サエクルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

サエクレムは、人間の潜在的寿命、つまり、地球上の人が完全に入れ替わるのに要する時間をいう[1]。この語を初めて用いたのはエトルリア人である。本来は都市ができるなどの出来事が起きた時に生きていた全ての人が死亡すると新たなサエクレムが始まるとされた。伝説によれば、神は各個人・文明に特定数(エトルリア人には10)のサエクレムを与えた[2]

紀元前2世紀までに、古代ローマの歴史家は年代記や戦争を年代順に整理するためにサエクレムを使い始めた[3]アウグストゥスの治世に、サエクレムは110年と決まり、紀元前17年、彼はローマの第5サエクレムを祝うために初めてサエクレム祭英語版を開いた[4]。後の皇帝クラウディウスセプティミウス・セウェルスはサエクレム祭を非標準的な間隔で開いた。248年ピリップス・アラブスローマ建国紀元1000年を祝うサエクレム祭を開き、ローマが入った新たな千年紀はサエクレム・ノヴムと呼ばれた[5]。この語はキリスト教形而上学的に世俗を暗示するようになった[6]

脚注[編集]

  1. ^ Dunning, Susan Bilynskyj (November 2017). “Saeculum”. Oxford Classical Dictionary. 1. doi:10.1093/acrefore/9780199381135.013.8233. 
  2. ^ Feeney, Denis (2007). Caesar's calendar: ancient time and the beginnings of history. Berkeley: University of California Press. doi:10.1525/california/9780520251199.001.0001. ISBN 978-0-520-25119-9. https://archive.org/details/caesarscalendara0000feen 
  3. ^ Diehl, Ernst (1934). “Das saeculum, seine Riten und Gebete: Teil I. Bedeutung und Quellen des saeculum. Die älteren saecula”. Rheinisches Museum für Philologie. n.s. 83 (3): 255–272. ISSN 0035-449X. JSTOR 23078470. 
  4. ^ Barker, Duncan (1996). “'The Golden Age Is Proclaimed'? The Carmen Saeculare and the Renascence of the Golden Race”. The Classical Quarterly. n.s. 46 (2): 434–446. doi:10.1093/cq/46.2.434. ISSN 0009-8388. JSTOR 639800. 
  5. ^ Hall, John. F., III (1986). The Saeculum novum of Augustus and its Etruscan Antecedents. 2. 2564–2589. doi:10.1515/9783110841671-016. ISBN 9783110841671 
  6. ^ Diehl, Ernst (1934). “Das saeculum, seine Riten und Gebete: Teil II. Die saecula der Kaiserzeit. Ritual und Gebet der Feiern der Jahre 17 v. Chr., 88 und 204 n. Chr.”. Rheinisches Museum für Philologie. n.s. 83 (4): 348–372. ISSN 0035-449X. JSTOR 23079245.