半保護されたページ

サカナクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

サカナクション
Sakanaction11.jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本北海道札幌市
ジャンル
活動期間 2005年 -
レーベル
事務所 ヒップランドミュージック
共同作業者
  • 野村達矢(ヒップランドミュージック)
  • 浦本雅史(青葉台スタジオ/Soi Co.,Ltd)
  • 佐々木幸生(acoustic)
  • 平山和裕(BAGS GROOVE)
  • 三田真一(KiKi inc./NF)
  • 根本亜沙美(NF)
公式サイト サカナクション Official Site
メンバー

サカナクション: Sakanaction)は、日本ロックバンド[3]。2005年結成[4]

2005年に結成され、2007年にデビュー。ボーカルギター担当の山口一郎を中心とした男女5人で構成される。

バンド名は「」と「アクション」の単語を組み合わせた造語。山口一郎はインタビューで、ひねくれたこと・いい意味でふざけたことをやりたく、バンド名にはあまり用いられない「サカナ」を入れ、変化を恐れずにやっていこうという意味をこめて「サカナのアクションでサカナクション」にしたという趣旨を述べている[5]

メンバー

山口 一郎(やまぐち いちろう)
生年月日は (1980-09-08) 1980年9月8日(40歳)。ボーカルギター担当。北海道小樽市出身。本名の「一郎」の他「一路」の表記も使う。
サカナクション結成時のメンバーで、ほとんどの楽曲の作詞作曲を担当している。
岩寺 基晴(いわでら もとはる)
生年月日は (1981-03-11) 1981年3月11日(40歳)。ギター・コーラス担当。北海道札幌市出身。愛称は「モッチ」。
サカナクション結成時のメンバーで、サカナクション結成前はボーカルの山口などと「ダッチマン」というバンドを組んでいた。
趣味はゲームとサウナ巡り。
草刈 愛美(くさかり あみ)
生年月日は (1980-04-30) 1980年4月30日(40歳)。
ベース・コーラス担当。東京都出身。愛称は「姐さん」。
以前活動していたバンドが解散し加入。10代の頃から数々のバンドに参加しており、札幌のインディーズシーンでは有名な存在だった。[要出典]一時的にモノブライトのサポートメンバーとして参加していたこともある。
一般男性と結婚しており、2015年には第一子を出産した[6][7][8]
緑色のアイテムを好んで使用しており、「ミドラー」を自称している。
レコーディングやライブではシンセベースを使用することがある。
岡崎 英美(おかざき えみ)
生年月日は (1983-10-05) 1983年10月5日(37歳)。キーボード・コーラス担当。北海道小樽市出身。愛称は「ザキオカ」「ザッキー」。
デビュー前、山口とは同じレコード店(HMV小樽店)でアルバイトしており、その関係から加入。なお、アルバイト先においては岡崎の方が先輩だった。
パンが好物で特に東京ビルディング内にある「VIRON」という店のパンを気に入っているらしいが、彼女が食べる様子をメンバーが見たことはあまりない。
江島 啓一(えじま けいいち)
生年月日は (1981-07-08) 1981年7月8日(39歳)。ドラムス担当。北海道札幌市出身。愛称は「エジー」。
知人の紹介で加入。「面白いバンドはたくさんいたが、一緒にやりたいシンガーソングライターはいなかった。だが山口一郎の歌は良い」と思ったという[9]
サカナクションの前に加入していたバンドの名前は「刀狩り」。

略歴

結成前(ダッチマン時代)

1998年札幌第一高等学校の同級生である山口・岩寺を含む4人で「ダッチマン」が結成される(結成当時は「ダッチマンtheサンコンズ」というバンド名で、2000年に改称)。ビクターエンタテインメントの育成部門に所属していた[10]。サカナクションとしてのデビューアルバム『GO TO THE FUTURE』に収録されている「三日月サンセット」「白波トップウォーター」や、セカンドアルバム『NIGHT FISHING』に収録されている「サンプル」などはダッチマン時代から存在する楽曲である。

ダッチマンはライブを中心に活動していたが、2004年3月に岩寺を含む3人が脱退。ダッチマンは山口によるソロプロジェクトとなった。

サカナクション結成後

2005年、岩寺がダッチマンに復帰し、ユニット名を「サカナクション」に改称。これによってダッチマンは自然消滅した。サカナクションはサポートメンバーを交えながら、札幌市を拠点にライブハウスクラブ等で活動を行った。当時はDJの山口にギターの岩寺がアドリブで合わせていくスタイルだった。

2006年春、山口は、音楽仲間であった草刈、仕事の同僚であった岡崎、知人の知り合いであった江島をそれぞれ勧誘し、サポートメンバーとして参加する[11]。8月には地元北海道で開催されるRISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZOに、イベンターの推薦により公募選出枠「RISING★STAR」より868組の中から選出される。当時のビクターの担当が何も告げずに録音を送ったのが選出されたという。これをきっかけにアルバムリリースに向け録音を重ね始める[10]

2007年アルバムGO TO THE FUTURE』をリリースし、ビクターエンタテインメント傘下のBabeStar Labelよりメジャーデビューを果たす[10]。また、これを機に草刈、岡崎、江島が正式メンバーとなる[11]。 5月にはJ-WAVEの番組「TOKYO REAL-EYES」のライブイベント「LIVE SUPERNOVA」に出演。SUMMER SONICCOUNTDOWN JAPAN 07/08にも出演した。

