サウンドレコーディング技術認定試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

サウンドレコーディング技術認定試験(サウンドレコーディングぎじゅつにんていしけん)はレコーディング・エンジニアとしての技術を認定する試験で、一般社団法人日本音楽スタジオ協会(JAPRS)により実施される。

概要[編集]

レコーディング・エンジニアの能力評価を行う試験で、先進の録音機器を操作する技術的能力に加え、円滑にレコーディングを行うための様々な能力も評価される。

試験は合否を判定するものではなく、試験の成績結果により能力レベルをA~Eのランクで判定され、受験者には、一般社団法人日本音楽スタジオ協会より「認定証」および「成績証明書」が交付される。

受験資格[編集]

高校卒業以上、または同等の学力を有すると認められる者

試験内容[編集]

問題形式[編集]

四者択一マークシート方式(90分)

試験範囲[編集]

  • 1.音響の理論
  • 2.電気音響とスタジオシステム
  • 3.レコーディング技術と先進技術
  • 4.音楽・音楽著作権・音楽録音の流れ・録音の歴史

審査基準[編集]

1000点満点で、取得点数によりA~Eのランクが認定される。

  • A:1000~901点
  • B: 900~701点
  • C: 700~451点
  • D: 450~201点
  • E: 200点以下

関連項目[編集]