サウンドシアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SOUND THEATRE(サウンドシアター)は、日本の演劇プロジェクト。

概要[編集]

2009年11月、英国から帰国した藤沢文翁が「新感覚・音楽朗読劇」として立ち上げたプロジェクト。派手な演出に加え、煙や香り、バンドの生演奏といった「手触り感」のある演出が特徴。藤沢文翁自身は2016年2月をもって脱退している[1]。藤沢が脱退した後は、主にアニメやテレビの原作を朗読劇で上演しつづけている。

公演記録[編集]

2009年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サウンドシアターを卒業します”. 藤沢文翁のオフィシャルブログ. 2016年12月23日閲覧。
  2. ^ サウンドシアターが贈るプレミアムコンサート『SOUND THEATRE GALA CONCERT 2015』...”. exicite.ニュース. 2016年12月23日閲覧。
  3. ^ 作品情報:SOUND THEATRE×TENCHU 〜天誅 闇の仕置人〜”. エンタステージ. 2016年12月23日閲覧。
  4. ^ 『チア男子!!』の「SOUND THEATRE」公演が決定!...”. アニメイトタイムズ. 2016年12月23日閲覧。
  5. ^ 「さよならソルシエ」五感を刺激する音楽朗読劇に!諏訪部順一、浜田賢二ら出演”. コミックナタリー. 2016年12月23日閲覧。
  6. ^ "xxxHOLiC"formal portal site”. 講談社コミックプラス. 2016年12月23日閲覧。

関連項目[編集]