竹賞 12 02.4 0(1人) 01着 岡部幸雄 55 ダ1200m(良) 1:11.7 (38.3) -0.6 (リワードアイゼン)
0000.02.06 東京 ヒヤシンスS OP 10 11.4 0(5人) 02着 横山典弘 55 ダ1600m(良) 1:38.4 (37.9) -0.1 タイキヘラクレス
0000.04.04 中山 クリスタルC GIII 14 16.9 0(7人) 11着 横山典弘 55 芝1200m(良) 1:10.4 (36.7) -1.2 タイキダイヤ
0000.11.20 東京 900万下 16 03.3 0(1人) 01着 柴田善臣 55 ダ1200m(良) 1:10.6 (35.8) -0.7 (ミラクルマンボ)
2000.01.05 京都 門松S 16 01.7 0(1人) 01着 武豊 56 ダ1200m(良) 1:10.9 (35.9) -0.5 (マイトシェーバー)
0000.02.12 京都 すばるS OP 16 01.9 0(1人) 02着 武豊 55 ダ1400m(稍) 1:23.8 (36.8) -0.1 タガノサイレンス
0000.04.01 阪神 コーラルS OP 16 01.8 0(1人) 02着 武豊 54 ダ1400m(良) 1:22.6 (36.3) -0.0 エイシンサンルイス
0000.05.14 京都 栗東S OP 16 01.8 0(1人) 02着 河内洋 56 ダ1200m(重) 1:09.3 (35.4) -0.1 ブロードアピール
0000.11.12 東京 奥多摩S 18 16.7 0(7人) 18着 武幸四郎 57 芝1400m(良) 1:24.6 (38.1) -2.9 グリーンプラネット
0000.11.26 京都 貴船S 16 02.9 0(1人) 01着 武幸四郎 58 ダ1200m(良) 1:10.7 (35.9) -0.9 (ゲインフルマーク)
0000.12.17 阪神 武田尾S 15 01.5 0(1人) 02着 武幸四郎 58 ダ1400m(稍) 1:24.3 (37.5) -0.0 ハタノアドニス
2001.01.07 中山 ガーネットS GIII 13 08.1 0(3人) 03着 柴田善臣 56 ダ1200m(良) 1:09.6 (35.8) -0.1 ビーマイナカヤマ
0000.02.04 京都 橿原S 15 01.5 0(1人) 01着 武幸四郎 57 ダ1200m(稍) 1:09.6 (35.3) -1.3 (クールネージュ)
0000.04.14 中山 京葉S OP 15 01.5 0(1人) 01着 柴田善臣 57.5 ダ1200m(良) 1:10.8 (35.8) -0.6 (キーゴールド)
0000.05.26 東京 欅S OP 14 03.4 0(2人) 08着 柴田善臣 56 ダ1400m(良) 1:23.1 (37.2) -1.1 アッミラーレ
0000.06.14 札幌 北海道スプリントC GIII 12 0(2人) 02着 柴田善臣 56 ダ1000m(良) 0:57.7 (00.0) -0.0 ノボジャック
0000.09.27 大井 東京盃 GII 16 0(2人) 06着 柴田善臣 56 ダ1200m(良) 1:11.9 (36.9) -1.0 ノボジャック
0000.10.27 東京 武蔵野S GIII 15 99.9 (11人) 14着 菊沢隆徳 56 ダ1600m(良) 1:37.7 (40.0) -4.4 クロフネ
0000.11.18 東京 霜月S OP 16 04.5 0(1人) 01着 柴田善臣 56 ダ1200m(良) 1:10.8 (36.5) -0.2 (ゲイリーイグリット)
0000.12.08 阪神 摩耶S OP 15 05.0 0(2人) 04着 四位洋文 57 ダ1400m(良) 1:23.4 (37.4) -0.4 スタンドオンエンド
2002.01.06 東京 ガーネットS GIII 16 04.5 0(2人) 02着 柴田善臣 56 ダ1200m(良) 1:10.5 (36.2) -0.2 ブロードアピール
0000.01.26 東京 根岸S GIII 14 10.5 0(6人) 01着 柴田善臣 56 ダ1400m(良) 1:22.8 (36.5) -0.3 ノボトゥルー
0000.02.17 東京 フェブラリーS GI 16 28.3 0(8人) 06着 横山典弘 57 ダ1600m(良) 1:36.2 (37.2) -1.1 アグネスデジタル
0000.03.18 高知 黒船賞 GIII 12 01.8 0(1人) 01着 柴田善臣 56 ダ1400m(重) 1:26.8 (37.2) -1.6 ノボジャック
0000.05.06 名古屋 かきつばた記念 GIII 12 01.5 0(1人) 01着 柴田善臣 56 ダ1400m(良) R1:23.9 (00.0) -0.1 スターリングローズ
0000.06.13 札幌 北海道スプリントC GIII 12 01.3 0(1人) 01着 柴田善臣 56 ダ1000m(良) R0:56.8 (00.0) -0.4 (ディバインシルバー)
0000.08.16 盛岡 クラスターC GIII 14 01.2 0(1人) 01着 柴田善臣 57 ダ1200m(稍) R1:10.2 (00.0) -0.2 (ディバインシルバー)
2003.02.01 中山 根岸S GIII 16 05.6 0(2人) 01着 柴田善臣 57 ダ1200m(良) 1:10.4 (37.6) -0.0 (ニホンピロサート)
0000.06.12 札幌 北海道スプリントC GIII 11 01.3 0(1人) 01着 柴田善臣 57 ダ1000m(良) 0:58.7 (00.0) -0.8 (エイシンラグランジ)
0000.10.09 大井 東京盃 GII 13 01.2 0(1人) 02着 柴田善臣 56 ダ1190m(良) 1:11.5 (00.0) -0.9 ハタノアドニス
0000.11.03 大井 JBCスプリント GI 15 04.9 0(3人) 01着 柴田善臣 57 ダ1190m(良) 1:09.7 (36.1) -0.0 (マイネルセレクト)