2008年、アルバム『NIGHT FISHING』を発表。夏には当時の新人としては最多となる8本の大型野外フェスに出演した。また、12月には初のシングルとなる『セントレイ』をリリースした。

2009年、アルバム『シンシロ』をリリース。このアルバムよりビクターのサブレーベルであったBabeStar Labelからビクターレーベルに移籍した。なお、同作はオリコンチャートにおいて初のトップ10入りを記録した。

2010年、シングル『アルクアラウンド』、アルバムkikUUiki』をリリース。両作ともオリコンチャートで初登場3位を記録し、過去最高位を記録した。8月にはシングル『アイデンティティ』をリリースすると、10月8日には初の日本武道館でのライブ「SAKANAQUARIUM 21.1 (B)」を開催した[12]

2011年3月にシングル『ルーキー』、7月にシングル「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」をそれぞれリリース。7月22日にはテレビ朝日系の音楽番組『ミュージックステーション』に初出演し、「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」を演奏した。同曲は翌年3月にはSPACE SHOWER MVAの大賞にも選考された[13]。9月には、アルバムDocumentaLy』をリリース。オリコンでは過去最高となる週間2位を記録し、またSPACE SHOWER TVの同月のV.I.P.にも選ばれた。

2012年5月30日には、シングル『僕と花』をリリース。表題曲は、関西テレビ制作・フジテレビドラマ37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』主題歌として起用された。なお、サカナクションがドラマ主題歌を提供したのはこれが初めてであった。また、シングル恒例の既発曲リミックスとして、同作では「ルーキー」を石野卓球電気グルーヴ)がリミックスした音源が収録された。

3ヶ月後の8月29日にはシングル『夜の踊り子』をリリース。表題曲はモード学園のCMソングとして起用された[14]ほか、8月31日には『ミュージックステーション』に2度目の出演を果たし、同曲を披露した。

2013年1月23日には、シングルミュージック』をバンド初の「ワンコイン(500円)シングル」としてリリース。表題曲は同年1月13日からスタートしたフジテレビ系連続ドラマ『dinner』の主題歌に起用された。

3月13日には、アルバム『sakanaction』をリリース。同作をもってバンドとして初のオリコンチャート1位を初登場で達成した。その後行われたライブ「SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction」では全国で8万人を動員[15]12月31日には、第64回NHK紅白歌合戦に初出場を果たし、「ミュージック」を演奏した[16]

2014年1月15日には、両A面シングルグッドバイ/ユリイカ』をリリース。「ユリイカ」は映画『ジャッジ!』のエンディング曲として提供された。10月29日には両A面シングルさよならはエモーション/蓮の花』をリリース。「さよならはエモーション」は2013年に東進のCMソングとして、「蓮の花」は映画『近キョリ恋愛』の主題歌として起用された(同作のスピンオフドラマである『近キョリ恋愛〜Season Zero〜』でも主題歌として起用された)。

2015年、1月に草刈が第一子の妊娠を発表。草刈の体調を考慮し、同年10月までライブ活動を中断した[6]。中断期間中である3月には、初期の3作『GO TO THE FUTURE』『NIGHT FISHING』『シンシロ』のアナログ盤およびスペシャル・プライス盤を発売した[17]。これは「リスナーと共に過去の作品を改めて再解釈し新たなバンドのストーリーを作り出す」というコンセプトのもと、リマスタリングを施したものである。なお、3月18日にはアルバム全6作のハイレゾ配信がスタートした。また、6月11日には「サカナLOCKS!」内で草刈が出産したことを発表。ならびに、翌2016年にかけての全国アリーナ・ホールツアーの開催も発表した[7][8][18][2]

7月3日には、サカナクション主催のオーガナイズ・パーティー、『NIGHT FISHING』を東京恵比寿で開催[19][20][18]。(このイベントの詳細は後述の#NIGHT FISHING (NF)を参照)。 8月5日には、シングルのカップリングや過去曲のリミックス音源を収録したアルバム『懐かしい月は新しい月 〜Coupling & Remix works〜』をリリース[18]9月11日には、7月3日に行われたオーガナイズ・パーティーである『NIGHT FISHING』の名称を新たに"NF"に改め、「NF #01-launch party-」を開催した[21]。また、ビクター・エンターテイメント内に自主レーベル「NF Records」を立ち上げたことも発表された[2]。「NF Records」は、通常の音楽制作・販売だけにとどまらず、音楽、ファッション、アートといったカルチャー全般を融合した新しい音楽表現のあり方を追求する発信地を作りたいという思いから設立され、レーベルロゴはクリエイティブ・ディレクターの田中裕介が手掛けた[2]

9月30日には、シングル新宝島』をリリース[22]。表題曲は映画『バクマン。』の主題歌として起用され[23]、また、同作の劇伴も担当した。映画音楽を担当するのはサカナクションとしては初である。また、同映画のために作成された楽曲は初回限定版のボーナスディスクに「MOTION MUSIC OF BAKUMAN。」というタイトルのもと1つの作品として収録されている。映画音楽は第39回日本アカデミー賞(2015年度)で最優秀音楽賞を受賞した[24]。また、本シングルはサカナクションがビクターエンタテインメント内に設立したレーベル「NF Records」からリリースされた作品としては処女作にあたる。なお、「新宝島」はYouTubeで公開されたミュージック・ビデオが1億回以上再生されるなど、バンドとしてのヒット曲となった。

