サウロ・ヒベイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はヒベイロ第二姓(父方の)はフィーリョです。
サウロ・ヒベイロ
基本情報
本名 サウロ・メンドンサ・ヒベイロ・フィーリョ
(Saulo Mendonça Ribeiro Filho)
通称 ヒクソン門下最強の直弟子
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
出身地 アマゾナス州マナウス
所属 グレイシー・ウマイタ
→ユニバーシティ・オブ・ジュウジュツ
身長 178cm
体重 85kg
階級 ミドル級
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
男子 グラップリング
アブダビコンバット
1999 アブダビ 99kg級
2000 アブダビ 88kg級
2001 アブダビ 88kg級
2003 サンパウロ 88kg級
2005 ロングビーチ 88kg級
世界ノーギ柔術選手権
2012 カリフォルニア 85.5kg級

サウロ・ヒベイロSaulo Ribeiro)は、ブラジル男性柔術家総合格闘家アマゾナス州マナウス出身。ユニバーシティ・オブ・ジュウジュツ主宰。ブラジリアン柔術五段。柔道黒帯。

ヒクソン門下最強の直弟子」と呼ばれ、世界柔術選手権アブダビコンバットで活躍した。シュートボクセ・アカデミーでも練習を行っていた。

シャンジ・ヒベイロは実弟。

来歴[編集]

15歳の時に柔術を始める。17歳の時よりリオデジャネイロのグレイシー・ウマイタでホイラー・グレイシーの指導を受け、1995年に黒帯に昇格した。世界柔術選手権では1997年から2007年にかけて5度の優勝を含む10度の入賞を果たし、歴代最高の4階級制覇を成し遂げた。またアブダビコンバットも2度制覇した。

2000年5月26日、コロシアム2000近藤有己と対戦し、開始わずか22秒、右ハイキックからのパウンドでKO負け。

2006年5月26日、グラップリング大会L.A.SUB-Xでジェイク・シールズと対戦し、ポイント判定勝ち。

2007年2月、アメリカ合衆国サンディエゴで弟シャンジと共にユニバーシティ・オブ・ジュウジュツを設立した[1]

2008年8月、世界ノーギ柔術選手権のメイオペサード(-85kg)級で優勝を果たした。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
3 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 0 2 0 0 0 0
1 1 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジェイソン・アイルランド チョークスリーパー Tournament Fighting Championships 5: Fightzone 5 2002年9月21日
× 近藤有己 1R 0:22 KO(右ハイキック→パウンド) コロシアム2000 2000年5月26日
カルロス・ロペス 1R チョークスリーパー Circuito de Lutas: Carioca de Freestyle 1996年2月10日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジェイク・シールズ ポイント2-1 L.A.SUB-X 2006年5月26日

獲得タイトル[編集]

  • 世界柔術選手権 黒帯メジオ(-79kg)級 優勝(1997年)
  • 世界柔術選手権 黒帯ペサード(-91kg)級 優勝(1998年)
  • 世界柔術選手権 黒帯メイオペサード(-85kg)級 優勝(1999年)
  • 世界柔術選手権 黒帯スペルペサード(-97kg)級 優勝(2000年)
  • 世界柔術選手権 黒帯メイオペサード級 準優勝・アブソルート(無差別)級 準優勝(2001年)
  • 世界柔術選手権 黒帯メイオペサード級 優勝・アブソルート級 準優勝(2002年)
  • 世界柔術選手権 黒帯アブソルート級 3位(2005年)
  • 世界柔術選手権 黒帯メイオペサード級 準優勝(2007年)
  • 第2回アブダビコンバット 99kg未満級 準優勝(1999年)
  • 第3回アブダビコンバット 88kg未満級 優勝(2000年)
  • 第4回アブダビコンバット 88kg未満級 準優勝(2001年)
  • 第5回アブダビコンバット 88kg未満級 優勝(2003年)
  • 第6回アブダビコンバット 88kg未満級 3位(2005年)
  • 世界ノーギ柔術選手権 黒帯メイオペサード級 優勝(2008年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]