種牡馬時代[編集]

引退後は静内スタリオンステーションにて繋養されていたが、その後アロースタッドに移動した。

2007年にファーストクロップとなる産駒がデビュー。同年6月5日旭川競馬場でマイアミフェスタが産駒初勝利を挙げ、11月18日に京都競馬場で行われた2歳未勝利戦をドキャーレが制し、産駒が中央競馬で初勝利を挙げた。

その後、地方競馬で順調に勝鞍を増やし、NARファーストシーズンリーディングサイアーとなった。また中央でも9位につけている。

2009年1月7日、船橋競馬場で行われた船橋記念(南関東SIII)でスパロービートが勝利し、産駒として初の重賞勝利馬となった。12月16日、川崎競馬場で行われた全日本2歳優駿 (JpnI)にてラブミーチャンが勝利し、産駒として初のJpnI勝利馬となった。こうした産駒の活躍と比較的安価な種付け料(2010年は80万円)から人気を集め、2010年は種付け頭数が213頭と、日高地区で最も多くの種付けを行った。

2012年、2015年、2016年、2017年、2018年には地方競馬リーディングサイアーとなっている[1]

2018年1月26日腸閉塞による疝痛を発症したため開腹手術が行われ、その後は回復に向け静養していたが、同年3月4日18時50分頃、死亡[2]

グレード級重賞勝利馬[編集]

ラブミーチャン(2007年産)
コーリンベリー(2011年産)
ヒガシウィルウィン(2014年産)

太字はGI級競走、*は地方重賞

地方重賞勝利馬[編集]

血統表[編集]

サウスヴィグラス血統ミスタープロスペクター系 / Double Jay 5×5=6.25%, Nasrullah 5×5=6.25%) (血統表の出典)

*エンドスウィープ
End Sweep 1991
鹿毛 アメリカ合衆国
父の父
*Forty Niner 1985
栗毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
File Tom Rolfe
ConTinue
父の母
Broom Dance 1979
鹿毛
Dance Spell Northern Dancer
Obeah
Witching Hour Thinking Cap
Enchanted Eve

*ダーケストスター
Darkest Star 1989
黒鹿毛 アメリカ合衆国
Star de Naskra 1975
黒鹿毛
Naskra Nasram
Iskra
Candle Star Clandestine
Star Minstrel
母の母
Minnie Riperton 1974
黒鹿毛
Cornish Prince Bold Ruler
Teleran
English Harbor War Admiral
Level Sands


出典[編集]

  1. ^ 種牡馬情報:種牡馬成績 |サウスヴィグラス(USA)”. JBISサーチ. 2016年5月30日閲覧。
  2. ^ サウスヴィグラス号が死亡 - JRA(日本中央競馬会)ホームページ(ニュースリリース)2018年3月6日
  3. ^ 2015年JBCスプリント結果南関東競馬情報サイト、2015年11月3日閲覧