12月1日から翌2016年9月4日にかけては、コニカミノルタプラネタリウムとのタイアップで東京都池袋にあるプラネタリウム「コニカミノルタプラネタリウム"満天"in Sunshine City」のリニューアル記念上映作品として「サカナクション グッドナイト・プラネタリウム」を上映。同作品は、同会場の音響システムのためにサラウンド化したサカナクションの楽曲を再生し、光学式プラネタリウムで星空を投影するものとなった。作品のナレーションは山口が担当した[25]

2016年2月11日公開のファッションブランド「Miu Miu」のショートフィルムプロジェクト・『女性たちの物語「SEED」』では、2度目となる劇伴を担当。2月28日、「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「新宝島」が「BEST CONCEPTUAL VIDEO(もっとも優れたコンセプトのミュージックビデオに授与される賞)」を受賞[26]5月19日よりサービス開始の株式会社Origami提供のスマホ決済サービス「Origami Pay」のサウンドも担当した[27]7月17日には、初の野外レイブイベント「SAKANATRIBE NF CAMP in JOIN ALIVE」を開催[28]。同イベントは、いわみざわ公園北海道岩見沢市)にて毎年開催されている野外フェス「JOIN ALIVE」の協力を仰ぎ実現したもので、サカナクション自身も同フェスに17日に出演した後、同会場にて「SAKANATRIBE」が開催された[29]

同年、世界初の民間による月面ロボット探査レースに挑戦する日本唯一のチームを応援するプロジェクト「auxHAKUTO MOON CHALLENGE」のアンバサダーに就任。同プロジェクトには音楽で参加し、応援ソングとして「moon」を書き下ろした[30]

10月19日には、シングル『多分、風。』をリリース[31]。表題曲は資生堂の日やけ止めブランド「アネッサ」のCMソングとして起用された[32]

11月16日、バンドが主催してきたオーガナイズイベント「NF」の理念を発展させるため、株式会社NFを設立。代表取締役は山口が務める。

2018年3月28日には、ベストアルバム『魚図鑑』をリリース。

2019年6月19日には、約6年ぶりとなるオリジナルアルバム『834.194』をリリース。8月21日には、同作からのリカットシングル『忘れられないの/モス』をリリースした。なお、シングルは自身初となる8センチCDでの発売となった。

2020年5月、「SAKANAQUARIUM 2020 "834.194 光"」のアリーナ会場での追加公演にあたる「SAKANAQUARIUM 2020 "834.194 光" SPEAKER+」の全公演が新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止となった。追加公演という括りではあるものの、サカナクションにおいて全公演が中止となったのはこれが初である。

9月1日23時30分、NHK教育テレビジョンで企画されたサカナクション初の地上波冠特番であった「“シュガー&シュガー”サカナクションの音楽実験番組」のレギュラー放送が発表された[33]。サカナクションが地上波でレギュラー番組を持つのはこれが初である。

ディスコグラフィ

タイアップ

曲名 タイアップ
白波トップウォーター 読売テレビMusic&Entertainment ガチカメ7』オープニング・テーマ
ワード NHK-FMミュージック・スクエア』エンディングテーマ
サンプル 千葉テレビ『MUSIC-03』エンディングテーマ
セントレイ 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』2008年12月度POWER PLAY
富山テレビ『bbt music selection』オープニング・テーマ
九州朝日放送『V3』オープニング・テーマ
KBCラジオKBCラジオ カットラ!』エンディング・テーマ
ネイティブダンサー 毎日放送MUSIC EDGE』2009年1月度エンディング・テーマ
読売テレビ『Music&Entertainment ガチカメ7』オープニング・テーマ
北海道文化放送UHBスーパーニュース』2010年度年間企画「キボウノシズク」テーマソング
アルクアラウンド アルペンkissmark」CMソング
石川テレビ『MUSIC ROOM☆N-18』エンディング・テーマ
北海道テレビ放送NO MATTER BOARD』エンディング・テーマ
テレビユー福島MUSIC BARパロパロ』エンディング・テーマ
CBCテレビ プロ野球中継番組「燃えよドラゴンズ」 2016年度テーマ
AbemaTVオオカミちゃんには騙されない」 主題歌
アイデンティティ 東進「340万人の高校生へ」篇 CMソング
映画『ジャッジ!』オープニング・テーマ
ルーキー 東進「未来のリーダーたち」篇 CMソング
『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 東進「16歳の転機」篇 CMソング
僕と花 関西テレビ系ドラマ『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』主題歌
夜の踊り子 モード学園 CMソング
ミュージック フジテレビ系ドラマ『dinner』主題歌
Aoi 2013年度NHK サッカーテーマ
さよならはエモーション 東進 「2013全国統一高校生テスト 全国統一中学生テスト」篇 CMソング
ユリイカ 映画『ジャッジ!』エンディング・テーマ
蓮の花 映画『近キョリ恋愛』主題歌
日本テレビ系ドラマ『近キョリ恋愛〜Season Zero〜』主題歌
グッドバイ(NEXT WORLD REMIX) NHKスペシャル NEXT WORLD 私たちの未来』テーマ曲
新宝島 映画『バクマン。』主題歌[23]
群馬テレビJOYのASOBU-TV JOYnt!』−オープニングテーマ
日本テレビ系列「ゴールデンまなびウィーク」2019年度・2020年度テーマソング
ソフトバンク SoftBank 5G テレビCM 5Gってドラえもん?シリーズ CMソング
MOTION MUSIC OF BAKUMAN。 映画『バクマン。』劇伴[23]
Miu Miuショートフィルムプロジェクト・女性たちの物語「SEED」劇伴[34]
多分、風。 資生堂ANESSA』CMソング[35]
スマホ決済サービス「Origami Pay」サウンド
moon au x HAKUTO MOON CHALLENGE」応援ソング
『NHKスペシャル 東京ミラクル』オープニング・エンディングテーマ
SORATO au x HAKUTO MOON CHALLENGE」応援ソング
陽炎 - movie version - 映画『曇天に笑う』主題歌
years HondaINSIGHT」CMソング[36]
ナイロンの糸 大塚製薬 カロリーメイト「考えつづける人」篇 TVCMソング
大塚製薬 カロリーメイト「考えつづける液体」篇 TVCMソング
忘れられないの ソフトバンク music project テレビCM「速度制限マン」篇 CMソング
ワンダーランド TBSテレビ系深夜ニュースnews23」オープニングテーマ
モス フジテレビ系 木曜劇場ルパンの娘」主題歌
グッドバイ スクウェア・エニックスファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』テレビCM 「ゲームは感情でできている」オムニバス篇 CMソング
タイトル未定 トヨタ自動車ヤリスクロス』CMソング

