サエプタ・ユリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Rmn-social-header-1-.svg
サエプタ・ユリア
Pigna - muro dei Saepta Iulia a via della Minerva 1060180-1.JPG
Via della Minervaに残る遺構
所在地 カンプス・マルティウス
建設年 BC26年
建設者 アグリッパ
建築様式 投票場・市場等
Blue pog.svg
'

サエプタ・ユリアラテン語: Saepta Iulia)は、ガイウス・ユリウス・カエサルが企図しマルクス・ウィプサニウス・アグリッパ紀元前26年に完成させた、ローマカンプス・マルティウスにかつて存在した建築物である。トリブス民会の投票場[1][2]として企図された建物であるが、アウグストゥスが開催した剣闘士試合の会場として使われた[3]り、後には市場として使われることもあった。

参考文献[編集]

  1. ^ 多言語多文化研究に向けた複合型派遣プログラム派遣研究報告書 鷲田睦朗 「ローマ共和政後期における政治環境」http://www.let.osaka-u.ac.jp/ovc/reports/personal_22_washida_repo.pdf
  2. ^ Simon Hornblower and Antony Spawforth (eds.), The Oxford Classical Dictionary (1996) — ISBN 0-19-866172-X ; available online for a fee
  3. ^ Diane Favro, The Urban Image of Augustan Rome, New York: Cambridge University, 1996