ライブ

ツアー

ライブ・ツアー「SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"」のアリーナ最終公演会場、日本武道館前の当日の様子。(2015年10月26日撮影)
開催年 ツアータイトル 公演日
2007年 「GO TO THE FUTURE」 レコ発ツアー
「GO TO THE FUTURE」 レコ発ワンマンライブ 5月27日 北海道 BESSIE HALL
サカナクションLIVE in Okinawa 2007 10月19日 沖縄 桜坂セントラル
2008年 TOUR 2008「NIGHT FISHING IS GOOD」
SEN(千)LIVE 12月20日 北海道 cube garden
REI(零)LIVE 12月20日 北海道 cube garden
2009年 SAKANAQUARIUM2009 "シンシロ"
2010年 SAKANAQUARIUM2010 "kikUUiki"
SAKANAQUARIUM 21.1(B) 10月8日 東京 日本武道館
2011年 SAKANAQUARIUM2011 "ZEPP ALIVE"
SAKANAQUARIUM2011 "DocumentaLy"
2012年 SAKANAQUARIUM2012 "CITTA ALIVE" 5月29日 神奈川 川崎 CLUB CITTA'
SAKANAQUARIUM2012 "ZEPP ALIVE"
2013年 SAKANAQUARIUM2013 "sakanaction"
2014年 SAKANAQUARIUM2014 "SAKANATRIBE"
2015年
-2016年
SAKANAQUARIUM2015-2016 "NF Records launch tour"
2017年 SAKANAQUARIUM2017 "多分、風。"
SAKANAQUARIUM2017 高崎アリーナオープン記念ライブ 4月9日 群馬 高崎アリーナ
SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY 『2007.05.09』 TOUR
サカナクション デビュー10周年記念イベント 2007.05.09 - 2017.05.09 5月9日 東京 新木場 STUDIO COAST
SAKANAQUARIUM 2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around
2018年 SAKANAQUARIUM2018 "魚図鑑ゼミナール"
SAKANAQUARIUM2018 "魚図鑑ゼミナール" VISUAL LIVE SESSION
2018年
-2019年
SAKANAQUARIUM2018-2019 "魚図鑑ゼミナール"
2019年 SAKANAQUARIUM2019 "834.194" 6.1ch Sound Around Arena Session
SAKANAQUARIUM2019 "834.194"
2020年 SAKANAQUARIUM2020 "834.194 光"
SAKANAQUARIUM2020 "834.194 光" SPEAKER +(中止)
2021年 SAKANAQUARIUM 暗闇(中止)

ストリーミング公演

開催年 タイトル 配信会場 配信日 配信プラットフォーム
2020年 SAKANAQUARIUM 光 ONLINE シミズオクト 千葉スタジオ 8月15日 イープラス Stream+
8月16日

出演イベント

※太字はヘッドライナーとしての出演

NIGHT FISHING (NF)

NFロゴマーク

NIGHT FISHING(ナイトフィッシング、略称・別名:NF)は、サカナクションにおいて以下を示す。

  1. NIGHT FISHING 2枚目のオリジナル・アルバム。
  2. サカナクション主催のオーガナイズ・パーティー。
  3. ビクターエンタテインメント内のレーベル「NF Records」。
  4. バンド所有の音楽スタジオの名称[40]
  5. スペースシャワーTVで放送中の番組『NFパンチ』。

当行の節では、定義2について記述する。定義1の詳細ついては「NIGHT FISHING」を参照。

オーガナイズ・パーティー

オーガナイズ・パーティー「NIGHT FISHING」は、2015年7月3日東京都渋谷区恵比寿LIQUIDROOMにて初めて開催された[19][18]

開催理念
サカナクションのフロントマンである山口はバンドに関してのプレスリリースを発行し、それが外部音楽情報・ニュースサイトのリンクや音楽情報誌などの情報をTwitterにツイートおよびリツイート、拡散をするように投稿していた。しかし、その一方で自身のTwitterやInstagramにはその拡散したはずの情報をSNSで山口へメッセージで投稿するといった行為が見られていると山口は語っている。
山口は、記事のタイトルのみを見て、その内容は読んでいないという問題が発生していると雑誌の取材で示唆した。また山口は「僕が持ってるTwitterや、インスタとか、Facebookとかで内容を説明するとみんな見るんですよ。かつ、僕がそのリンクを張るほうが見るんですよ」と自己での拡散についても語っており、山口自身としては、この一連の現象は、音楽の拡散への危機つまり「音楽の孤立」、「限界」であると位置づけている。そして、「ロック・フェスティバルで人気の出ないバンドは世に出れない」などといった"フェスブーム"が収束した場合、「音楽の孤立」となった状態で何ができるかを考えた末にオーガナイズ・パーティーを開催することとなった。「メンバーの草刈が産休で時間の空いたこの時に、今しかできない」と考え、初回の実行に至った[40]
また、今イベントは「規模とかセールスではなくて、どんな空間を作ってどんな体験をさせたか」といった消費者に消費させる(=貢献する)という消費者還元型のシステムとして制作された[40]
山口自身、音楽作品を制作する過程で、映像監督やヘアメイク、照明、エンジニアまで色々な職業の人々が関わっているということに気付き、このようなプロフェショナルの職業をリスナーにも知ってもらうことでもっと音楽の楽しみ方が増えると考えており、「音楽を楽しむ空間で音楽に関わる仕事のことも知ってもらいたい」ともしている。

開催名・日程

開催名 開催場所 開催日
NIGHT FISHING LIQUIDROOM 7月3日 2015
NF#01-launch party- LIQUIDROOM 9月11日 2015
NF#02-SEN- LIQUIDROOM 11月6日 2015
NF#03-SEARCH- LIQUIDROOM 1月22日 2016
NF1R 名古屋 Club Mago/ 大阪 ニューホテルオオサカ 4月15日, 16日 2016
NF3LDK LIQUIDROOM 5月20日 2016
SAKANATRIBE NF CAMP in JOIN ALIVE いわみざわ公園 7月17日 2016
NF#04-BOOK- LIQUIDROOM 9月17日 2016
NF1Room LIQUIDROOM 10月15日 2016
NF#05 -REMIX- LIQUIDROOM 11月18日 2016
NF1R LIQUIDROOM 12月10日 2016
NF#06 -LOOP- LIQUIDROOM 1月21日 2017
NF1R LIQUIDROOM 2月18日 2017
NF1R LIQUIDROOM 4月26日 2017
NF in 森、道、市場 2017 大塚海浜緑地(ラグーナビーチ) 5月12日 2017
NF#07 LIQUIDROOM 5月22日 2017
NF1R in Sapporo Sound Lab mole 6月23日 2017
NF#08 -RESTART- LIQUIDROOM 11月18日 2017
NF#09 -NF×fragment- LIQUIDROOM 1月26日 2018
NF#10 -EATBEAT!- in 森、道、市場 2018 大塚海浜緑地(ラグーナビーチ) 5月11日 2018
NF#11 at EX THEATER ROPPONGI EX THEATER ROPPONGI 12月2日 2018
NF #12 -Sauna Camp.-in 森、道、市場 2019 大塚海浜緑地(ラグーナビーチ) 5月31日 2019
NF in JOIN ALIVE いわみざわ公園 ホワイトパーク頂上 7月13日 2019
MNF in JOIN ALIVE いわみざわ公園 ホワイトパーク頂上 7月13日 2019
NF in MIDNIGHT SONIC 幕張メッセ 8月17日 2019
NF in UNIT 代官山UNIT 9月7日 2019
NF#13 -GEN GEN AN- LIQUIDROOM 12月7日 2019
NF ONLINE #01 LIQUIDROOM(Twitchでのオンライン開催) 6月20日 2020
NF ONLINE #02 LIQUIDROOM(Twitchでのオンライン開催) 7月18日 2020
NF ONLINE #03 LIQUIDROOM(Twitchでのオンライン開催) 10月14日 2020

出演

ラジオ

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 開始から2013年3月25日までは毎週月曜 23:08 - 23:25、同年4月4日から2019年3月28日は毎週木曜 23:08 - 23:25、同年4月5日から12月27日は毎週金曜 23:23 - 23:43、2020年1月3日から2021年3月26日は毎週金曜 23:27 - 23:53に放送。

出典

  1. ^ a b c d e f Alexey Eremenko. Sakanaction|Biography & History - オールミュージック. 2020年4月7日閲覧。
  2. ^ a b c d サカナクション、自主レーベル「NF Records」立ち上げ”. BARKS (2015年9月11日). 2015年9月11日閲覧。
  3. ^ サカナクション | オリコン芸能人事典 - ORICON STYLE - オリコン・2014年5月18日閲覧。
  4. ^ PROFILE|サカナクション公式サイト|NF member” (日本語). サカナクション公式サイト|NF member. 2019年11月5日閲覧。
  5. ^ サカナクション、デビューアルバム『GO TO THE FUTURE』インタヴュー、BARKS、2007年5月7日。
  6. ^ a b サカナクション草刈愛美が妊娠、ライブ活動は秋以降”. 音楽ナタリー. 2015年1月3日閲覧。
  7. ^ a b サカナクション、草刈愛美(Ba)が第一子出産を発表。10月より全国アリーナ・ホール・ツアー"SAKANAQUARIUM2015-2016"開催決定”. Skream (2015年6月12日). 2015年6月13日閲覧。
  8. ^ a b サカナクション草刈愛美、第一子を出産。今秋10万人動員の全国ツアー開催!”. RO69 (2015年6月12日). 2015年6月13日閲覧。
  9. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』、サカナクション 新次元のポップミュージックへ、2013年5月号 p48
  10. ^ a b c 邦楽 山口一郎、サカナクションのアルバム5作品すべてを語る! ロッキング・オン
  11. ^ a b 田澤仁 (2007年5月7日). “サカナクション、デビューアルバム『GO TO THE FUTURE』インタヴュー”. BARKS. 2010年1月6日閲覧。
  12. ^ サカナクション、1万1000人を酔わせた圧巻の初武道館”. 音楽ナタリー. 2015年6月1日閲覧。
  13. ^ SPACE SHOWER MVA、大賞はサカナクションに決定”. MUSICman-net. 2015年6月1日閲覧。
  14. ^ 同CMにはJONTE'が登場する。
  15. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2014年2月号、p92
  16. ^ 【紅白】初出場 サカナクション「バンド界に勇気」”. ORICONSTYLE. 2015年6月1日閲覧。
  17. ^ サカナクション、アナログ&ハイレゾ配信企画始動”. 音楽ナタリー. 2015年6月1日閲覧。
  18. ^ a b c d サカナクション、カップリングや未発表曲含む企画盤『懐かしい月は新しい月』”. CINRA.NET (2015年6月22日). 2015年6月23日閲覧。
  19. ^ a b サカナクション、新企画〈NIGHT FISHING〉始動”. BSRKS. 2015年6月1日閲覧。
  20. ^ サカナクション企画の音楽×アート複合イベント「NIGHT FISHING」始動”. 音楽ナタリー. 2015年6月1日閲覧。
  21. ^ サカナクション、9/11にオーガナイズイベント開催。草刈もDJ出演”. RO69 (2015年8月24日). 2015年8月24日閲覧。
  22. ^ サカナクション「バクマン。」主題歌シングル限定盤に劇伴CD”. 音楽ナタリー. 2015年8月4日閲覧。
  23. ^ a b c 活動休止中のサカナクション、『バクマン。』主題歌「新宝島」で再始動”. ORICON (2015年7月1日). 2015年7月1日閲覧。
  24. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年3月4日閲覧。
  25. ^ 東京都・池袋でサカナクションコラボのプラネタリウム! 名曲がサラウンド化”. マイナビニュース (2015年10月9日). 2015年10月15日閲覧。
  26. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」でドリカム2冠、BUMPは投票1位に”. 音楽ナタリー (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  27. ^ サカナクション、“決済サウンド”手がける 鈴木おさむ氏「かっこいい」”. オリコン (2016年5月19日). 2016年5月19日閲覧。
  28. ^ サカナクションによる野外レイヴ『SAKANATRIBE』、北海道で今夏開催”. CINRA.NET (2016年3月4日). 2016年3月4日閲覧。
  29. ^ サカナクション、7・17に地元北海道で野外レイブイベント開催”. ORICON MUSIC (2016年3月4日). 2020年5月16日閲覧。
  30. ^ サカナクション、月面探査レースに応援ソングを制作!”. RO69 (2016年7月7日). 2016年7月7日閲覧。
  31. ^ “サカナクション新シングル発売日決定、タイトルも明らかに。”. ナタリー. http://natalie.mu/music/news/202052 2016年9月15日閲覧。 
  32. ^ サカナクションが楽曲提供した資生堂『アネッサ』のCMソングに。”. RO69. 2016年3月4日閲覧。
  33. ^ “NHK Eテレ サカナクションの音楽実験番組「シュガー&シュガー」毎週火曜22:50〜レギュラー化が決定”. サカナクション公式サイト. https://sakanaction.jp/news/detail/1835 2020年9月1日閲覧。 
  34. ^ 河瀬直美×安藤サクラ×サカナクション、ショートフィルム「SEED」公開”. 映画ナタリー (2016年2月17日). 2016年2月18日閲覧。
  35. ^ サカナクション、「アネッサ」CMに楽曲提供”. RO69. ロッキング・オン (2016年2月18日). 2016年2月18日閲覧。
  36. ^ CMナレーションは山口が担当。
  37. ^ "300本以上のスピーカー使用、サカナクションの6.1chサラウンドツアー開幕". 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 13 April 2019. 2020年11月21日閲覧
  38. ^ "サカナクションツアー「SAKANAQUARIUM」とコラボした「カロリーメイト」広告が登場". 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 16 July 2019. 2020年11月29日閲覧
  39. ^ サカナクション (2020年1月15日) (日本語). SAKANAQUARIUM 2019 "834.194" 6.1ch Sound Around Arena Session -LIVE at PORTMESSE NAGOYA 2019.06.14-(Blu-ray 完全生産限定盤) (Blu-ray). 東京: ビクターエンタテインメント.. ASIN B081RRCWVJ 
  40. ^ a b c 『MUSICA』第9巻第8号、2015年7月15日、12 - 31頁。

バンド公式・所属事務所・関係者による告知

  1. ^ "本日、幕張メッセにて、3ヶ月に渡るツアーのスタートを切ることができました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 6 April 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  2. ^ "幕張メッセ公演2days無事終了!". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 7 April 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  3. ^ "久しぶりの広島公演!サラウンドでは初上陸となりましたが、ご来場いただいた皆様、いかがでしたか?". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 14 April 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  4. ^ "仙台公演、初日!こちらもサラウンド初上陸でした。明日は引き続きの仙台公演です。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 20 April 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  5. ^ "仙台2daysも終了!サカナクション平成最後のライブでした。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 21 April 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  6. ^ "令和初&バンドの地元・札幌では初のサラウンドライブでした!". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 4 May 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  7. ^ "2年ぶりの大阪城ホールでした。お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 21 May 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  8. ^ "大阪公演2days無事終了!お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 22 May 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  9. ^ "福岡公演も終了!福岡初サラウンド、お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 10 June 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  10. ^ "全国7ヶ所10公演、6.1chでお送りしたアリーナツアーが無事終了!各地ご来場の皆様、ありがとうございました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 15 June 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  11. ^ "サカナクション初めての上海公演、間もなくです!". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 28 June 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  12. ^ "中国 上海&深セン公演、無事終了!そして、SAKANAQUARIUM2019 "834.194"全公演が終了しました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 30 June 2019. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  13. ^ "無事、初日が終了しました!ご来場の皆さんにとって、今回も新しいライブ体験になったでしょうか?". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 18 January 2020. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  14. ^ "高崎2日目も終了いたしました。先行物販含めてご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 19 January 2020. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  15. ^ "本日は、久々の京都公演でした!ご来場の皆様、ありがとうございました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 28 January 2020. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  16. ^ "京都2days、撤収まで無事終了しました!ご来場いただき、ありがとうございました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 29 January 2020. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  17. ^ "大宮公演1日目、ご来場いただき、ありがとうございました!". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 6 February 2020. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  18. ^ "大宮公演にご来場いただき、ありがとうございました!". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 7 February 2020. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  19. ^ "新潟初日、終了!ご来場の皆さん、ありがとうございました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 11 February 2020. 2020年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  20. ^ "雪もちらついた新潟2日間、無事終了!ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 11 February 2020. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  21. ^ "名古屋1日目、終了!". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 18 February 2020. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  22. ^ "名古屋2days無事終了!ご来場の皆様、ありがとうございました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 20 February 2020. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  23. ^ "仙台1日目、終了!ご来場いただき、ありがとうございました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 25 February 2020. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  24. ^ a b c d e f g "「SAKANAQUARIUM 2020 "834.194 光"」 2月26日仙台公演、金沢以降の公演にお越しのお客様へ". サカナクション公式サイト. サカナクション. 26 February 2020. 2020年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月23日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  25. ^ a b c "この度の新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、協議を重ねました結果、まこと残念ではございますが、下記公演の開催を延期とさせていただくこととなりました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 25 March 2020. 2020年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月24日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  26. ^ a b c d "新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえて協議を重ねた結果、誠に残念ではございますが、下記公演を延期させていただくことになりました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 2 April 2020. 2020年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月24日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  27. ^ a b c d e f g "誠に残念ではございますが石川・広島・福岡・熊本公演の開催を再び延期とさせていただくこととなりました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 12 May 2020. 2020年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月24日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  28. ^ a b c d "公演日が近づいている神戸・札幌公演について、7月時点での開催可否を協議した結果、開催を断念することとなりました。". サカナクション公式ツイッター. サカナクション. 12 June 2020. 2020年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月18日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)
  29. ^ a b c d e f g "「SAKANAQUARIUM 2020 "834.194 光"」ツアー再開断念と全公演中止のご案内". サカナクション公式サイト. サカナクション. 4 August 2020. 2020年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月23日閲覧 不明な引数|deadlinkdate=が空白で指定されています。 (説明)


参考文献

書籍

  • 新井敏記「サカナクション 未来の音楽とナイトフィッシング」『Switch』第33巻第11号、スイッチ・パブリッシング、2015年10月20日、 14 - 55頁、 ISBN 978-4884183745。
  • 有泉智子「サカナクション、遂に生まれた最高傑作『sakanaction』!完成までの生々しき全吐露、および最速第一声をここに!(取材:鹿野淳)」『MUSICA』第07巻第03号、FACT、2013年3月15日、 16 - 36頁、 ASIN B00B86KTTM
  • 有泉智子「サカナクション、さらに「マジョリティの中のマイノリティ」を求めて(取材:鹿野淳)」『MUSICA』第08巻第01号、FACT、2014年1月15日、 36 - 45頁、 ASIN B00H2SBO9Y
  • 有泉智子「サカナクション、苦悩の果ての名シングル完成最速取材!(取材:鹿野淳)」『MUSICA』第08巻第11号、FACT、2014年11月15日、 38 - 47頁、 ASIN B00O5C6GDY
  • 有泉智子「COVER STORY サカナクション、いよいよ本格再始動! 混沌を抜け次なる航海へと乗り出した山口一郎、その新しき世界と未来を一気に独自(取材:鹿野淳)」『MUSICA』第09巻第08号、FACT、2015年8月15日、 12 - 31頁、 ASIN B00XVN17X2
  • 有泉智子「サカナクション、草刈姉さん復帰! 久々の5人全員・再始動第一声!(取材:鹿野淳)」『MUSICA』第09巻第10号、FACT、2015年10月15日、 40 - 47頁、 ASIN B012BALT60
  • 有泉智子「年間総括特集:THE YEAR in MUSIC 2015(THE 50 BEST DISCS)/サカナクション(取材:鹿野淳)」『MUSICA』第10巻第01号、FACT、2016年1月15日、 10 - 65/66 - 73頁、 ASIN B0170CLV3A
  • 有泉智子「サカナクション(取材:鹿野淳)」『MUSICA』第10巻第11号、FACT、2016年11月15日、 66 - 73頁、 ASIN B01LBFWNAM
  • 有泉智子「COVER STORY サカナクション 待ちに待った、でもそれ以上の傑作『834.194』誕生! 6年間のすべてをここに語ろう!!(取材:鹿野淳)」『MUSICA』第13巻第07号、FACT、2019年7月15日、 18 - 43頁、 ASIN B07STGYBC3
  • 有泉智子「50 BEST ALBUMS OF 2019(THE YEAR IN MUSIC 2019)」『MUSICA』第14巻第01号、FACT、2020年1月15日、 20頁、 ASIN B082BXDTLG
  • 片桐圭子「表紙の人/山口一郎 サカナクション 音楽から新しい関係を始めよう(取材:松永良平)」『アエラ』第32巻第17号、朝日新聞出版、2019年4月8日、 9/35 - 37頁、 ASIN B07PRH27VZ
  • 小柳大輔「サカナクション」『ROCKIN'ON JAPAN』第33巻第08号、ロッキング・オン、2019年6月28日、 ASIN B07T5VVLCM
  • 篠崎司「サカナクション 潜行、そして光。(取材:布施雄一郎)」『テレビブロス』第33巻第06号、東京ニュース通信社、2019年6月24日、 10 - 25頁、 ASIN B07QRN4GPG
  • 篠崎賢太郎「サカナクション バンドを超えた"クリエイター集団"の方法論 『834.194』に見えるネクスト・レベルの制作(取材:辻太一)」『サウンド&レコーディング・マガジン』第38巻第08号、リットーミュージック、2019年8月1日、 19 - 51頁、 ASIN B07S4DQ7DK
  • 篠崎賢太郎「Dolby Atmosで音楽ミックス サカナクション最新ライブBlu-rayを起点に音楽×Dolby Atmosの可能性を探る(取材:松本伊織・辻太一)」『サウンド&レコーディング・マガジン』第39巻第04号、リットーミュージック、2020年4月1日、 19 - 54頁、 ASIN B07QRN4GPG
  • 中村健吾「FEATURED BASSISTS 2 草刈愛美 サカナクション *約6年ぶりのアルバムで見せた、ベーシストとしての進化とは?」『ベース・マガジン』第33巻第08号、リットーミュージック、2020年8月1日、 24 - 31頁、 ASIN B07T3JQ4BT
  • 横尾彰「特集"音をデザインする"匠たちの哲学 ドラム・チューニングにこだわる ~前編~ 江島恵一[サカナクション]×土田"つっちー"嘉範」『リズム&ドラム・マガジン』第35巻第09号、リットーミュージック、2020年4月1日、 34 - 39頁、 ASIN B07T3JPM8V
  • 吉川尚宏「サカナクション(第2特集)」『Talking Rock!』、株式会社トーキングロック、2019年6月10日、 ASIN B07QXPPHLG
  • 「サカナクション 山口一郎が語る“6年ぶりのアルバム”の意味」『日経エンタテインメント!』、日経BP、2019年6月4日、 ASIN B07RR74KLT

サカナクションのマーチャンダイジング

  • サカナクション『魚大図鑑』魚図鑑編纂委員会、企画編集部、平林奈緒美、伊東総研、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、2018年3月28日。VIZY-491。
  • サカナクション『魚図鑑』魚図鑑編纂委員会、企画編集部、平林奈緒美、伊東総研、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、2018年3月28日。VIZY-1371/1372。
  • サカナクション『魚図鑑』魚図鑑編纂委員会、企画編集部、平林奈緒美、伊東総研、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、2018年3月28日。VIZY-1371/1372。
  • サカナクション、平林理奈、菅原淳子『[SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around] Tour Booklet』水島七恵、ヒップランドミュージック、2017年。
  • サカナクション『NFMG 002』鈴木哲也、戸塚真琴、NF PUBLISHING、2020年。

関連項目